フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
595 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

元F1会長キャリーの功績をリバティ・メディアが称賛「馬鹿なアメリカ人と笑われたりもしたがよくやった」

リバティ・メディアは、F1における予算制限をチェイス・キャリー主導で導入したことについて、“馬鹿なアメリカ人”と笑われるよりもむしろ称賛されるべきだと語った。

アメリカ人ドライバー、乗せてみませんか? F1のCEOがアメリカでの市場拡大戦略を語る

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、各チームがアメリカ人ドライバーの起用を検討しているかどうかを確認しているようで、今後数年の内にこういった働きかけの成果が出ると信じている。

ピレリ、来季導入の18インチ新F1タイヤの開発進捗は順調「内部構造に関しては80~90%」

F1にタイヤを供給しているピレリは、来季に導入される18インチタイヤについて、構造の最終決定まで80~90%ほど開発が進んでいるという。

ジョビナッツィ、スペインGPは不運重なり15位。ガレージで作業中に新品タイヤのバルブ破損

F1スペインGPでアントニオ・ジョビナッツィのピットストップに時間がかかったのは、オペレーション上の問題でタイヤにトラブルが発生したことが原因のようだ。

サインツJr.「レースはタイヤ劣化が問題になる」ポルトガルでも苦しんだ問題未解決で決勝へ

フェラーリのカルロス・サインツJr.はF1第4戦スペインGP、はタイヤマネジメントに悩まされることを予想しており、レースは厳しいものになるだろうと語った。

F1ドメニカリCEO、ハミルトンの進退決断を尊重も「F1は彼無しでもやっていけるはず」

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、今シーズン限りで7度のF1ワールドチャンピオン、ルイス・ハミルトンが引退する可能性があっても、F1は十分に「強固」であると語る。

F1トルコGP開催への影響は? イギリス政府がトルコを渡航規制の対象“レッドリスト”に追加

F1は、イギリス政府がトルコを“レッドリスト”に入れて渡航を制限すると発表したことを受けて、それが6月開催予定のF1トルコGPへ与える影響について調査している。

アストンマーチンF1、ポルトガルGPで登場のアップグレード・パッケージをベッテル車にも導入へ

アストンマーチンは、F1第3戦ポルトガルGPでランス・ストロールのマシンにアップグレード・パッケージを導入した。スペインGPでは、セバスチャン・ベッテルのマシンにもこのアップグレードが導入されるようだ。

ラッセル、Q3進出まであと一歩……! 予選11番手からの決勝は「ポイントを狙わないといけない」

F1ポルトガルGPの予選で11番手を獲得したウイリアムズのジョージ・ラッセルは、決勝では「ポイントを狙っていかなければならない」と語った。

サインツJr.、予選の達人ルクレールにも追いつける? 『区間ベストを繋げれば……イケる!』

フェラーリのカルロス・サインツJr.は自身の最速セクタータイムを考えると、予選でチームメイトのシャルル・ルクレールに追いつくことは可能だと考えている。

アストンマーチンF1、ベッテルの復調に期待「イモラの不運は彼のせいではない。ドライでは速かった」

アストンマーチンのオットマー・サフナウアー代表は、今季厳しいスタートを切ったセバスチャン・ベッテルが「自分を責めすぎてはいない」と主張している。

マクラーレン代表、来季以降のテスト日程拡大を望む「2回テストをすることが理にかなっている」

マクラーレンF1チームのアンドレアス・ザイドル代表は、プレシーズンテストの日数が来季から例年通りに増えることを望んでいる。

【F1分析】開幕2戦で露呈した“移籍組”の低調ぶり。なぜ彼らはここまで苦しんでいるのか?

2021年のF1は開幕2レースが終了したが、特にチームを移籍したドライバーたちの苦戦が目立っている。今、彼らに何が起こっているのだろうか‏?

