F1
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
07 時間
:
30
:
23
MotoGP
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
07 時間
:
30
:
23
スーパーGT
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
43 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
285 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

News and Analysis

グリッド
リスト

使用禁止になった”画期的”デバイス4:勢力図を一変させた、”魔法の”ダブルディフューザー

2009年のF1シーズンは、前年限りでF1から撤退したホンダの施設とマシンを引き継いだブラウンGPが強さを見せ、奇跡的にダブルタイトルを獲得した年として長く記憶されるだろう。彼ら最大の武器はダブルディフューザーにあった。

進化を続けるレーシングウェア。“生体データ”が新たな次元へ押し上げる

今日では、F1をはじめとするモータースポーツのレーシングウェアに“バイオメトリクス”が導入されようとしている。その技術にはどんなものがあり、どんなメリットがあるのだろうか?

勝つはずだったレースを失ったハミルトン……メルセデスを惑わせた判断ミス:2015年モナコGP

2014年以降、ハイブリッド時代を迎えたF1で、メルセデスは圧倒的な強さを誇ってきた。しかし2015年の5月24日、同チームのルイス・ハミルトンは、ほぼ手中に収めていた勝利を、手放すことになってしまった。

大荒れの1996年モナコGPは、ジャン・アレジのキャリアを象徴するレースだった?

オリビエ・パニスが14番手スタートから優勝したことで知られる1996年のF1モナコGP。しかしベネトンのマシンにサスペンショントラブルが起きていなければ、優勝はジャン・アレジのものだっただろう。これは光る走りを見せながらもわずか1勝に終わったアレジのキャリアをある意味象徴するレースなのかもしれない。

とんでもないレースだ……解説陣も絶句した終盤の大ドタバタ劇:1982年モナコGP

F1におけるレース終盤の波乱と言えば、2011年のカナダGPや2019年のブラジルGPを思い出す人も多いだろう。しかしながら、1982年のモナコGPこそ最も“クレイジー”なレースだと言える。

Road to F1〜夢への道のり〜:ロマン・グロージャン編

2009年にルノーでF1デビューを果たし、今季はチーム発足当初から所属するハースで5年目を迎えるロマン・グロージャン。今回はそんな彼のジュニア・フォーミュラ時代を振り返る。

これまで85人のドライバーが参加。レッドブル・ジュニア・チームの価値とは?

レッドブルのジュニア・チームは、今年で20年目のシーズンを迎えている。このプログラムでは、これまで85人以上のジュニアドライバーをサポート。そこに多額の費用を投じてきた。しかし、それだけの価値はあったのだろうか?

F1仕事の流儀:テレビカメラマン編「パドックを駆け回り、効率的な取材目指す」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。今回密着する人は、間違いなくテレビには映らない……なぜなら自分自身が撮影する立場だからだ。オランダのスポーツチャンネル『Ziggo Sport』のカメラマン、マティス・ノッテンに話を聞いた。

企画『eスポーツを知る』第4回:“二刀流”選手が語るリアル・バーチャルそれぞれの魅力

新型コロナウイルス禍の中、日本のモータースポーツ界でもバーチャルレースが盛んに行なわれている。その中でも特に精力的に“eレーシング”に参画している山下健太、野尻智紀に話を聞き、プロドライバーならではの視点からリアルレース、バーチャルレースについて語ってもらった。

70年にわたるF1の歴史……ホイール・トゥ・ホイールの極上バトル10選

F1の歴史は70年。その間に、様々な素晴らしいバトルが繰り広げられてきた。今回の企画では、その中から特筆すべき10の”極上ホイール・トゥ・ホイール”をご紹介する。

そこには男たちの“人間ドラマ”がある……F1ファンの涙を誘った瞬間10選

F1レースを見ていると、世界最速のモンスターマシンを操るF1ドライバーもひとりの人間であると思わされる瞬間がある。今回はF1の歴史の中でファンの涙を誘った感動的、悲劇的な場面を振り返っていく。

