フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
47 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

美しきF1マシン:「フル参戦1年目の中嶋悟&アイルトン・セナの相棒」ロータス99T・ホンダ

角田裕毅が、2021年からF1にフル参戦を果たす。その先駆者たる中嶋悟が1987年に走らせたのが、ロータス99T。このマシンは若きアイルトン・セナもドライブし2勝を挙げた。

美しきF1マシン:「片山右京がデビュー。色も形も”戦い”も、記憶に残る1台」ヴェンチュリLC92

1992年にF1デビューを果たした片山右京。前年全日本F3000でチャンピオンを獲得した彼のF1最初の相棒となったのがヴェンチュリLC92。カラフルなそのマシンは、日本のF1ファンにとっても印象的な1台だったのではないだろうか。

デイモン・ヒル、大先輩スチュワートの誘いを断りアロウズF1へ……苦渋の決断下した理由

デイモン・ヒルは、1997年にスチュワートF1からのオファーを断る時「心が折れそうになった」と語ったが、同時にリスクの大きさを感じていたとも語った。

美しきF1マシン:「勝利まであと一歩……”巨人”トヨタのF1最高傑作」トヨタTF109

日本のコンストラクターでF1優勝を果たしたのはホンダのみ。しかし2009年、トヨタが勝利まであと僅か……というところまで迫った。中でもバーレーンGPは、ほんの僅かの差で勝利を逃した1戦だったと言える。

美しきF1マシン:「鈴鹿が揺れた……勝つ力さえあった小チームの傑作」ザウバーC31

2012年の日本GPで、小林可夢偉が3位に入り、鈴鹿サーキットに詰めかけた観客を沸かせた。この年、小林が走らせていたザウバーC31は、セルジオ・ペレスの活躍もあって合計4回の表彰台を獲得。勝利を目指せる可能性すらあった。

【日本人F1ドライバーの系譜】美しきF1マシン:3人の日本人ドライバーが走らせた……ティレル020

2021年、角田裕毅が7年ぶりに日本人ドライバーとしてF1に挑む。しかし以前の日本人スターたちも、我々を興奮させてくれた。日本人最初のF1レギュラードライバー中嶋悟は、その火付け役。彼にとって最後のF1マシンが、ティレル020であり、このマシンは実に3人の日本人ドライバーがドライブすることになった。

【日本人F1ドライバーの系譜】美しきF1マシン:「最も悔しい、日本人の日本GP”4位”」B.A.R.ホンダ006

2021年、角田裕毅がF1デビューを果たすことになった。7年ぶりの日本人F1ドライバー誕生……しかし以前の日本人スターたちも、我々を興奮させてくれた。

美しきF1マシン:2年半にわたって活躍……日本メーカーのエンジンも載せた:ロータス102

1990年に登場したロータス102。このマシンもティレル020同様、3年もの長きにわたって使われ続けた伝説的なマシンだ。しかもその現役の間に、様々なエンジンを搭載してきた。

最大の敵は”涙”だった? 天才ジャン・アレジ、F1唯一の勝利:1995年カナダGP

1989年に彗星のごとくF1デビューを果たしたジャン・アレジ。非力なティレルでアイルトン・セナを脅かすなど、数々の印象的なシーンを生み出した。しかし結局彼のF1での勝利は、わずかひとつ限りだった。

アイルトン・セナが”ライオン”を飼い慣らした日:1992年F1モナコGP

1992年の5月31日、モナコのモンテカルロ市街地コースでは、アイルトン・セナとナイジェル・マンセルの激戦が繰り広げられた。今もF1の歴史上、最も記憶に残る1戦としても知られている、あのレースだ……。

美しきF1マシン:「イメージ一新。マクラーレン最初の”シルバーアロー”」MP4-12

1997年のマクラーレンのF1マシンMP4-12は、それまでの”紅白”のイメージを一新。銀と黒をベースとしたカラーリングとなり、メルセデスのエンジンを使っていたこともあり”シルバーアロー”と呼ばれた。

