フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
460 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

スーパーフォーミュラ・ライツ:荒天のオートポリス、第7戦は三宅が2勝目、第8戦は名取が5勝目を挙げる

スーパーフォーミュラ・ライツの第3大会がオートポリスで行なわれ、第7戦では三宅淳詞、第8戦では名取鉄平が優勝した。

MotoGPフランス決勝:ミラー、晴から雨の“乗り換え”戦を制し2連勝。中上貴晶は表彰台圏内走行も7位

MotoGP第5戦フランスGPの決勝レースが行なわれた。優勝はジャック・ミラー。またヨハン・ザルコとファビオ・クアルタラロのフランス人ライダーが母国戦でダブル表彰台を獲得した。

Moto2フランス決勝:フェルナンデスが逃げ切り今季2勝目。小椋藍は粘りのレースで7位フィニッシュ

MotoGP第5戦フランスGPのMoto2クラス決勝は、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がポール・トゥ・ウィンを挙げた。

Moto3フランス決勝:乾きゆく路面でガルシア躍動キャリア2勝目。日本勢は佐々木が5位

MotoGP第5戦フランスGPのMoto3クラス決勝は、セルジオ・ガルシアが優勝。日本人ライダーは佐々木歩夢が5位で最上位フィニッシュだ。

F1スペインGP決勝:2ストップ作戦を完遂、ハミルトンが優勝。フェルスタッペン2位、角田はリタイア

F1第4戦スペインGPの決勝レースが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季3勝目を挙げた。角田裕毅はリタイアに終わった。

F3バルセロナ:レース3はレッドブル育成のハウガーが独走V。岩佐歩夢は15位

FIA F3開幕戦バルセロナのレース3が行なわれ、プレマのデニス・ハウガーが優勝した。岩佐歩夢は15位だった。

F3バルセロナ:岩佐歩夢、波乱のレース2を生き残り7位初入賞。優勝はコールドウェル

FIA F3開幕戦バルセロナのレース2はプレマのオリー・コールドウェルが優勝した。岩佐歩夢は7位で初入賞となった。

フォーミュラEモナコePrix決勝:F1と同じコースで初開催。ダ・コスタ、魂のオーバーテイクで優勝

フォーミュラEのモナコePrixが行なわれ、DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが優勝を手にした。

F3バルセロナ:岩佐歩夢のデビュー戦は19番手スタートから14位。レース1優勝はスモリャル

FIA F3開幕戦バルセロナのレース1はARTグランプリのアレクサンダー・スモリャルが優勝した。岩佐歩夢は14位だった。

スーパーGT第2戦富士:初めて運用されたFCY。残り18分の大激戦をAstemo NSXが制す

スーパーGT第2戦富士決勝のGT500クラスは、11番グリッドからスタートした17号車Astemo NSX-GTが優勝した。

インディカー第4戦テキサス:アロー・マクラーレンSPのオワードが初優勝。佐藤琢磨は14位

インディカー・シリーズ第4戦テキサスでは、アロー・マクラーレンSPのパトリシオ・オワードがインディカー初優勝を挙げた。佐藤琢磨は14位だった。

F1ポルトガルGP決勝:ハミルトン、勝負強さ見せつける1勝。フェルスタッペン及ばず2位、角田は15位無得点

F1第3戦ポルトガルGPが行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季2勝目を挙げた。14番グリッドからスタートした角田裕毅は15位で入賞を逃した。

インディカー第3戦テキサス:前年王者ディクソン、新人マクロクリン抑え貫禄の勝利、佐藤琢磨は9位

インディカー・シリーズ第3戦テキサスでは、スコット・ディクソンが今季初勝利を挙げた。佐藤琢磨は9位に入り、2戦連続のトップ10フィニッシュとなった。

スーパーフォーミュラ・ライツ:鈴鹿での第2大会は名取鉄平が3連勝。タイトル争いで大きくリード

鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーフォーミュラ・ライツの第2大会では、B-MAX RACING TEAMの名取鉄平が第4戦〜第6戦全てで優勝を飾った。