予選好調のラッセルが“先輩イジり”? Q1でのミスは「マルドナドみたいだったよ!」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGP予選で最初のアタックを始める前、“パストール・マルドナドのような瞬間”があったと説明した。

イモラF1でサーキット内の光ファイバーに問題発生! テレビや無線交信が機能しない異常事態

エミリア・ロマーニャGPでは、サーキット内の光ファイバーに問題が発生。F1の様々なデータ送受信が停止する事態に陥った。

FP1で接触のオコンとペレス、お互い処分はなし。大規模な通信トラブルが事故の遠因に

F1エミリア・ロマーニャGPのFP1で接触したセルジオ・ペレスとエステバン・オコンは、赤旗の原因を作ったものの処分を免れた。

F1カナダGP、コロナへの懸念で今年も開催中止が濃厚か? 代替レースはトルコGPが有力

F1はプロモーターとの話し合いを続けていると主張しているものの、今季のカナダGPの開催が危ぶまれているようだ。

【F1分析】アルファタウリ・ホンダは2021年に”サプライズ”を起こせるか?

角田裕毅が加入し、2021年のF1開幕戦で印象的な活躍を見せたアルファタウリ・ホンダ。今後も、彼らの活躍は続くのだろうか? 開幕戦を見る限り、そうなる可能性は高そうだ。

FIA、F1マシンの車検を強化。レース後1台をランダムに選出し、徹底調査……その理由とは?

FIAの技術部門は、ますます複雑化するF1テクニカルレギュレーションの監視を強化するため、今季開幕戦バーレーンGPから、新たな”秘策”を導入した。

アストンマーチン代表、空力規則変更に「昨年から反対していた」ローレーキのマシンへの影響を危惧

アストンマーチンのオットマー・サフナウアー代表は、ローレーキコンセプトを採用しているチームは昨年から、空力規則変更で大きなダメージを受けると警告していたと明かした。

セルジオ・ペレス、レッドブル初戦で見事な挽回5位も満足遠く。「もっとクルマに適応しないと」

セルジオ・ペレスは開幕戦バーレーンGPを終えて、レッドブルのマシンに適応するためにドライビングスタイルを調整する必要があると語った。

角田裕毅、F1デビュー戦9位は”満足”。でも「最終ラップでストロールを抜けなければ眠れなかったはず」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、最終ラップでアストンマーチンのランス・ストロールを抜くことができていなければ、その日は眠れなかっただろうと語った。

セルジオ・ペレス、不慣れなレッドブルのマシンを”自ら”再始動。強みの「冷静さ」をいきなり発揮

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1開幕戦バーレーンGPのフォーメーションラップでトラブルに見舞われ、一時コース脇にマシンを止めた。しかしそこから復旧。この迅速な行動を、チームは称賛する。

F1レースディレクター、今季は1周目のアクシデントのペナルティ判断基準を厳格化

F1レースディレクターであるマイケル・マシは、F1ドライバーたちに対し、今季は1周目のインシデントに対して厳しい裁定を下すと伝えたようだ。

バーレーンGP初日は”控えめ”だったベッテル「試したいことはまだたくさんある!」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、控えめに終わったバーレーンGP初日について、まだたくさんやることが残っていると語った。

【訃報】元F1ドライバー、ジョニー・ダンフリーズ亡くなる。享年62歳

元F1ドライバーであり、1988年のル・マン24時間レースを勝利したジョニー・ダンフリーズが亡くなった。62歳だった。

アルファタウリ、バーレーン政府提供のCOVIDワクチンをメンバー全員が受ける

アルファタウリのチーム代表であるフランツ・トストは、バーレーン政府が提供する新型コロナウイルスのワクチンを、チームとして利用していることを認めた。

ダウンフォース”10%削減”レギュレーション……対策できたかは実際に走るまで分からない??