美しきF1マシン:「シューマッハー、フル参戦3年目で初のPP&タイトル獲得」ベネトンB194

皇帝ミハエル・シューマッハーの初ポールポジション獲得は、初優勝よりもずっと遅かった。アイルトン・セナが亡くなった次のレースで、ようやく初めてのポールポジションを獲得。そして、その年に初のタイトルも獲得した。

美しきF1マシン:伝説のモナコGP&最後のホンダV12……セナが魅せたマクラーレンMP4/7A

5月24日(日)は、本来ならF1モナコGPの決勝レースが行なわれるはずだった。これまでモナコGPでは、数々の名勝負が繰り広げられてきた……その中でも、1992年のセナvsマンセルの激戦バトルも人気のあるレースである。

初の親子制覇が目前だった……ジャック・ビルヌーブは何故モナコGPで勝てなかったのか

父ジルが成し遂げたF1モナコGP優勝という偉業に続こうと、ジャック・ビルヌーブは過去に2度“勝てるクルマ”でモナコに乗り込んだが、それらはいずれも最悪のレースに終わった。

あれから8年。MotoGP最大の“IF”を残したケーシー・ストーナーの引退

2012年の5月17日、MotoGP王者のケーシー・ストーナーは「現役を引退する」という衝撃の決定を下した。それは2013年に“究極の”ドリームチームを結成するというホンダの夢を打ち砕いた瞬間だった。

九死に一生を得たクルサード、心身の痛みに耐えて勝ち取った殊勲の2位

デビッド・クルサードは2000年、飛行機事故に遭遇するも奇跡的に生還。直後に開催されたスペインGPに出走し、激しい痛みに耐えながら2位でフィニッシュしたのであった。

“歴史的な”ロレンソジャンプ。2010年母国優勝「池ダイブ」をロレンソ本人が回顧

2010年のMotoGPスペインGPでは、ホルヘ・ロレンソが地元での凱旋優勝を飾った。その際に行なった“池に飛び込む”という過激な勝利パフォーマンスを、引退したロレンソが振り返った。

6輪F1マシンは失敗? それとも”革新的”なアイデアだったのか?

1976年の5月2日、ティレルはF1史上最もユニークとも言えるマシンのひとつ、P34をデビューさせた。このマシンは、グランプリの実戦を走った唯一の6輪車である。

「アイルトンが認めてくれた」”悲劇”の1年後、ヒルがサンマリノで勝利した時

アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーが亡くなった1994年のサンマリノGP。その1年後、デイモン・ヒルとウイリアムズは、同地で感傷的な勝利を手にした。

シューマッハーが鮮烈デビュー飾った1990年WSPC第5戦の動画が無料公開中!
ビデオ・インサイド

シューマッハーが鮮烈デビュー飾った1990年WSPC第5戦の動画が無料公開中!

motorsport.tvの『Duke Classic Video』のアーカイブには、ミハエル・シューマッハーが1990年の世界スポーツカー選手権で決勝に初出走したディジョンでのレースが収録されており、こちらを無料(英語実況)で視聴することができる。

事故死から今日で26年……アイルトン・セナを偲ぶ

1994年5月1日、イモラ・サーキットで行なわれたF1サンマリノGPで、ひとりの巨星が逝った。アイルトン・セナ。突然の死に、世界が悲しみに包まれた。あの日から今日でちょうど26年……。

トヨタが勝つ”べき”だったグランプリ:2009年F1バーレーンGP

今から11年前、トヨタは間違いなく、F1での初勝利をバーレーンで祝っていたはずだ。ヤルノ・トゥルーリがポールポジションからスタート……しかし、それを結果に繋げることができなかった。