インディカー:セントピーターズバーグ|ハータがポールトゥウイン。佐藤琢磨は15番手から追い上げ6位

インディカー・シリーズ第2戦セントピーターズバーグは、ポールポジションのコルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)がレースのほとんどをリードして優勝した。15番手スタートの佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は6位入賞を果たした。

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿|野尻が2連勝達成。デビュー戦アレジ9位入賞……PP福住は無念リタイア

4月25日、鈴鹿サーキットで2021年のスーパーフォーミュラ第2戦が行なわれ、TEAM MUGENの野尻智紀が優勝。開幕戦富士から2連勝を果たした。一方でポールポジションスタートの福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)はタイヤトラブルによりリタイアとなった。

全日本ロードレース鈴鹿レース2|中須賀克行、鈴鹿を連勝で終える。開幕もてぎから4連勝

全日本ロードレース選手権の第2戦鈴鹿JSB1000クラスのレース2が行なわれた。優勝は中須賀克行。開幕戦もてぎから4連勝を達成した。

フォーミュラE第5戦バレンシアePrix:SC4度、電池切れ続出の”大混乱”。デ・フリーズが大逆転優勝

フォーミュラE第5戦バレンシアePrixは、セーフティカーや電池切れが続出する波乱のレースとなり、メルセデスのニック・デ・フリーズが優勝した。

全日本ロード鈴鹿JSB1000レース1:中須賀克行が開幕3連勝達成。加賀山就臣が3位表彰台

鈴鹿サーキットで全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿のJSB1000クラス・レース1が行なわれた。優勝したのはYAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行だった。

インディカー開幕戦アラバマ:アレックス・パロウ、パワー&ディクソン抑え初優勝。佐藤琢磨13位

インディカーの開幕戦アラバマ・グランプリがバーバー・モータースポーツパークで行なわれ、今季からチップ・ガナッシに加入してインディカーを戦うアレックス・パロウが初優勝を手にした。

F1エミリア・ロマーニャGP決勝:波乱もなんのその。フェルスタッペン完勝で今季初勝利。角田は受難の週末に

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行なわれ、3番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンが終始レースをリードして今季初優勝を収めた。角田裕毅はスピンもあり13位に終わった。

MotoGPポルトガル決勝:クアルタラロ、大差勝利でランク首位浮上。マルク・マルケスが7位

MotoGP第3戦ポルトガルGPの決勝レースが行なわれ、ヤマハのファビオ・クアルタラロが優勝。2連勝でポイントリーダーに立った。

Moto2ポルトガル決勝:予選4番手小椋、転倒リタイアで終わる。ラウル・フェルナンデスが初優勝

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はラウル・フェルナンデス。Moto2デビュー3戦目で勝利を手にした。

スーパー耐久第2戦SUGO:グループ1レースはPC Okazakiポルシェが今季初優勝

スーパー耐久第2戦SUGOのグループ1決勝では、ST-Xクラスの16号車PC Okazaki 911 GT3R (永井宏明/上村優太/中山雄一)が優勝を飾った。

Moto3ポルトガル決勝:アコスタ2連勝、16歳が才能“本物”をアピール。佐々木4位で表彰台逃す

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto3クラス予選が行なわれた。優勝はペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)だ。

スーパー耐久第2戦SUGO:グループ2レースは埼玉トヨペットクラウンが優勝

スーパー耐久第2戦SUGOのグループ2決勝では、52号車埼玉トヨペットGBクラウンRS(服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰)が優勝を飾った。

フォーミュラE第4戦ローマePrix決勝:バンドーン今季初優勝。PPキャシディ、スタート直後の単独スピンに泣く

メルセデスのストフェル・バンドーンが、フォーミュラE第4戦ローマePrixで今季初優勝。ポールポジションからスタートしたニック・キャシディは、スタート直後に単独スピンを喫し、予選の好結果を決勝に繋げることはできなかった。

スーパーGT第1戦岡山決勝:スープラの山下と坪井の手に汗握る一騎打ち。ルーキーレーシングが初優勝を飾る

スーパーGT第1戦岡山の決勝レースでは、スープラ勢同士のバトルを制した14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)がGT500クラスの勝者となった。