今季のF1に課された、空力面のレギュレーション変更。これによりF1チームは、大きな課題を抱えることになった。

ハースF1、ついに新車VF-21を始動。バーレーンテスト初日がシェイクダウンに

ハースF1チームはプレシーズンテスト直前の3月10日に、ついに新車VF-21のパワーユニットに火を入れることができた。

ピレリ、F1へのタイヤ供給を2024年末まで延長。18インチタイヤ導入遅れが考慮される

ピレリはF1へのタイヤ供給契約を2024年まで延長することを発表。新レギュレーション導入の遅れが考慮されたようだ。

F1が近い将来アフリカに帰ってくる? 新規開拓のため、既存開催地の持ち回り開催も視野

F1のカレンダー担当によると、F1は将来のスケジュールにアフリカでのレースを追加することを優先事項のひとつとしているようだ。

ハースF1、今季はアップデート一切なし? 2022年に”完全集中”「リスクは覚悟している」

ハースF1チームは、2021年のF1マシン開発を断念し、新規則が導入される2022年に向けて早々にリソースを集中させることにしたようだ。

大幅収入減のF1、リバティ・メディアCEOは今後の回復に“自信”

リバティ・メディアのCEOであるグレッグ・マフェイは、2020年のF1が多くの損失を計上したものの、今季は回復を目指しており、「心配はしていない」と語る。

今季初開催のF1サウジアラビアGP、今後10年はカレンダーの常連に?

F1は2021年から新たにサウジアラビアを開催地に加える。そして、F1の開催カレンダー担当によると、少なくとも今後10年は同国で開催を続ける予定だという。

2020年のF1、411億円の損失を計上。新型コロナウイルスの影響

2020年のF1は、新型コロナウイルスの影響により開幕時期が遅れただけでなく、レースの開催数が削減され、レースのほとんどは無観客で行なわれた。その結果、F1は多額の損失を計上したが、その額が明らかになった。

角田裕毅にアルファタウリが”絶大なる”期待を寄せる理由……今季最も経験豊富なルーキー

角田裕毅は、FIA F3とFIA F2をそれぞれ1年ずつで卒業し、渡欧3年目という脅威的な速さでF1に辿り着いた。その角田に、所属チームであるアルファタウリが絶大な期待を寄せている。

アレジ&アルヌーがモナコ・ヒストリックGP参戦へ。フェラーリ312B3をドライブ

ジャン・アレジとルネ・アルヌーが、4月23〜25日にモナコで行なわれるヒストリックGPにチームメイトとして参戦。1974年のフェラーリ312B3を走らせることになった。

ベッテル、自慢のスーパーカーコレクションの一部を販売中。フェラーリら超高級モデルがズラリ

セバスチャン・ベッテルは現在、自らが所有するスーパーカー8台を売りに出しており、既に2台は売却が成立したようだ。

アイルトン・セナが”1戦1億円”のギャラでF1を戦った伝説的シーズン:1993年

ルイス・ハミルトンとメルセデスの今季のドライバー契約が、ようやく締結された。ただ彼らの関係は、最悪の場合には1993年のアイルトン・セナとマクラーレンのような関係に陥っていた可能性もある。

ハミルトン、F1イタリアGP痛恨ペナルティの裏側。担当スチュワード「説明すれば分かってくれる」

F1スチュワードのギャリー・コネリーは、昨年のイタリアGPでペナルティを受けたルイス・ハミルトンとFIAの間で交わされたやり取りの詳細を明らかにした。

F1空力開発ハンデ導入で、翌年向け開発へ”注力”のタイミングは変わる?

F1に2021年から導入されるいわゆる”空力開発ハンデキャップ”。これにより、各チームが翌年用マシンの開発にリソースを振り分けるタイミングに、どんな影響を及ぼすのだろうか?

グロージャン&マグヌッセンの代役起用もあり得る? ハース代表が可能性示唆

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は2021年シーズンで代役ドライバーが必要となった場合、昨年まで所属していたロマン・グロージャンやケビン・マグヌッセンを起用する可能性を否定していない。

空力開発ハンデの影響を最も受けるメルセデス「我々はそれに適応しようとした」

2021年から施行される空力開発ハンデ。その影響を最も大きく受けるメルセデスは、実験を効率化することで、その影響を軽減させようとしている。

2021年、各チームに課される空力開発ハンデとは? 鍵となるのは”6月30日”

2021年から導入される空力開発ハンデキャップ。各チームに課される制限値は? 6月30日、そしてフランスGPがひとつの鍵になるかもしれない。

フェルスタッペンの”3位を奪った”ペナルティ。最も判断が難しかった一件?

