F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
04 4月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
21,891 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

角田裕毅、すでにアルファタウリのマシン開発にも貢献「面白い質問が飛んでくる」とチームTD

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、マシン開発においてすでにチームに貢献をしていると、チームのテクニカルディレクターであるジョディ・エジントンは語った。

フェラーリの復活を新加入のサインツが後押し。ルクレール「彼の”幸福感”が、チームの背中を押している」

フェラーリの一員としてF1を戦うチャンスを得たカルロス・サインツJr.の「幸福感」が、チーム全体のムードを高めているとシャルル・ルクレールは語った。

【スーパーGT】明暗を分けたピットストップ……勝利を逃した37号車KeePerの平川が当時の状況を語る

37号車KeePer TOM'S GR Supraの平川亮は、スーパーGT開幕戦の勝敗を大きく左右したレース中盤のピットストップについて、当時の状況を説明した。

ブエミの動きは「信じられないほど愚か」、クラッシュでリタイアのディ・グラッシ痛烈批判

アウディのルーカス・ディ・グラッシは、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミに追突され、フォーミュラ第4戦ローマePrixをリタイアに終わったが、そのブエミの行為を「信じられないほど愚か」だと痛烈に批判している。

“得意”カタールで勝利逃したドゥカティ……でも大丈夫! チーム上層部「2020年から改善大きい」

MotoGP開幕戦と第2戦で優勝を逃してしまったドゥカティだが、スポーティングディレクターのパオロ・チアバッティは心配しておらず、競争力を改善できたことに満足していると主張した。

アルピーヌF1、イモラに向け空力アップデートを準備。バーレーンで見つかった弱点の解消を目指す

アルピーヌは今季のマシンが抱えている弱点により、ポイントを獲得するために必要なパフォーマンスが足りていないと考えており、空力アップデートでその解消を狙っているようだ。

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿のエントリーリスト発表。ジュリアーノ・アレジがデビューへ

鈴鹿サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第2戦のエントリーリストが発表され、ジュリアーノ・アレジがスーパーフォーミュラデビューを果たすことが明らかとなった。

2021年のインディ500、佐藤琢磨をはじめ9人の優勝経験者がエントリーへ……超豪華ラインアップ

2021年のインディ500には、佐藤琢磨やエリオ・カストロネベスなど、9人のインディ500優勝経験者が参戦することになりそうだ。

ラッセル、メルセデスのマシンは「風の影響を受けやすい」? ウイリアムズの状況と重ねる

ジョージ・ラッセルは、メルセデスの2021年マシンがウイリアムズと同様、風の影響を受けやすいマシンになっている可能性があると考えている。

アルピーヌF1、開幕戦の暑いコンディションで問題発見。夏までに原因究明できる?

アルピーヌF1は2021年シーズンのF1マシンが開幕戦バーレーンGPの、暑いコンディションで競争力を失っていた原因を、夏までに探りたいと考えている。

松下信治がスーパーフォーミュラのグリッドに戻ってくる! 第2戦鈴鹿からB-Maxより参戦

松下信治は、スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿から再びB-Max Racingのマシンのステアリングを握ることとなった。

【スーパーGT】岡山でトップ4独占のGRスープラ。TRD湯浅エンジニア「開発凍結の中、やれることはやってきた」

スーパーGT岡山でトップ4を独占を独占したGRスープラ。その開発を率いたTRDの湯浅エンジニアが、今季に向けてGRスープラに施した改良について説明した。

メルセデス苦戦の原因はレーキだけじゃない?「彼らは現時点でうまくいっていない」とブランドル

マーティン・ブランドルは、F1マシンのレーキを巡る論争は、メルセデスに起きている本当の問題から目を逸らさせるようなものだと考えている。

スーパーフォーミュラ、今季岡山国際サーキットでの開催を断念。その理由は‏?

今シーズン岡山国際サーキットで開催が予定されていた第6戦を、ツインリンクもてぎでの開催に変更することを発表したスーパーフォーミュラ。その理由は?