美しきF1マシン:「メルセデス、F1への第一歩となる漆黒の”始祖機”」ザウバーC12

1993年のF1シーズンに登場した1台の漆黒のF1マシン。これは1950年代以来久々のF1復帰を目指したメルセデスが、F1への復帰第一歩を記したザウバーC12だった。

アイルトン・セナ、初勝利から35年。運を味方に、大雨エストリルを駆け抜けた日

4月21日は、アイルトン・セナがF1初優勝を決めた日である。1985年のことだった。つまり、あれからもう35年。1984年にF1デビューした彼が、スター街道を駆け上っていく、そんなタイミングだった。

美しきF1マシン:「”戦うチーム”に生まれ変わった、記念樹的1台」レッドブルRB3

現代の天才F1デザイナーのひとり、エイドリアン・ニューウェイ。彼がレッドブルに加入し最初に手掛けたのが、RB3である。

美しきF1マシン:まるで戦闘機。美しくも苦戦した、フェラーリF92A

フェラーリが1992年シーズンに登場させたF92A。まるでジェット戦闘機のようなフォルムは実に美しかったが、それが好成績に繋がることはなかった。

驚きの番狂わせ優勝5:フィジケラ初優勝。レース後順位変更の”番狂わせ”

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。2003年のブラジルGPは、下位チームのジョーダンが、天候を味方につけてトップチームのマクラーレンを追い詰めた。当初はマクラーレンのキミ・ライコネン優勝と発表されたが、後にジョーダン&フィジケラの優勝に修正された。

アイルトン・セナの魅力的な1戦。ウエット路面で最強ウイリアムズを圧倒:1993年欧州GP

数あるアイルトン・セナの素晴らしいレース……そんな中でも、1993年のヨーロッパGPは、人々の印象に特に残っている。誰にもセナを止められない……そんなレースだった。

奔放で自由人な天才、ネルソン・ピケのF1キャリアを振り返る

1980年代のF1を代表するドライバーであるネルソン・ピケ。3度のワールドタイトルを勝ち取った彼のキャリアを振り返る。

驚きの番狂わせ優勝4:マルドナド、一世一代の完勝劇。アロンソ以下を圧倒

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。2012年のスペインGPは、ウイリアムズ・ルノーのパストール・マルドナドが完勝。チーム復活かと思わせたが、その後の成績は低迷してしまう。

驚きの番狂わせ優勝3:同一周回の完走わずか3台。超サバイバルをパニスが制す

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。1996年のモナコGPは雨がらみのレース。同一周回での完走は僅か3台という超サバイバルレースを制したのは、リジェ・無限ホンダのオリビエ・パニスだった。

【特集】“勇敢な男”ジョニー・ハーバートの鮮烈なデビュー:1989年ブラジルGP

1989年、ベネトンで鮮烈なデビューを飾ったジョニー・ハーバート。足の痛みに耐えながらも大殊勲の4位でフィニッシュした開幕戦ブラジルGPを、ハーバート本人が振り返る。

驚きの番狂わせ優勝2:ベッテル栄光の歴史の始まり。大雨のモンツァで輝く

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。2008年のイタリアGPは大雨。そんな中で躍動したのは、新興チームのトロロッソだった。このマシンを駆るセバスチャン・ベッテルが、トップチームを抑えて初優勝を成し遂げた。

美しきF1マシン「2年半にわたって走った”多彩”な経歴を持つ1台」ティレル020

1991年のF1に登場し、1993年まで使われたティレル020。その過程で様々なエンジンを搭載し、様々なタイヤを履いた1台……F1の歴史の中でも稀に見る多彩な経歴を持ったマシンだと言えるだろう。

【F1マシンギャラリー】ティレル020シリーズ:1991〜1993年

1991年のF1に登場し、1993年まで使われたティレル020。その3スペックをギャラリーでチェック!

