F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
17 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
10 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
1,194 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

2021年のF1新規則、10月末の決定に向け最終局面に。16日にパリで最後の会議

F1における2021年版レギュレーションの決定に向け、10月16日にパリで会議が行われる。

2021年のタイヤウォーマー使用は“ひとまず”可能に。今後は段階的に禁止する方針

2021年シーズンにおけるタイヤウォーマー使用禁止の規則導入は見送られることとなったが、タイヤウォーマーは今後段階的に禁止されていくようだ。

F1の予選レース実施に向けて議論が盛んに。スパなどが開催候補地に

F1は2020年または2021年に、ポール・リカール、スパ、ソチの3会場で予選レースを行いたいと考えている。

初日苦戦のルノー、Q3進出は厳しい? ドライバー間の意見は分かれる

ルノーは日本GP初日で苦戦したが、ニコ・ヒュルケンベルグが「トップ10入りすら厳しい」と語る一方で、ダニエル・リカルドは「トップ10に近い位置にいる」と考えているようだ。

FIAやF1チームは、台風19号の脅威にどう対処したのか?|F1日本GP

レーシングポイントのスポーティング・ディレクターであるアンディ・スティーブンソンはmotorsport.comのインタビューに応じ、鈴鹿サーキットに迫る台風19号からスタッフの身を守るためにチームとFIAが講じた措置について語った。

「ランオフエリアでの減速を徹底すべき」アレジ、厳罰による取り締まりを提案

元F1ドライバーのジャン・アレジは、アスファルトのランオフエリアで減速しなかったドライバーはペナルティを受けるべきだと考えている。

「強くなる機会を失った」ルノー、マクラーレンとの離別に”贈る言葉”

ルノーF1代表のシリル・アビテブールは、2021年以降のマクラーレンと、緊密なパートナーシップを結べなかったことは“機会損失”だと認めた。

2024年以降の”F1パワーユニット”はより電気的に?「世界は急速に変化している」

F1は、2024年以降のパワーユニットをどうすべきか、その議論を推し進めている。その中でルノーは電化の方向に進んでいくことを求めている一方、メルセデスは現在の形を維持することを望んでいるようだ。

カンポス、パンテーラ……相次ぐF1新規参入計画。F1側は「真剣な議論はない」

10月3日にF2チームのカンポスが、2021年からのF1参入を目指していると明らかにしたが、F1は新規参入の可能性があるチームとの「真剣な議論はまだない」と主張している。

2020年の開発にシフトしたことが、メルセデス”失速”の原因?

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、最近のレースでアップデートを投入しなかったことが、フェラーリに対して遅れを取り始めた一因だと認める。

F1年間22戦は多すぎる……フェルスタッペン「メカニックが辞めちゃうよ!」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1カレンダーが22戦に拡大されたことに疑問を呈し、メカニックの退職が続出するのではないかと語った。

ウイリアムズ、”スペアパーツ問題”が再発。クビサのリタイア理由を説明

ウイリアムズF1は、ロシアGPでジョージ・ラッセルがリタイアした問題の原因を説明、スペアパーツ不足からロバート・クビサもリタイアさせたと明かした。

ドッグファイトでルクレール完封。メルセデス、ワンツー“立役者”ボッタスを称賛

メルセデスのモータースポーツ・ストラテジーディレクターであるジェームズ・ボウルズは、ロシアGPでバルテリ・ボッタスが果たした役割を称賛した。

フェラーリPUの進歩は”異常”……メルセデスF1、今季後半は”追う立場”に?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、フェラーリ製パワーユニットのパフォーマンス向上は異常だと語った。

「1周目はもう少し“紳士的”にいこうよ」接触リタイアのグロージャンが提言

ロマン・グロージャンは、ドライバーたちが1周目にもう少し“紳士的”にレースをする必要があると主張した。

VSC発令は、メルセデスが願っていた”奇跡”

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1ロシアGPでフェラーリ勢を破り1-2フィニッシュを決めたことは、奇跡的なことだと語る。

VSC発令は避けられず。フェラーリ「安全のためベッテルはすぐ停まる必要があった」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルのマシンはトラブルが発生した後すぐにストップしなければならなかったため、バーチャル・セーフティカーの発令を避けられなかったと語る。

フェラーリ代表、ロシアGP”チーム内合意”の詳細を明かす

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1ロシアGPの決勝前にセバスチャン・ベッテルやシャルル・ルクレールと交わした”合意”の詳細を説明した。

ピレリ、アメリカGPに来季仕様タイヤを追加供給。全ドライバーがテストへ

ピレリは、アメリカGP金曜日に来季仕様のタイヤを持ち込むことを決定。全ドライバーが、フリー走行でこれをテストすることができるようだ。

マクラーレン、2021年にPUをスイッチ。マクラーレン・メルセデスが復活へ

マクラーレンは、2021年から少なくとも4年間、メルセデスからパワーユニットの供給を受ける契約を結んだことを発表した。

フェラーリの躍進、その鍵は“グリップ増加”とセットアップの自由度?

セバスチャン・ベッテルは直近のフェラーリの復活について、グリップが全体的に増したことで、セットアップがより自由度を増やした事が要因だと語った。

ラッセル、ヒュルケンベルグがチームメイトになっても「力を示す良い機会」と自信

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、来季のチームメイトが経験豊富かつ速いドライバーである、ニコ・ヒュルケンベルグとなった場合も歓迎すると話した。

無線ではもう黙る? ルクレール、シンガポールGPから“学び”を得る

シャルル・ルクレールはシンガポールGPから学ぶことで、チームにネガティブな無線を飛ばよりも“黙る”つもりだと語った。

フリー走行で使えるタイヤを制限? 2021年の規則改正に向け議論もピレリは反対

2021年のF1における規則改正に向けて、タイヤに関する様々な議論が行われているが、ピレリのマリオ・イゾラはそれらに反対した。