モルビデリ「ポルトガルで遅いようなら……心配になる」カタール連戦での苦戦から立ち直れるか

フランコ・モルビデリは開幕2連戦を不本意な結果で終えたが、第3戦ポルトガルでも不調が続くようなら、心配になってくると認めた。

スーパーフォーミュラ第6戦、開催地が岡山からもてぎに変更。開催日程も2週間後ろ倒しに

スーパーフォーミュラ第6戦の開催地が、当初の岡山国際サーキットからツインリンクもてぎに変更。これに伴い、開催日程も2週間後ろ倒しされ、10月16〜17日に開催されることになった。

バンドーンFE今季初優勝。前日のクラッシュで損傷したマシンを修復したチームに「感謝」

ローマの市街地で行なわれたフォーミュラEの今季第4戦で勝利を手にしたメルセデスのストフェル・バンドーンは、前日のレースでクラッシュしたことによりダメージを受けたマシンを、一晩で修復したチームメンバーたちに感謝を述べた。

DTM挑戦のアルボン、あくまで狙うはF1復帰「DTMでの活躍よりも、自分の役割をしっかり果たすことが大事」

アレクサンダー・アルボンは、レッドブルでのテスト兼開発ドライバーとしての役割が、F1復帰の可能性を確保する上で、DTMでの活躍よりも大きな役割を果たすと考えている。

ミック・シューマッハー、2022年向け開発に集中するハースでも「Q2進出は“可能”」と楽観視

ハースF1のミック・シューマッハーは2021年シーズンの予選について“楽観的”な見方を持っており、今季のマシン開発に力を注いでいない状況でもQ2へ進出できない理由は無いと考えている。

【スーパーGT】ホンダ勢、集団でのレースを強いられるも「全車完走のおかげで多くのデータが取れた」

ホンダの佐伯昌浩ラージ・プロジェクトリーダーは、スーパーGT開幕戦でGT500のホンダ勢が集団でのレースを強いられてしまい、本来のペースを発揮することができなかったが、全車完走したことでたくさんのデータを集められたと語った。

フェラーリのルクレール、今季のF1マシンは「コーナー進入が難しい」と解説

フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、今季から導入された新たな空力レギュレーションにより、コーナーへの進入が難しくなったと語る。

2019年王者コンビ大嶋&山下がルーキーレーシングで初優勝「モリゾウさんにタイトルで恩返しを」

スーパーGT第1戦岡山で勝利を飾ったTGR TEAM ENEOS ROOKIEの大嶋和也は、オーナーであるモリゾウ(トヨタ自動車の豊田章男社長)へ恩返しをするためにも、シリーズタイトルを狙っていきたいと力強く宣言した。

【スーパーGT】悔しい……坪井翔&36号車トムス一歩及ばす2位「でも幸先良いスタートが切れた」

36号車au TOM'S GR Supraを駆り、2021年のスーパーGT開幕戦岡山で2位になった坪井翔は、勝てなかったことに「悔しい」と語りつつも、タイトル争いに向け手応えを感じ取ったようだ。

【スーパーGT】デ・オリベイラ「期待以上の結果!」前年王者KONDO RACING、新シーズンを勝利|開幕戦GT300優勝コメント

スーパーGT開幕戦岡山のGT300クラスを制した#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R/KONDO RACINGの藤波清斗とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが、レース後に記者会見に応じ、喜びのコメントを発した。

2022年カレンダー入り目指すF1マイアミGP、地元市長の支持が開催実現の追い風となるか

2022年のF1カレンダー入りを目指すマイアミGPは、マイアミ・ガーデンズの市長が開催を支持する側に回ったことで、実現への期待が高まっている。

【スーパーGT】第1戦岡山決勝速報:GT500は14号車ENEOS、GT300は56号車リアライズが優勝!

2021スーパーGT第1戦が岡山国際サーキットで行なわれ、GT500クラスは#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)、GT300クラスは#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が優勝した。

アルピーヌ、今季はアロンソ&オコンの関係悪化を防ぐことが最優先?「チームの雰囲気は重要」とプロスト

アラン・プロストによると、アルピーヌはフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンのライバル関係がチームの調和を乱すようなものに発展することを許していないようだ。

【スーパーGT】予選で苦しんだホンダ勢。17号車Astemoのバゲットは燃料流量制限と関係があると予想

スーパーGT第1戦岡山の予選で軒並み苦戦したホンダ勢だが、17号車Astemo NSX-GTのベルトラン・バゲットは、GT500全車の燃料流量が通常以上に絞られていることが、トヨタ勢に有利に働いた可能性があると分析した。

ノリス、フェラーリやアルファタウリとの激戦予想「トップからも大きくは離されていない」

ランド・ノリスは、マクラーレンはレッドブルやメルセデスからあまり離されていないと感じており、シーズンを通じてフェラーリやアルファタウリと激しい争いが続くと考えている。