今更聞けないタイヤのこと(3)レーシングタイヤ応用編〜ウォームアップの奥深さ〜

街中の乗用車やオートバイ、レース用の競技車両でも使われている“タイヤ”。今回は横浜ゴム協力のもと、今さら聞けないタイヤの基礎知識を取材した。

バーニー・エクレストンが、F1で”儲ける可能性”に最初に気付いた時

1974年のベルギーGPは、バーニー・エクレストンがF1の商業的な可能性に最初に目を向けたグランプリであり、その週末は後の全てに影響を与えることになった。

ミハエル・シューマッハーが見せた“最後の輝き”:2012年ヨーロッパGP

2012年のF1ヨーロッパGPでは、フェルナンド・アロンソがキャリア最高のパフォーマンスを見せて優勝した。そんな中、3位に入ったミハエル・シューマッハーにとっては、これがキャリア最後のポディウムとなった。

マッサ、瀕死の重傷を負った2009年ハンガリーGPの事故を振り返る
ビデオ・インサイド

マッサ、瀕死の重傷を負った2009年ハンガリーGPの事故を振り返る

motorsport.tvで公開されている映画『Motorsport Heroes』。このフィルムでは成功、失敗、個人的な苦労、生命にかかわる事故などが取り上げられている。フェリペ・マッサは、2009年のハンガリーGPで遭った事故について語る。

ルノーを離れ、マクラーレンへ。リカルドの決断が持つ意味とは

ルノーを離れ、マクラーレンに移籍することを決めたダニエル・リカルド。中団チーム間での移籍は、彼のF1キャリアにおいてどんな意味を持つのか。

明暗分かれた“優勝請負人”のキャリア……フェラーリに移籍したチャンピオン経験者たち

名門フェラーリのドライバーとなり、マラネロにタイトルを持ち帰る……それは多くのF1ドライバーが夢見ることのひとつである。今回はドライバーズタイトルを獲得後、フェラーリへと移籍した6人のドライバーのキャリアを振り返る。

今更聞けないタイヤのこと(2)レーシングタイヤ基礎編〜単純に見えて奥が深い“グリップ”〜

街中を走る乗用車やオートバイ、レース用の競技車両でも使われている“タイヤ”。今回は横浜ゴムに今さら聞けないタイヤの基礎知識を取材した。

マンセルのF1キャリアを終わらせたマシン:マクラーレンMP4/10

1995年のスペインGPを最後に、F1のキャリアを終わらせたナイジェル・マンセル。彼にとっての最後のF1マシンは、マクラーレンMP4/10ということになった。

1968年シーズンを、ホンダはどう戦おうとしていたのか?:英国AS誌アーカイブ

第1期として1964〜1968年のF1を戦ったホンダ。当時はまだ小規模な自動車メーカーだったが、その間に2勝を挙げる活躍を見せた。当時のホンダはF1にどう挑んだのか? 1968年に英国Autosport誌に掲載された貴重なインタビューを掲載する。

ベッテル、衝撃のフェラーリ離脱。両者の将来は一体どうなるのか?

セバスチャン・ベッテルが、2020年シーズン限りでフェラーリを離脱することが決まった。では、その後任となるのは一体誰だろうか?

儚くも散った天才、ジル・ビルヌーブの生涯(3):「最後の週末」

フェラーリF1のスター、ジル・ビルヌーブがゾルダーで命を落としてから38年が経つ。この特集ではビルヌーブの最後の週末とそれに至るまでの出来事を振り返っていく。今回はその最終回だ。

今更聞けないタイヤのこと(1)タイヤ基礎編〜タイヤはゴムと金属と繊維でできている〜

街中の乗用車やオートバイ、レース用の競技車両でも使われている“タイヤ”。横浜ゴム協力のもと、今さら聞けないタイヤの基礎知識を紐解いていこう。

儚くも散った天才、ジル・ビルヌーブの生涯(2):「悲劇の遠因となったイモラの事件」

フェラーリF1のスター、ジル・ビルヌーブがゾルダーで命を落としてから38年が経つ。この特集ではビルヌーブの最後の週末とそれに至るまでの出来事を振り返っていく。今回はその第2回だ。