フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
6,311 articles
フィルターをクリアにする
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

レッドブル・ホンダ、イモラで今季初勝利。しかしホーナー代表「勢力図を見極めるにはあと数戦必要」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスとのパフォーマンス差を確認するには、あと数戦が必要であると語った。

マクラーレン、ファクトリーを256億円で売却、財務強化進む。20年間のリースバックも契約

マクラーレンは、英ウォーキングにあるF1および市販車のファクトリーを約256億円で売却し、20年間のリースバック契約を結んだことを発表した。

痛恨スピンで11位のペレス「チームに申し訳ない」さらなる活躍をレッドブルも期待

セルジオ・ペレスは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPで11位ノーポイントに終わったことについて、レッドブルに自身のミスを謝罪した。

ルイス・ハミルトン、ジョージ・フロイドを殺害した警官への”有罪判決”にコメント「記念碑的な出来事」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、白人警官がジョージ・フロイド殺害で有罪判決を受けたことについてSNSにコメントを投稿。「記念碑的な出来事だ」と語った。

マクラーレンF1代表、ノリスの”速さ”をベタ褒め「表彰台は当然の結果だ」

マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、エミリア・ロマーニャGPでランド・ノリスが表彰台を獲得したことは、予選までの速さを裏付けるモノだったと語る。

ボッタスのマシンは”ほぼ全損”。予算制限が課される今季、今後の開発に影響を及ぼす?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝でジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)と接触したバルテリ・ボッタスのマシンが大破したことで、予算制限が課されている今季の開発に影響が及ぶ可能性があると考えている。

ハンター-レイ「エアロスクリーンに命を救われた」戦慄のクラッシュを回顧

アンドレッティ・オートスポートのライアン・ハンター-レイは、バーバー・モータースポーツパークで行なわれたインディカー開幕戦でのクラッシュを振り返り、エアロスクリーンにより命を救われたと語った。

スーパーGT開幕戦、日産勢は苦戦も「マシンの開発状況には自信がある」と松村総監督

日産系チーム総監督の松村基宏は、スーパーGT開幕戦で日産勢が下位に沈んだものの、そのペース自体は心強いものであったと語った。

7回王者の危機を救ったリバースギヤ……コースオフしたハミルトンの“逆走”が許されたワケ

ルイス・ハミルトンはF1エミリア・ロマーニャGPでコースオフした際、逆走して本コースに復帰したが、この行為がなぜ合法なのかについて、レースディレクターのマイケル・マシが説明した。

ランド・ノリス、再スタートでソフトタイヤ装着は「正しい判断だった」チームの決断を称賛

マクラーレンのランド・ノリスは、F1エミリア・ロマーニャGPの赤旗中断から再開する際にソフトタイヤを装着した。無事に走りきり3位表彰台を獲得したが、当初はその戦略に自信を持てなかったと語った。

ラッセル、大クラッシュから1日が経ち謝罪文を発表「感情が高ぶり、我を忘れてしまった」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでクラッシュした後の行動を含め、謝罪文を発表した。

リスタート直前にフェルスタッペンがあわやスピン……ルクレールはあそこで追い抜くべきだった?

フェラーリのシャルル・ルクレールは、赤旗後の再スタート時に前を行くマックス・フェルスタッペンがコントロールを乱した時、フェルスタッペンからポジションを奪わなかった理由について説明した。

ボッタス、ラッセルの発言に反論「誰にだって同じようにディフェンスする」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1エミリア・ロマーニャGPのクラッシュについてウイリアムズのジョージ・ラッセルが「彼は僕以外のドライバーならああいう動きをしなかった」と語ったことに反論。「誰に対してもディフェンスする」と語った。

角田裕毅、イモラで連日のミスにより入賞逃す「プッシュする必要などなかったのに」

F1エミリア・ロマーニャGPの決勝を最後尾からスタートしながら、一時はポイント圏内まで浮上していたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。しかしスピンにより入賞を逃したことについて、「同じようなミスはもうしない」と語った。

スーパーGT第2戦富士のエントリーリスト発表。1号車STANLEYは山本、武藤、牧野の3名を登録

富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT第2戦のエントリーリストが明らかとなった。

DAZN×アルファタウリF1「年間視聴パス」特典プレゼント、第2弾は角田サイン入りキャップ

DAZNとアルファタウリがコラボレーションした「DAZN年間視聴パス」。このパスの特典として、毎月豪華プレゼントが当たるキャンペーンが付与されているが、その4月の賞品が角田裕毅のサイン入りキャップに決まったことが明らかになった。

マルク・マルケス、大怪我からの復帰戦に涙。MotoGP7位完走に「夢が叶った」と感情爆発

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、2021年のMotoGP第3戦ポルトガルGPでレースへ復帰し7位を獲得。レース終了後のガレージでは涙を流す姿が捉えられたが、彼は「感情が爆発した」とそれを振り返った。

イモラで衝撃の高速クラッシュ。ボッタスは「明らかにラッセルのミス」だと主張

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPで起きた大クラッシュについて、明らかにジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)のミスだと主張している。