スーパーGT第1戦岡山決勝:SCで大混乱となったピットワーク。GT300は56号車リアライズが逆転優勝

スーパーGT第1戦岡山のGT300クラス決勝では、ピット作業でトップに躍り出た56号車リアライズ日産自動車大学校GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が優勝した。

フォーミュラE第3戦ローマePrix決勝:ベルニュ乱戦を生き残り今季初優勝。キャシディ初入賞

DSテチータのジャン-エリック・ベルニュが、乱戦となったフォーミュラE第3戦ローマePrixを”生き残り”、今季初優勝を挙げた。ジャガー勢が2-3位表彰台を獲得した。

エクストリームE、サウジアラビアで行なわれた開幕戦はロズベルグ・Xレーシングが見事な勝利

サウジアラビアの砂漠で開催されたエクストリームE最初のイベントは、ロズベルグ・Xレーシングが決勝を制した。

2021年スーパーフォーミュラ・ライツが開幕。富士大会は名取鉄平、佐藤蓮、三宅淳詞が勝利を分け合う

2021年のスーパーフォーミュラ・ライツが富士スピードウェイで開幕した。第1大会の3レースは、3人のドライバーが共に初優勝を挙げた。

MotoGPドーハ決勝:クアルタラロ今季初優勝、ヤマハがロサイル連戦を制覇。マルティン3位表彰台

MotoGP2021年シーズン第2戦ドーハGPの決勝レースが行なわれ、ヤマハのファビオ・クアルタラロが優勝。ヤマハは開幕戦から2連勝となった。

Moto2ドーハ決勝:サム・ロウズが2戦連続ポールトゥウィン! 小椋藍、5位入賞で初ポイント

MotoGP2021年シーズンの第2戦ドーハGP決勝が行なわれ、サム・ロウズが開幕戦から2戦連続でポールトゥウィンを果たした。

Moto3ドーハ決勝:アコスタ、デビュー2戦目でMoto3初優勝! ビットレーンスタート物ともせず大逆転

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。優勝したのはルーキーのペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)だった。

スーパーフォーミュラ開幕戦富士:PPスタートの野尻智紀が完勝。初タイトルに向け好スタート

2021年スーパーフォーミュラ開幕戦の決勝レースが行なわれ、野尻智紀(TEAM MUGEN)がポールトゥウィン。念願のチャンピオン獲得に向け、素晴らしいスタートダッシュを切ることになった。

F1バーレーンGP決勝:チェッカーまで手に汗握る攻防をハミルトン制す。角田裕毅は殊勲の9位入賞

F1開幕戦バーレーンGPの決勝レースが行なわれた。マックス・フェルスタッペンとの最終ラップまで続く攻防を制したルイス・ハミルトンが優勝、角田裕毅はデビューレースを9位で終えた。

MotoGPカタール決勝:マーベリック・ビニャーレス、ドゥカティ勢下し完璧な勝利。中上は転倒リタイア

MotoGP2021年シーズンの開幕戦カタールGPの決勝レースが行なわれた。今季最初のレースを制したのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

【F1動画】2021年F1第1戦バーレーンGP決勝ハイライト

最後の最後まで手に汗握る激戦となった2021年F1開幕戦バーレーンGP決勝のハイライト動画。角田裕毅のF1デビュー戦の勇姿も見逃すな!

Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える

MotoGP2021年シーズンの開幕戦カタールGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズが優勝した。Moto2クラスデビュー戦の小椋藍は17位でレースを終えた。

Moto3カタール決勝:佐々木歩夢、優勝争いに加わるも最終ラップで悔しい転倒。優勝はマシア

2021年MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、Red Bull KTM Ajoのジャウマ・マシアが優勝を果たした。

F2サヒール:レース3は周冠宇がポールトゥウィン。佐藤万璃音14位

FiA F2開幕戦のレース3が行なわれ、ユニ-ヴィルトゥオーシの周冠宇が優勝した。佐藤万璃音は14位だった。

F2サヒール:レース2はピアストリが逆転優勝。佐藤万璃音は8位でポイント獲得

FIA F2開幕戦のレース2がバーレーンで行なわれ、オスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)が優勝を果たした。

