F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
06 時間
:
02
:
10
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
6 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
245 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

News and Analysis

グリッド
リスト

空力開発ハンデキャップ導入へ……チーム間のパフォーマンス差削減に繋がるか?

F1の将来を守るための話し合いが長く行なわれてきたが、今週水曜日(5月27日)にFIA世界モータースポーツ評議会が変更を承認……これによりF1は、新たな一歩を踏み出していくことになった。

シーズン開幕を目指すF1にとって最大の課題……各国の検疫にどう対処する?

7月上旬のシーズン再開を目指す2020年のF1。しかし、イギリスをはじめ各国の検疫措置にどう対処するのかが、今後世界を転戦していく上で、F1にとっては非常に重要かつ、厳しい課題となっていきそうだ。

いよいよ復活のNASCAR……その一挙手一投足に世界の注目が集まる

ダーリントン・レースウェイは、NASCARの歴史の象徴的な部分である。そして今週、新たに重要な役割を果たすべく、準備が進められている。

MotoGPライダー移籍市場のウワサ。ドヴィツィオーゾとドゥカティは契約金が争点?

ヤマハとスズキが早くも2022年までのライダーラインアップを決定し、ホンダもマルク・マルケスを確保した事により、ドゥカティとKTMはシーズン再開前にライダーの決定に踏み切る可能性が増えたようだ。

メルセデスが開発を推し進める、リヤウイングのディテール。その効果は?

現在のF1で最強の立場を確固たるモノにしているメルセデス。それでもさらにパフォーマンスを引き上げるべく、2020年に向けても様々な改善を施してきた。あまり注目されていないが、リヤウイングにも細かな努力は払われている。

無観客のF1グランプリは成功する? イギリスGP開催に向けたハードルとは

今季のイギリスGPは、無観客で行なう方針だとシルバーストン・サーキットが発表した。ただ、これは複雑なパズルの1ピースに過ぎず、実際にレースが行なわれる保証はまだない。

現役続行表明のロッシ、唯一の選択肢はペトロナスSRT。残る問題は“お金”のみ?

バレンティーノ・ロッシは、2021年も現役を続行したいと自身の進退について明らかにしている。ヤマハ・ファクトリーチームからの離脱が決まっているロッシに残された選択肢は、ペトロナス・ヤマハSRTに加入するのみだ。

2020年のF1開催カレンダーはどうなる? まだ未知の障壁も……簡単ではない調整作業

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が遅れている2020年シーズンのF1。今も開幕が延期されているが、その状況は非常に流動的な状況にある……。

フェラーリが2008年に登場させた過激なアイデア。今は必須デバイスのSダクト

F1チームは何も学ばないわけではない。レギュレーションの変更により、優れたアイデアの使用が禁止されると、デザイナーたちは多くの時間を費やして、失われたアドバンテージを取り戻すための方法を模索する。

いかにプロのレーシングドライバーと言えど、シムレーサーには敵わない?

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、多くのモータースポーツが中止。その間に様々なeスポーツレースが開催されている。しかし、トップクラスのプロドライバーですら、シムレーサー相手に苦戦することが多い。その理由は何なのか?

使用禁止の画期的F1マシン:グランドエフェクトを追求、”ツインシャシー”ロータス88

F1チームは、最高のパフォーマンスを発揮するため、レギュレーションで許されたギリギリまで開発を行なう。しかし時には、”やりすぎた”事例も多数登場する……このシリーズでは、使用禁止となったソリューションのいくつかを紹介していく。

F1レース数が減ると、F1チームにはどんな影響が及ぶのか?

新型コロナウイルス観戦拡大の影響で、レースの延期または中止が続くと、F1チームにはどんな経済的な打撃が及ぶのだろうか? また、シーズン中に全くレースが行なわれないという最悪のシナリオとなった場合には、どうなるのだろうか?

マクラーレンの最も印象的なF1マシンの開発物語:マクラーレンMP4/4・ホンダ

マクラーレン・ホンダMP4/4は、70年のF1の歴史の中でも最も成功したマシンだと言えるだろう。1988年にアイルトン・セナとアラン・プロストのコンビで16戦15勝。勝率は驚異の93.8%である。そのマシンの秘密を紐解いていく。

メルセデスF1の開発方法論。F1のブレーキを”次のレベル”に引き上げる?

メルセデスは2020年用のF1マシンW11に、空力効果を追求したブレーキシステムを採用してきた。この開発は、F1のブレーキを次のレベルに引き上げることになったのか?

F1はコロナ危機を乗り越えられるのか? 投資格付けムーディーズ評価は“B2”

新型コロナウイルスの影響によって開幕が遅れているF1。彼らが2020年に財政的な痛手を受けることは間違いないが、シーズン全体がキャンセルとなった場合でも生き残ることはできるのだろうか?

フェラーリ、昨年から秘密のシステムPASを使用。メルセデスDASと類似の効果?

メルセデスが今季マシンW11に導入した新システムDAS。フェラーリも昨年から、内部ではPASと呼ばれるシステムを投入し、DASと同じような効果を発揮することを目指していたことが明らかになってきた。

コロナで開催延期相次ぐ……F1は2020・2021年を”スーパーシーズン”にすべきか?

コロナウイルスの影響で多くのレースが延期され、リスケジュールに苦しんでいるF1。2020年と2021年のシーズンを統合し、変則的な1シーズンにすべきなのだろうか。

DASは秘密兵器にあらず? すでに使用していたサスペンションの”拡張ツール”か

今季のF1プレシーズンテストではメルセデスのDASが注目されたが、メルセデスは以前から類似のシステムを使用していた可能性がある。

“コロナ騒動”収まらぬF1、未曾有の事態にも“プラス要素”は存在する?

新型コロナウイルスのパンデミックによりF1は未知の領域へと突入し、これまでにない困難に直面している。しかしこの事態の中でも、歓迎される事もあると、アルファタウリ代表は考えている。

トップ3チームで考え方が分かれた……2020年F1マシンのサスペンションレイアウト

2020年シーズンのF1は、前年からレギュレーションの変更がほとんどないため、各チームのマシンのコンセプトは似たようなモノになると考えられていた。しかし蓋を開けてみると、トップチームのアプローチは大きく異なっていた。

レッドブルRB16のアグレッシブな開発……斬新なフロントサスペンション

2020年のF1では、メルセデスが投入したDAS(二重軸ステアリング)が注目を集めているが、アグレッシブな開発をしてきたのは、メルセデスだけではない。レッドブルも、前例のない新型サスペンションを投入してきた。

ドゥカティ、ライダー市場でライバルに出遅れ。2021年以降の選択肢狭く

ホンダ&マルク・マルケスの最強コンビを打ち崩すため、ヤマハは2021年以降のライダーを早くも確定。しかしその煽りを受け、ドゥカティの採れる選択肢は制限されてしまった。

メルセデス”謎の”新デバイスDASは、マシンにどう取り付けられているのか?

2020年シーズンのF1で論争の的となっている、メルセデスの画期的なシステム”DAS(二重軸ステアリング)”。新型コロナウイルスの一件がなければ、間違いなく最も注目を集めたであろう。このシステムは、シャシーにどのように取り付けられているのだろうか?

MotoGPはいつシリーズを再開できるのか?:新型コロナウイルスのモータースポーツへの影響(2)

新型コロナウイルスの感染が世界中に広がっていることに伴い、モータースポーツ界でも様々なレース/イベントが中止および延期されている。これにはF1やMotoGP、フォーミュラEなどあらゆるレースが含まれる。では、MotoGPのシーズン再開はいつになるのだろうか?