9番手フィニッシュのライコネン、ペナルティで入賞逃す。リスタート時にスピン、その後の手順が違反に

アルファロメオのキミ・ライコネンは、F1エミリア・ロマーニャGPのレース後に30秒のタイムペナルティを受けたため、ポイントを失った。

ホンダ田辺豊治F1テクニカルディレクター、今季初勝利を喜ぶも「ここで安心することは許されない」

ホンダF1の田辺豊治F1テクニカルディレクターは、マックス・フェルスタッペンが優勝したエミリア・ロマーニャGPを振り返り、この勝利で「安心することは許されない」と語った。

【F1動画】2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝ハイライト

2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝の、DAZNのハイライト動画

Q2敗退のベッテル、”我慢の時”はまだ続く……「あと少し、クルマに対する自信が足りない」

セバスチャン・ベッテルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの予選Q2で敗退したことを受けて、アストンマーチンのマシンを信じきれるようになるまで、もっと耐える必要があると感じている。

F1エミリア・ロマーニャGP決勝速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペン今季初優勝! 角田裕毅13位

F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝した。角田裕毅は13位だった。

角田裕毅、最後尾からいざ決勝へ「昨晩はあまり眠れなかった。マシンを信じて、全力で挑む」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースを前にコメント。昨晩はあまりよく眠れなかったが、マシンの力を信じて、全力を尽くすと語った。

レッドブルが“数的優位”で臨む決勝……「彼らの方が戦略面で良いカードが揃っている」とハミルトン

ルイス・ハミルトンは、F1エミリア・ロマーニャGP決勝に向けて、レッドブルが戦略的に“良いカード”を持っていると考えている。

F1マイアミGPの2022年開催が決定。ハードロックスタジアムを中心とした特設コースが舞台

F1は、来年の開催カレンダーにマイアミGPが加わることを発表。ハードロックスタジアムの周辺に特設されるコースでの開催契約を10年間にわたって結んだことが明らかになった。

ペレス、予選2番手獲得に驚き「マシンとの調和はまだまだ……」ソフトタイヤスタートには懸念なし

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの予選で2番手を獲得したセルジオ・ペレスは、この結果に驚きを隠しておらず、レッドブルのマシンとの調和にはまだ時間がかかると話した。

アルファタウリ・ホンダ「最大限のポイントを獲るために、ふたりのドライバーとアグレッシブに戦う」

エミリア・ロマーニャGPの決勝レースに向け、アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、積極的に戦い、ふたりのドライバーが揃ってポイントを獲得できるようにしたいと語った。

ペレス「僕はポールポジションを獲るべきだった」最終周最終コーナーのミスを悔やむ

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選Q3最後のアタックで、最終コーナーでミスを犯したことでポールポジションを逃したと悔しがった。

アルファタウリのテクニカルディレクター、角田裕毅のクラッシュは「新人が成長していく過程」

角田裕毅のクラッシュについて、アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、「新人が成長していく過程のひとつ」だと語った。

アロンソ、Q2敗退の責任は自分にあると認める「僕に速さがなかった。マシンの限界を知る必要がある」

F1エミリア・ロマーニャGPの予選で15番手に終わったフェルナンド・アロンソは、アルピーヌのマシンの限界がどこにあるのかを確信できていないと語る。

ハミルトン、渾身のアタックに大満足「レッドブル2台の前に出られるとは思っていなかった」

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンは、レッドブル勢を上回ることができるとは思っていなかったと語った。

早くも新旧王者対決? ジョアン・ミル、予選で“コバンザメ”のマルケスを批判「危険な行為だ」

スズキのジョアン・ミルはMotoGP第3戦ポルトガルGPの予選でマルク・マルケスが自身の後方すぐそばを付け回す戦略を採ったことは「危険だった」と批判した。

予選8番手に沈んだボッタス、不安定なマシンを信頼できず「これまでになかった問題が起きていた」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGP予選で8番手に終わり、マシンのリヤエンドを信頼することができなかったと語った。

角田裕毅、予選Q1で痛恨のクラッシュ「プッシュしすぎた……馬鹿げたミスだった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、エミリア・ロマーニャGPの予選Q1でクラッシュ。ノータイムに終わった。このクラッシュは自身のミスだったと、角田は語る。

ホンダPU勢は3台が予選トップ5入り「それぞれに表彰台獲得のチャンスがある」と田辺TD

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターはF1エミリア・ロマーニャGP予選で3台がトップ5に食い込んだことについて「3台それぞれに表彰台獲得のチャンスがある」とコメントした。

ノリス、痛恨の”トラックリミット”でタイム抹消も予選で見せ場作る「チームの仕事のおかげ」

マクラーレンのランド・ノリスは、予選Q3の終盤に3番手相当のタイムを記録しつつも、トラックリミットを越えたとしてタイム抹消……結局7番手に終わった。ノリスはこのミスについて「自分自身に腹を立てている」と語った。

【F1動画】第2戦エミリア・ロマーニャGP予選ハイライト

2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGP予選の、DAZNのハイライト動画

F1エミリア・ロマーニャGP予選速報:レッドブル及ばずハミルトンPP。角田裕毅はクラッシュで最下位

F1エミリア・ロマーニャGPの予選ではルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。角田裕毅はQ1でクラッシュを喫したため20番手に終わった。

