フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
34 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

メルセデスF1、痛恨の”マジックボタン”ミスを避けるためにフランスGPに向け小変更を加える?

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPで”マジックボタン”を押してしまったことで、目の前まで迫っていた勝利の可能性を手放してしまうことになった。チームはこの再発を防ぐため、ステアリングに修正を加えたようだ。

【F1メカ解説】ホンダがメルセデスに並んだ……”新骨格”パワーユニットとは?

2014年にF1に現行の”パワーユニット”レギュレーションが導入されて以来、メルセデスが圧倒的な強さを発揮してきた。しかし今季は、レッドブルがランキングの首位に立っている。それには、ホンダの進歩が大きな役割を果たしている。

レッドブルF1、モナコGPに”鋸状”の新型ディフューザー投入。フェルスタッペン車のみFP1で搭載

リヤウイングがフレキシブルウイングになっているのではないかとして、注目を集めているレッドブル。しかし同チームは、これ以外の場所の開発も推し進めている。

【F1メカ解説】レッドブルが使っているのは”フレキシブル”ではなく”羽ばたき"リヤウイング?

レッドブルは、スペインGPで現時点では”合法”なリヤウイングを使っているのではないかと指摘されたが、そのリヤウイングはただ後方に傾くだけではなく、フラップや翼端板が”振動する”モノであるようだ。

【F1メカ解説】度々浮上する”フレキシブルウイング”問題。FIAとF1チームの終わりなき戦い

F1チームは、重箱の隅をつつくような開発を行ない、なんとかライバルよりも優位に立とうとするもの。そんな中でフレキシブルウイングが登場、度々注目の的になった。そして今回もレッドブルがフレキシブルなリヤウイングを使っているとの疑惑がある。

各F1チームで解釈分かれる新規則のフロア。”Z字型”が2021年のトレンドになる?

2021年のレギュレーションに適したフロアの形状について、各F1チームの意見は大きく2つの意見に分かれているようだ。

マクラーレンF1、”画期的”なディフューザーを採用。他チームが真似をする?

今季のF1はダウンフォースを削減するため、空力のレギュレーションに変更が加えられた。しかし各チームはこのダウンフォースを取り戻すために、様々な解決策を採用。中でもマクラーレンはディフューザーに興味深い処理を施してきた。

アルピーヌF1の”巨大”エアボックス……その存在理由は?

アルピーヌの2021年用マシンA521は、かなり大きなエアボックスとエンジンカバーを備えており、話題となっている。なぜそれほど大きくしなければならなかったのだろうか?

【F1分析】メルセデスW11はどのようにして作られたか? “史上最速F1マシン”となる可能性も

2022年の新規則導入に先駆け、2021年はダウンフォース量を削減するレギュレーションを制定したF1。これはつまり、2020年のメルセデスW11が“史上最速のF1マシン”となる可能性が高いことを意味している。

メルセデスF1の新車W12の”重箱の隅をつつく”ような開発……この怠らない姿勢が最強の証

2014年以来、圧倒的な強さでF1の世界を支配してきたメルセデス。彼らはどこか一箇所のみが秀でているわけではなく、様々な部分での細かい開発の積み重ねが、その成績を後押ししている。少しだけ公開された新車W12にもその努力が垣間見えた。

【F1技術分析】躍進狙うアストンマーチン、開発トークンでモノコックを変更か?

アストンマーチンは、2021年に向けてより多くのパフォーマンスを引き出すため、開発トークンを使ってモノコック周辺を再設計しているようだ。

フェラーリ、新車『SF21』で冷却系を再設計? PU初始動の動画から見えてくる進歩

フェラーリは3月10日に2021年シーズンを戦う新車『SF21』を発表するが、チームが発表したPUの初始動動画で、その進歩が垣間見えた。

2021年フロア規則変更……最も大きい影響を受けるのはレッドブルかメルセデスか?

2021年のF1マシンは、昨年のマシンから開発が凍結されているため、勢力図に変化はないのではないかとの見方が強い。しかしながら、どうも一部改訂される規則には、勢力図に大きく影響を及ぼす可能性がありそうだ。

F1メカ解説|大荒れトルコで明らかになった、各F1チーム”ヒミツ”の空力

大荒れとなったF1トルコGP。再舗装されたばかりの路面に浮いた油分が、各マシンのボディワークに描き出した筋。それこそが、本来ならばチームが隠して置きたかった、空力面の秘密を暴いた……。

マクラーレン、実験的フロアをベルギーGPで先行テスト。2021年の規則変更に向けて準備

F1第7戦ベルギーGPの金曜フリー走行で、マクラーレンは来季用のフロアの先行テストを実施した。

使用禁止になった”画期的”デバイス7:フレキシブルウイング……未来永劫、魅力的な開発領域

F1に登場した最も”トリッキー”なソリューションは、柔軟性を持つウイングとボディワークだ。しかしレギュレーションでは、断固としてそれを禁止すべく対処してきた。

ルノーが抗議! レーシングポイントとメルセデスのブレーキダクトの類似性とは?