【スーパーGT】8号車ARTAの野尻智紀、Q1落ちの原因解明に向け「ホンダBS勢で協力していく」

スーパーGT第1戦の予選でQ1敗退となった#8 ARTA NSX-GTの野尻智紀は、スープラ勢に圧倒されてしまった原因をまだ掴みきれていないといい、ホンダ勢の他のチームとも協力していく必要があると語った。

【スーパーGT】ホンダ勢、公式練習の好調を予選に繋げられず「トヨタ勢がうまくまとめた」と佐伯LPL

ホンダの佐伯昌浩ラージ・プロジェクトリーダーは、スーパーGT開幕戦岡山の予選を終えて、トヨタ勢が午後のコンディションにマシンを適応させられた一方で、ホンダ勢はそれができなかったと語った。

【スーパーGT】11号車GAINERの平中、望外のポールから「スープラに負けないレース」目指す

2021スーパーGT第1戦の公式予選でGT300クラスのポールポジションを獲得した#11 GAINER TANAX GT-Rの平中克幸と安田裕信が、記者会見でその喜びを語った。

阪口晴南、GT500代役参戦の大役果たし驚異のPPラップ「僕を呼んでくれたチームに感謝」

代役参戦ながら#37 KeePer TOM'S GR Supraをポールポジションに導く見事なドライビングを見せた阪口晴南が、その喜び、そして自身を起用したチームへの感謝などを語った。

マルク・マルケス、ついにレース復帰許可。第3戦ポルトガルGPで6度王者帰還か

2020年7月のMotoGPスペインGPで右腕を骨折し、その後レースへの出走が叶っていないマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)だが、彼は第3戦ポルトガルGPを前に医師からレース復帰の許可を得た。

青木拓磨、ELMS参戦のため日本を出発。いざル・マン24時間を目指して

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズに参戦する予定の青木拓磨が、同シリーズの公式テストと開幕戦に出場するため、日本を出発した。

【スーパーGT】第1戦岡山|公式予選タイム結果

岡山国際サーキットで行なわれた2021スーパーGT第1戦の公式予選。GT500クラスは#37 KeePer TOM'S GR Supra(平川亮/阪口晴南)、GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)がポールポジションを獲得した。

レッドブルを倒すためには、全て”完璧”にすることが必要……追い込まれたメルセデス

メルセデスのドライバーであるルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスによれば、今季レッドブルを打ち負かすためには、全てを完璧にまとめあげる必要があるという。

【スーパーGT】第1戦岡山|公式練習タイム結果

岡山国際サーキットで行なわれた2021スーパーGT第1戦の公式練習。GT500クラスは#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がトップタイムを記録した。

シルバーストン、ワクチンパスポートの使用を支持。F1、MotoGPでの観客“満員”を目指す

シルバーストンは夏のレースで多くの観客を迎え入れるために、イギリスの多くのスポーツ団体と共に“ワクチンパスポート”の使用を支持している。

トラックリミットの“ブレブレ”裁定はもううんざり? レッドブル重鎮「壁を設置して終わりにしよう」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、開幕戦バーレーンGPで起きたトラックリミットをめぐる論争について、「壁を設置すべきだ」と曖昧な裁定への皮肉を口にしている。

ホンダ、GT500”連覇”が今季の目標。シーズン後半にはパフォーマンスUPの秘策も?

スーパーGTの開幕を前に、ホンダのスーパーGTプロジェクトの佐伯昌浩ラージ・プロジェクトリーダーと、車体開発を担う往西友宏がオンライン会見に登場。今季に向けた意気込みを語った。

セバスチャン・ベッテル、農業に興味? コロナ禍”ロックダウン”中に有機農業を学ぶ

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルスの影響により2020年のF1開幕が延期された際に、有機農業について学ぶため、インターンシップに参加していたことを明らかにした。

アルファタウリ・ホンダ、ガスリーの自信「どんなコースでも、マクラーレンやフェラーリと戦える」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、中団グループのライバルと目されるマクラーレンやフェラーリと、どんなコースでも互角以上に戦うことができると確信している。

マクラーレンF1、強豪復活の鍵は「ふたりの速いドライバー」バーレーンGPで前進を実感

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、チーム復活の鍵はふたりの強力なドライバーの存在であり、それが2021年に向けてダニエル・リカルドを獲得する決定を後押ししたと認めた。