F1エミリア・ロマーニャFP3速報:フェルスタッペンがトップタイム、ガスリー6番手、角田11番手

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は11番手だった。

ルクレール、FP2でクラッシュもマシンに自信「予選を楽しみにしている」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、エミリア・ロマーニャGPの初日に印象的な走りを披露。「土曜日を楽しみにしている」と語る一方で、「トップチームに近いとは信じ難い」と慎重な姿勢も見せた。

メルセデス、イモラでセットアップ面に大きな進歩? ボッタス「前進したと実感ができた」

F1エミリア・ロマーニャGPの初日をワンツーで終えたメルセデス勢は、マシンのフィーリングが進歩したことに満足しているようだ。

フェルスタッペン、ドライブシャフトのトラブルに見舞われるも「何をすべきかは分かっている」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ドライブシャフトの問題でエミリア・ロマーニャGPのFP2の走行を早々に切り上げることになったが「何をすべきかは分かっている」と語った。

角田裕毅FP1では最下位も、FP2では7番手に前進「FP3でさらに前進できることを願っている」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、FP1でトラブルに見舞われ最下位となったものの、FP2では7番手に前進。土曜日にはさらに競争力を発揮できることを期待していると語った。

【動画】角田裕毅がF1エミリア・ロマーニャGPに向けて意気込みを語る

イモラ・サーキットで行なわれるF1第2戦エミリア・ロマーニャGPに向けて、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が意気込みを述べた。

イモラF1でサーキット内の光ファイバーに問題発生! テレビや無線交信が機能しない異常事態

エミリア・ロマーニャGPでは、サーキット内の光ファイバーに問題が発生。F1の様々なデータ送受信が停止する事態に陥った。

スピンが続くマゼピン……ハースF1代表「彼は少し攻めすぎている」

ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目で2度のスピンを喫したニキータ・マゼピンについて、少し頑張りすぎていると考えている。

フェルナンド・アロンソ、4度目のインディ500挑戦はあるのか?「また走るかどうかは分からない」

フェルナンド・アロンソはこれまでインディ500制覇を大きな目標に掲げてきたが、今後再挑戦するかどうかは分からないと語った。

アルファタウリのガスリー、初日はトップに肉薄する好タイム「これまでで最もよかった金曜日」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、トップと僅差のタイムをマークしたF1エミリア・ロマーニャGP初日を「チームとしてこれまでで最もよかった金曜日」と表現した。

【F1動画】第2戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行2回目ハイライト

2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGP。その初日に行なわれたフリー走行2回目の、DAZNのハイライト動画

F1エミリア・ロマーニャFP2速報:メルセデス勢に続きガスリー3番手。角田7番手、フェルスタッペンはトラブル

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目では、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

FP1で接触のオコンとペレス、お互い処分はなし。大規模な通信トラブルが事故の遠因に

F1エミリア・ロマーニャGPのFP1で接触したセルジオ・ペレスとエステバン・オコンは、赤旗の原因を作ったものの処分を免れた。

FP1で20番手に沈んだ角田裕毅、電気系のトラブル発生。トスト代表「FP2までにそれを解決したい」

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのFP1で20番手に沈んだアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。フランツ・トスト代表によると、電気系のトラブルが発生していたようだ。

【F1動画】第2戦エミリア・ロマーニャGPフリー走行1回目ハイライト

2021年のF1第2戦エミリア・ロマーニャGP。その初日に行なわれたフリー走行1回目の、DAZNのハイライト動画

F1エミリア・ロマーニャFP1速報:ボッタス首位、フェルスタッペン僅差3番手。角田は黄旗でタイム出せず20番手

F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は20番手だった。

複雑な現代F1をもっと分かりやすく! アマゾン提供の新グラフィックが今季中に続々追加予定

F1はレース中継を通してファンにより多くの情報を届けるため、今シーズン中に新たに6つのグラフィックを追加する予定だ。

松山英樹に続け! 角田裕毅「僕も日本のファンに良い結果を見せたい。まずはチームのために入賞を」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1での2戦目エミリア・ロマーニャGPに向け、マスターズで勝利を手にした松山英樹を引き合いに出し、「日本のファンに良い結果を見せたい」と語った。

ペレス、レッドブルへのさらなる適応を目指す。前戦は予選Q2敗退も「リスクを覚悟した戦略は続ける」

セルジオ・ペレスは、バーレーンGPの予選Q2で敗退したにも関わらず、レッドブルはこれからもリスクを覚悟した予選戦略を立てていかなければならないと語った。

新型コロナ陽性でクルーチーフが隔離……王者ジョアン・ミル、第3戦ポルトガルへ向け痛手

MotoGPの2020年王者であるジョアン・ミルは、第3戦ポルトガルGPへクルーチーフを欠いた状態で挑むことになった。

F1カナダGP、コロナへの懸念で今年も開催中止が濃厚か? 代替レースはトルコGPが有力

F1はプロモーターとの話し合いを続けていると主張しているものの、今季のカナダGPの開催が危ぶまれているようだ。