驚きの番狂わせ優勝1:ライコネンとマッサしか乗れない? F60、スパで唯一の勝利

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。2009年のF1は、下克上の時代。前年タイトルを争った2チームが下位に沈み、新興2チームが台頭した。そんな中フェラーリのキミ・ライコネンは、ベルギーGPで値千金の勝利を挙げた。

美しきF1マシン:「第3期の第1歩。純白”ホンダ”に高まった期待」ホンダRA099

ホンダは2000年からワークス体制でF1に復帰するため、純白のテストマシンを用意した。そのホンダRA099を、マックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フェルスタッペンがドライブ。ライバルチームにその速さを見せつけた。

美しきF1マシン:「ハイテク車最初の完成形。”最強マシン”の代名詞」ウイリアムズFW14B

1992年シーズン、圧倒的な強さを見せたのが、ウイリアムズFW14Bだった。車体こそ前年モデルの正常進化版だが、様々なハイテクデバイスを搭載し、ナイジェル・マンセルに唯一のF1タイトルをもたらした。

美しきF1マシン:「シューマッハー最初のF1。シェイプもカラーリングも美しい」ジョーダン191

1991年にF1デビューを果たしたジョーダン・グランプリ。現レーシングポイントの始祖とも言えるチームだが、その最初のマシンは、美しいボディラインとカラーリングで、今も高い人気を誇る1台である。

セナだけが輝いていたわけじゃない……84年F1デビュー組、それぞれの運命

1984年のブラジルGPは、その年のF1世界選手権の開幕戦であった。しかしそれだけではない、アイルトン・セナ、ステファン・ベロフ、マーティン・ブランドルなど、有望な新人ドライバーの当たり年でもあったのだ。

2009年のチャンピオンF1マシンBGP001は、同年を代表するマシンなのか?

新規参戦のブラウンGPが、2009年のF1開幕戦オーストラリアGPでいきなり勝利し、世界を驚かせてから11年が経つ。しかし彼らのマシンBGP001は、シーズンを代表するマシンだと言ってもいいのだろうか?

美しきF1マシン:「最も悔しい、日本人の日本GP”4位”」B.A.R.ホンダ006

F1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。今回取り上げるB.A.R.ホンダ006は、2004年シーズンを戦ったF1マシン。バトンと佐藤琢磨のコンビでランク2位となったが、ある意味”最も悔しい”思いをした1台だったとも言える。

美しきF1マシン:「日本人が”夢”を見た、白い流星」ティレル022

F1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。今回取り上げるティレル022は、1994年シーズンを戦ったF1マシン。ヤマハのOX10Bエンジンを搭載し、片山右京がドライブ……一時2位を走るなど、日本人に”夢”を抱かせた1台だった。

美しきF1マシン:「シューマッハー初表彰台。若き日の相棒」ベネトンB191B

F1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。今回取り上げるベネトンB191Bは、1992年シーズン序盤を走ったマシン。前年登場したB191のアップデート版だ。しかし、若き日のミハエル・シューマッハーに初表彰台をもたらした。

美しきF1マシン:流れるようなクビレ、ボディライン……フェラーリ640

F1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。今回取り上げるフェラーリ640は、1989年にフェラーリが走らせたマシン。そのボディラインもさることながら、ハイテクデバイスも搭載した当時としては最先端の1台だった。

美しきF1マシン:「アイルトン・セナ、最後の優勝マシン」マクラーレンMP4/8

F1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。今回取り上げるマクラーレンMP4/8は、1993年に伝説を作った1台。まだマシンがシンプルだった頃の流れるようなスタイルに、憧れを抱いた諸兄も多いのではないだろうか?

あれから30年……セナ・プロの接触が世界に衝撃を与えた|1989年日本GP

1989年10月22日、モータースポーツ界を揺るがす大きな事件が起きた。マクラーレン・ホンダのアラン・プロストとアイルトン・セナが、日本GP決勝で同士討ち。FIAも関与する事態となり、数カ月間にわたる論争の引き金となったのだ。