F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
1,230 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ピレリ”18インチタイヤ”の年内開発テストを完了。ラッセルが200周以上走破

ピレリはアブダビで、メルセデスの協力の下18インチタイヤのテストを2日間にわたって実施。このテストでは、ジョージ・ラッセルがメルセデスのF1マシンをドライブ。ピレリは年内全てのテストプログラムを完了した。

メルセデス、F1長期参戦の鍵は”親離れ”?「ダイムラーの寄与を減らすことが重要」

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、親会社であるダイムラーの寄与を減らすことができれば、長期的にF1に参加することができると語った。

「僕に原因がある」ベッテル、厳しいシーズンを終えての心境語る

セバスチャン・ベッテルはフェラーリ5年目のシーズンを振り返り、自分自身を見つめ直す必要があると感じているようだ。

ルノー、進む組織再編。シャシー部門責任者ニック・チェスターがチームを離脱

ルノーは技術部門の再編を進めており、その一環としてシャシー部門の責任者を努めていたニック・チェスターがチームを離脱することが発表された。

夢のチャンピオンチームに……2021年に向けメルセデスに“売り込む”ドライバーたち

メルセデスのルイス・ハミルトンによると、ライバル陣はメルセデス加入を望んで、チーム代表のトト・ウルフへ“ラブコール”をかけているという。

メルセデス代表、チームを離れる意思はなし?「今以上に良い環境は想像できない」

メルセデスF1チームのトト・ウルフ代表は、メルセデス以上に良い環境は想像できないと語った。

2020年のF1エントリーフィー、メルセデスが史上最高額の約6億円支払いへ

2019年のF1でコンストラクターズチャンピオンを獲得したメルセデスは、2020年に史上最高額となる約5億9705万円のエントリーフィーを支払うこととなった。

2020年のF1、MGU-Kの使用制限を3基に緩和。最多22戦のスケジュール考慮

史上最多の22戦で争われる2020年のF1に向けて、FIAはPUコンポーネントのうち、MGU-Kの使用制限を3基までに緩和することを決定した。

アロンソのF1復帰は“強いクルマ”必須。フェルスタッペン「でなければ時間の無駄」

マックス・フェルスタッペンは、フェルナンド・アロンソがF1に復帰する場合、競争力のある車を手にできない限り「時間の無駄だ」と語った。

F1のレース終了シグナル、チェッカーフラッグが優先に。日本GPのエラー受け変更

今後F1では、電子パネルではなく実物のチェッカーフラッグがレース終了の決定的なシグナルとして扱われることになる。

開発を始めた時点で負けていた……フェラーリ代表が分析する2019年の”敗因”

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2019年用マシンの開発をスタートした時点で、今シーズンのタイトルを”失っていた”と考えている。

F1王者は“2021年”にどこへ行く? メルセデス代表「ハミルトン移籍の可能性は25%」

メルセデスF1チーム代表のトト・ウルフは、2021年以降もルイス・ハミルトンがチームに留まることを期待しているが、フェラーリ移籍の可能性も25%は存在すると考えているようだ。

F1タイヤテスト初日:ボッタス首位、クビアト3番手。フェルスタッペンは153周走り込み

アブダビで行なわれたF1タイヤテスト初日は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。

フェルスタッペンのトラブルはホンダPUの制御系が原因。田辺TD「申し訳ない」と謝罪

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、アブダビGPでマックス・フェルスタッペンが抱えたトラブルについて、パワーユニットに原因があったとして「非常に申し訳なかった」と語った。

ベッテル、今季限りで引退の噂を一蹴? 「僕は来年おやすみらしいね!」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年限りで引退するのではとの噂を、皮肉たっぷりに一蹴した。

フェラーリから称賛されるなんて初めて! ハミルトン、ビノット代表の賛辞を喜ぶ

ルイス・ハミルトンはフェラーリのチーム代表から能力を称賛されたことについて、F1キャリアの中でも初めての事だと喜びを見せたが、“お世辞”だと謙遜してみせた。

フェラーリ、5kgの燃料搭載量”申告ミス”で600万円の罰金。ルクレール3位は確定

フェラーリは、F1アブダビGPでシャルル・ルクレールのマシンの燃料申告が不正確だったとして、5万ユーロの罰金を科されることになった。しかし、ルクレールの決勝結果に影響を及ぼすことはなかった。

ヒュルケンベルグとの最後のグランプリ。ルノーF1チームから感謝の言葉

ルノーは、アブダビGPを最後にチームを離れることになっているニコ・ヒュルケンベルグに対して敬意を表している。

「何が起きたかよく分からない」ルクレール、予選アタック“時間切れ”に首傾げ

フェラーリのシャルル・ルクレールはF1アブダビGPの予選で、時間切れになってしまいアタックを完了できなかった。彼は「何が起こったかよく分からない」と話している。

「すごく新鮮に感じられる」ハミルトン、“久しぶり”のポール獲得に喜び

F1第21戦アブダビGPでポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン。彼は最後にPPとなったドイツGP以来の“スランプ”を終わらせることができたと話した。

フェラーリ代表、2021年のハミルトン獲得を否定せずも「今のドライバーに満足」

フェラーリ代表のマッティア・ビノットは、2020年限りでメルセデスとの契約が切れるルイス・ハミルトンの獲得について否定しなかったものの、現状のドライバーラインアップに満足していると語った。

チャンピオンの余裕? ハミルトン、“実験”セットアップでマシンが不安定に

メルセデスのルイス・ハミルトンは直近2戦での“実験的”セットアップが、マシンをより不安定なものにしていると語った。

ハミルトンから謝罪のメッセージ……初表彰台を失ったアルボン「本当に良かった」

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPでメルセデスのルイス・ハミルトンと接触し、自身初の表彰台獲得を逃したが、ハミルトンから謝罪のメッセージを受け取ったことに感謝していると語る。

FP2赤旗の原因に……グロージャンと接触のボッタス、叱責処分を受ける

F1アブダビGPフリー走行2回目で接触したバルテリ・ボッタスとロマン・グロージャンは、セッション後スチュワードに召喚された。その結果、ボッタスに非があるとみなされ、叱責処分を受けた。