ヒュルケンベルグ、アストンマーチンのリザーブ兼開発ドライバーへ就任。2020年は“スーパーサブ”として活躍

アストンマーチンF1はニコ・ヒュルケンベルグを2021年シーズンのリザーブ兼テストドライバーとして任命すると発表した。

バゲット、スーパーGTへのインディ式スタート導入には否定的「DTMとは違い、スタートでリスクは冒せない」

#17 Astemo NSX-GTのベルトラン・バゲットは、レースを盛り上げるためにスーパーGTにインディ式スタートを導入する必要はないと語った。

ペドロ・アコスタ、Moto3衝撃の“逆転勝ち”にMotoGPライダーから称賛の嵐。「今季の王者候補」との評価も

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラス決勝で、ピットレーンスタートから衝撃のキャリア初優勝を挙げたペドロ・アコスタ。彼のその走りをMotoGP王者のマルク・マルケスやバレンティーノ・ロッシが称賛している。

レッドブル重鎮、フェルスタッペンの走りを称賛も「ハミルトンに譲らなければ良かった」発言には賛同せず

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがF1開幕戦で「自分たちだけのクラスにいた」と称賛した。その一方で、フェルスタッペンが「ペナルティを受けてでもトップに留まった方が良かった」と発言したことに関しては同意していないようだ。

GT300連覇を目指すオリベイラ、スーパーGT全レースでの“タイヤ無交換禁止”を望む

#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは、2021年のスーパーGT GT300クラスの全レースでタイヤ無交換作戦が禁止されることを望んでいるようだ。

メルセデス、久々の“追う立場”を楽しんでいる?「2013年以来のワクワクを感じる」とウルフ代表

メルセデスのトト・ウルフ代表は、久々にレッドブルを追いかける側の立場になったことに対して、チームが「ワクワクしている」と語った。

F1スプリントレースに向けての最大のハードル、予算面で各チームがついに合意。開催は確実か

F1はスプリントレース実施に向けての最後のハードルであった予算面で合意に至ったようだ。

フェラーリF1、確かな進歩を実感。新PUの実力は「あと4回ほど予選を戦ってみないと……」

フェラーリは、新しいパワーユニットの進歩度合いを確かめるためには、あと4回ほど予選を戦う必要があると考えているようだ。

好調アルファタウリ、空力アップデートでさらなる前進目指す。第4戦スペインGPまで毎戦新パーツ用意

アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、F1第4戦スペインGPまでに行なう空力アップデートにより「素晴らしい一歩」を踏み出すことができるはずだと語った。

ゲルハルト・ベルガー、参戦チーム増加傾向のDTMに「GT3化の判断は正しかった」

DTMの運営団体を率いるゲルハルト・ベルガーは、強豪チームが相次いで参戦を表明したことは、DTMがGT3マシンをベースとした選手権にすると決断したことが正しかったことを裏付けていると語る。

39号車SARDのコバライネン、例年以上の仕上がりに手応え十分「タイトル獲得のチャンスがある」

2021年のスーパーGT開幕を前にして、#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supraのヘイキ・コバライネンは例年以上に充実したテストを過ごせたと考えており、タイトルを狙うチャンスがあると語った。

ベッテルは今年1年、F1を離れ休養するべきだった? レッドブルの重鎮マルコが語る

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルはアストンマーチンに加入するのではなく、2021年の1年間F1を休むべきだったと考えている。

アルピーヌF1のオコン、今季大激戦の入賞争いを痛感「ポイントを獲るために、ミスをする余裕はない」

エステバン・オコンは、今季のアルピーヌがポイント獲得を目指すためには”ミスは許されない”と語る。

F1開幕戦2位のフェルスタッペン、デフのトラブルで1周0.3秒をロスしていた?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー、ヘルムート・マルコによると、マックス・フェルスタッペンはF1バーレーンGPでデファレンシャルに問題が起きており、1周あたり0.3秒という「明らかなハンディキャップ」を背負っていたという。

夢のフォーミュラカー体験を、あなたにも。『トムス・フォーミュラ・カレッジ』が開設

TOM'Sは、フォーミュラカー未経験者からレース参戦を目指すエキスパートまで対応したサポートプログラム『トムス・フォーミュラ・カレッジ』を開設することを発表した。

モントーヤがインディ500で乗る3台目のマクラーレン、レブソンPPに敬意表し86号車に

アロー・マクラーレンSPは、今季のインディ500でファン・パブロ・モントーヤがドライブする3台目のマシンのカラーリングを公開。1971年にピーター・レブソンがポールポジションを獲得したことに敬意を表し、カーナンバーが当時と同じ86となることも分かった。