F2サヒール:レース1はレッドブル育成対決制したローソンがデビュー戦初優勝。佐藤万璃音は15位

FIA F2開幕戦のレース1が行なわれ、ハイテックのリアム・ローソンが優勝した。佐藤万璃音は15位だった。

全日本ラリー”無観客”の新城で開幕。荒天の中、新井親子1-2を決める

コロナ禍により無観客で行なわれた2021年全日本ラリー開幕戦の新城ラリー。2日目は荒天にも見舞われたが、新井敏弘&新井大輝の親子が1-2フィニッシュを果たした。

スーパー耐久開幕戦は天候不良のために4時間で打ち切り。777号車D’stationが優勝を飾る

2021スーパー耐久シリーズ開幕戦がツインリンクもてぎで行なわれ、777号車D’station Vantage GT3がST-Xクラスの優勝を飾った。

IMSAセブリング12時間:波乱&僅差のレースを5号車キャデラック制す。小林可夢偉組は7位

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間は、JDCマスタング・サンプリング・レーシングの5号車が優勝した。

フォーミュラEディルイーヤePrixレース2決勝:バードが今季初優勝。キャシディは5位

フォーミュラEディルイーヤePrixレース2の決勝が行なわれ、ジャガーのサム・バードが今季初優勝を記録した。

フォーミュラEディルイーヤePrixレース1決勝:デ・フリーズが完全制覇で初優勝。電動でもメルセデス速し!

フォーミュラEの第7シーズン開幕戦ディルイーヤePrixレース1の決勝レースが行なわれ、メルセデスのニック・デ・フリーズが優勝。全セッション首位という”完全制覇”を成し遂げた。

インタープロト2020が閉幕。最終2レースで連勝の福住仁嶺がチャンピオンに

2020インタープロトシリーズの第7・8戦が富士スピードウェイで行なわれ、連勝を果たした福住仁嶺がチャンピオンに輝いた。

KYOJO CUP第4戦|三浦愛が2020年シーズンのチャンピオンに輝く。優勝は翁長実希

2020年シーズンのKYOJO CUP第4戦が富士スピードウェイで行なわれ、翁長実希が優勝。シリーズチャンピオンには三浦愛が輝いた。

デイトナ24時間:ウェイン・テイラー・レーシング3連覇! 小林可夢偉組は4.7秒差2位

2021年のデイトナ24時間レースが行なわれ、アキュラARX-05を走らせたウェイン・テイラー・レーシングが優勝を果たした。

F3アジア:岩佐歩夢、レッドブル育成としての初陣迎える。第1ラウンド終えランク6番手

2021年のF3アジア選手権が開幕。今季からレッドブルジュニアチームに加入した岩佐歩夢は、第1ラウンドの3レースを終えランキング6番手につけている。

SF第7戦富士|山本尚貴が2度目の国内“二冠王”に。平川亮との熾烈なバトルを制す

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦が富士スピードウェイで行なわれ、坪井翔が優勝した。最終戦までもつれたタイトル争いは山本尚貴が制し、2018年以来3度目となる年間王者となった。

F1アブダビGP決勝:フェルスタッペン、完璧ポール・トゥ・ウィンで有終の美。今季2勝目を飾る

F1アブダビGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが完勝。メルセデス勢に大差をつけ、今季2勝目を挙げた。

F1アブダビGP決勝速報:フェルスタッペン完勝! 16秒差をつけ今季2勝目

F1アブダビGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが完勝。メルセデス勢に大差をつけ、今季2勝目を挙げた。

S耐第5戦オートポリス|777号車D’stationが今季2勝目、ST-X王座決定は最終戦に持ち越し

2020スーパー耐久第5戦オートポリス。最高峰のST-Xクラスは#777 D’station Vantage GT3が優勝し、チャンピオン決定は最終戦に持ち越されることとなった。

SFライツ第5大会鈴鹿|宮田莉朋、最終大会を待たずにシリーズチャンピオン決める

2020年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の鈴鹿大会で宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)が3レースを残してシリーズチャンピオンを決めた。

F1サクヒールGP決勝:ペレス、キャリア10年目で初優勝! メルセデスは散々なレースに

F1サクヒールGPの決勝が行なわれ、レーシングポイントのセルジオ・ペレスがキャリア10年目にしてF1初優勝を挙げた。