F1のスチュワードであるギャリー・コネリーは、2017年アメリカGPでレッドブルのマックス・フェルスタッペンに科したペナルティは、これまでの判断で最も難しいもののひとつだったと語る。

新たに施行されるF1”空力開発制限”は、”努力と効率”が報われるハンデキャップ?

2021年シーズンから、F1には様々な新しい規則が導入される。各チームの空力開発時間を制限する”空力試験制限”もそのひとつ。強いチームほど少なく、弱いチームほど多く風洞実験やCFDを行なうことができるのだ。ある意味F1で初の”ハンデ”ということになる。

F1チームの短い冬休み、宿題は山盛り! 予算制限や新レギュレーションにどう対応する?

F1チームが冬の間、新車の準備や最新のレギュレーションへの対応に追われていることは周知の事実だが、このオフシーズンには新たなアプローチが必要とされている。

リオデジャネイロ、新サーキット建設を断念。F1開催目前まで進んだ計画は頓挫

ブラジルのリオデジャネイロ郊外にある森にサーキットを計画するという計画が中止されたと、自治体の関係者が明かした。

シューマッハー、2018年フェラーリをドライブ「走るのが待ち遠しかった」

2021年にハースからF1デビューすることになっているミック・シューマッハーが、1月28日(木)にフィオラノ・サーキットで行なわれたフェラーリのテストに参加。SF71Hを走らせた。

メルセデス、失われたダウンフォースは取り戻せた?「2021年の開発作業は”楽しめた”」とアリソン

メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、空力レギュレーションの変更により、失われたダウンフォースを取り戻す作業は楽しかったと語った。

【訃報】エイドリアン・カンポス亡くなる。元F1ドライバーで、カンポス・レーシングのオーナー

カンポス・レーシングのオーナーでミナルディの元F1ドライバーであるエイドリアン・カンポスが60歳で亡くなった。

ロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ、Netflix新作のF1題材映画で共演

ネットフリックスはロバート・デ・ニーロ、ジョン・ボイエガといった著名俳優出演によるF1の世界を舞台としたクライム映画の制作を進めている。

ラリー・モンテカルロにゲスト参加のオコン、WRCドライバーの“度胸”に脱帽

WRC開幕戦ラリー・モンテカルロにゲスト参戦したアルピーヌF1のエステバン・オコンは、WRC初体験後に「ラリードライバーには脱帽だ」と褒め称えた。

F1オーナーのリバティ・メディア、さらなる買収を計画? 500億円以上の資金を調達へ

F1オーナーのリバティ・メディアは、買収を目的とした子会社を立ち上げ、5億ドルの資金を調達しようとしている。

レッドブル、PU開発凍結が実現しない場合は“F1活動の見直し”も「これは脅しではない」

ヘルムート・マルコは、2022年以降のPU開発凍結を提案するレッドブルのスタンスは“脅し”ではないと語る。

「チームのことは心配ないさ!」オコン、アルピーヌF1の新首脳陣に大きな期待感

エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームの新首脳陣が謙虚でやる気に満ちあふれているため、何も心配することはないと感じているようだ。

ニッサニー、2021年もウイリアムズのテストドライバーに。FP1にも3回出走へ

ロイ・ニッサニーは、2021年もウイリアムズF1チームのテストドライバーを務めることになった。

F1モナコGP、今年は開催できる? オーガナイザーはフォーミュラE含め”順調”だと主張

モナコGPのオーガナイザーであるACMは、新型コロナウイルスに関する規制が続いている中でも、すべてのイベントの準備が計画通りに進んでいると主張している。

ベッテルの存在がストロールを高みへと導く? アストンマーチン代表が期待

アストンマーチンF1のオットマー・サフナウアー代表は、新たにチームへ加入する4度のF1王者セバスチャン・ベッテルの存在が、チームやランス・ストロールに多くの学びをもたらすだろうと語った。

ブラジルでのF1開催に暗雲? 裁判所が”契約の一時停止”を決定

F1とサンパウロGPのプロモーターの間で交わされた開催契約は、裁判所の介入に伴い、一時停止されることになった。これにより、同グランプリの開催が危機に直面している。