フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
16 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

角田裕毅、渡欧からわずか2年でF1昇格。関係者たちが目の当たりにした彼の“すごさ”とは?

FIA F2のルーキーシーズンで大躍進を遂げ、F1シートを射止めた角田裕毅。彼を特別な存在にした要因は何なのだろうか? 角田本人と、彼と共に仕事をしてきた人間に話を聞いてみた。

元F1ドライバーのロベルト・メリ、MPモータースポーツからFIA F2に復帰か? 

元F1ドライバーのロベルト・メリは、FIA F2に3シーズンぶりの復帰を果たす可能性があるようだ。

角田裕毅はガスリーに匹敵する速さを見せるはず……F2時所属チームオーナー語る

2021年にアルファタウリ・ホンダからF1デビューする角田裕毅について、F2時代の所属チームであるカーリンのオーナーであるトレバー・カーリンは、1年目からチームメイトのピエール・ガスリーを脅かすかもしれないと考えている。

DAMS代表、F2開幕戦で活躍のティクトゥムを称賛「成熟したスポーツマンになった」

DAMSのチーム代表であるフランソワ・シカールは、今季からFIA F2にフル参戦しているダニエル・ティクトゥムが“成熟したスポーツマン”に成長したと語った。

どんな環境でも結果を残す。レッドブルが無視できなかったイゴール・フラガの才能〜前編〜

2020年からレッドブルジュニアの一員となったイゴール・フラガ。日本でレースキャリアを始めた彼がここまでたどり着くには、様々な紆余曲折があった。前編では彼のキャリア初期を本人のインタビューと共に紐解いていく。

セッテ・カマラ、SF電撃参戦! フィッティパルディに代わりB-Maxに加入

レッドブル・ホンダのリザーブドライバーであるセルジオ・セッテ・カマラは、ピエトロ・フィッティパルディに代わってB-Max Racing with motoparkからスーパーフォーミュラに参戦することとなった。

ガスリーに続け! レッドブル期待の星、ヴィップスは日本で成功を収められるか?

2020年のスーパーフォーミュラに参戦するユーリ・ヴィップスは、異国のチームでスタッフと良い仕事をすることが大変だとしながらも、ピエール・ガスリーらの成功例は励みになると感じている。

角田、トヨタ・レーシングシリーズ参戦。同じレッドブル育成のローソンと一騎討ち?

ホンダ、そしてレッドブルの育成ドライバーである角田裕毅は、2020年1月にニュージーランドで開幕するトヨタ・レーシングシリーズに参戦する。

アウディ、スーパーGTのGT500参戦に興味「規則の違いが埋まる必要はあるが……」

アウディ・スポートを率いるディーター・ガスは、スーパーGTのGT500クラスに参戦することについて大いに興味を持っていると語った。

フォーミュラ・ヨーロピアン・マスターズ、シリーズ開催が中止に

F3欧州選手権を引き継ぐ形で今回から開催が予定されていたフォーミュラ・ヨーロピアン・マスターズだが、参戦ドライバーが十分な数集まらず、シリーズの立ち上げ自体がキャンセルされることになった。

フルーシュ、脊柱を骨折。搬送された日本人カメラマンの状況も明らかに

F3決勝レースで大クラッシュを喫したソフィア・フルーシュは、脊柱を骨折していたことがわかった。

F3マカオ予選:ティクトゥムがPP獲得。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高

F3マカオGPの予選が行われ、レッドブル育成のダニエル・ティクトゥムがポールポジションを獲得。カラム・アイロットが2番手となった。日本勢は佐藤万璃音の7位が最高位。

フォルクスワーゲン、2018年限りでF3エンジン供給に幕。別事業に注力

フォルクスワーゲンは、カスタマーレーシング事業に注力するため、2018年限りでF3シリーズへのエンジン供給を終了させる。

ミック・シューマッハー、今季もプレマからF3欧州選手権に参戦決定

ミック・シューマッハーが、今シーズンもプレマからF3ヨーロッパ選手権に参戦することが決定した。

女性ドライバーら、"性別限定レース推進派"女性のFIA委員任命に反発

女性レーシングドライバー達は、"女性限定レース推進派"のカルメン・ホルダがFIAの役職に任命されたことに対し反感を示している。

【F3欧州】モンツァ・予選1:カーリン上位独占。佐藤12位、牧野16位

F3ヨーロッパ選手権のモンツァラウンドレース1予選が行われ、カーリン勢が上位を独占。佐藤万璃音は12位、牧野任祐は16位になった。