今年のレーシングポイントのF1マシン”RP20”は、昨年型メルセデス”W10”とその形状が酷似しているとして、注目を集めてきた。そんな中ルノーは、ブレーキダクトの形状が一致しているとして、正式に抗議を行なった。

レッドブル、フィルミングデーでアップデートを試す……攻撃的姿勢で開幕へ

6月25日にシルバーストンでフィルミングデーを実施し、RB16を走らせたレッドブル・ホンダ。彼らはただマシンを走らせただけでなく、開幕戦オーストリアGPに向け、新しいパーツをテストしたかったようだ。

使用禁止になった”画期的”デバイス6:圧倒的性能も”危険?” ブラバムのファンカー

1978年のスウェーデンGPでF1デビューを果たしたブラバムBT46B。”ファンカー”として有名なこのマシンほど、F1の歴史上登場してすぐに結果を残し、そしてすぐに使用が禁止された例はない。

2021年のF1、ダウンフォース削減のためフロアを縮小……意図しない結果に繋がる可能性?

2021年シーズンに向けては、基本的にはマシンの開発が凍結されることになった。しかし、そんな中でも空力開発は進んでいくことになっており、ダウンフォースの増加を抑えるためにも、フロアが小型化されることになった。

排気システムにも使用数制限導入へ……それが意味するモノとは?

レギュレーション変更の際には、時折いくつかのチームが魅力的な解釈を見つけ、勢力図の変更に繋がることもある。その差を生み出すのは、レギュレーションの隙間に隠された、ほんの小さな部分だ……。

使用禁止になった”画期的”デバイス5:安定したダウンフォース発揮のため……ブロウンディフューザー

F1マシンのパフォーマンスを探し当てるには、少々の才能が必要だ。そして既成概念に捉われない思考、そしてレギュレーションの境界を押し広げる意欲もなければいけない……。

トラブルメーカーであり革新車……フェラーリ640「美しきゲームチェンジャー」

F1マシンが目立つ時、それは数々のレースで勝利を手にしたか、素晴らしい強さでタイトルを勝ち取ったか、そのいずれか……という単純なモノではない。それ以外の要素でも、人々に記憶に残ることもある。フェラーリ640はそんな1台だ。

【F1メカ解説】”難攻不落”モナコに登場した、奇抜なアイデア……もっとダウンフォースを!

狭く、曲がりくねったモンテカルロ市街地コースで開催されるF1モナコGP。ここを攻略するためには、他のサーキットとは異なる能力……つまり多くのダウンフォースと俊敏性が必要だ。チームはこれまで、アドバンテージを築こうと、様々な解決策を投入してきた。

ダウンフォース量増大を防ぐため、フロアのレギュレーションが変更へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、現行マシンは2021年まで使われることになる。同じ規格のマシンを長年使うと、熟成が進みダウンフォース量が増してしまうのが常だが、フロアに規定を設けることで、ダウンフォースを削減することを目指すようだ。

使用禁止になった”画期的”デバイス4:勢力図を一変させた、”魔法の”ダブルディフューザー

2009年のF1シーズンは、前年限りでF1から撤退したホンダの施設とマシンを引き継いだブラウンGPが強さを見せ、奇跡的にダブルタイトルを獲得した年として長く記憶されるだろう。彼ら最大の武器はダブルディフューザーにあった。

マンセルのF1キャリアを終わらせたマシン:マクラーレンMP4/10

1995年のスペインGPを最後に、F1のキャリアを終わらせたナイジェル・マンセル。彼にとっての最後のF1マシンは、マクラーレンMP4/10ということになった。

使用禁止になった”画期的”デバイス3:抜群の安定感を実現させた『マスダンパー』

2000年代中盤に成功を収めたルノーF1チームだが、その成功の一因となったのが『マスダンパー』という秘密兵器。FIAによって禁止されるまで、他のチームもこぞって追随した。

使用禁止になった”画期的”デバイス2:ドライバーが手動で操作! 秘密兵器”Fダクト”

F1チームは、最高のパフォーマンスを発揮するため、レギュレーションで許されたギリギリまで開発を行なう。このシリーズでは、登場したものの使用禁止となったソリューションのいくつかを紹介していく。

使用禁止の画期的F1マシン:グランドエフェクトを追求、”ツインシャシー”ロータス88

F1チームは、最高のパフォーマンスを発揮するため、レギュレーションで許されたギリギリまで開発を行なう。しかし時には、”やりすぎた”事例も多数登場する……このシリーズでは、使用禁止となったソリューションのいくつかを紹介していく。

使用禁止になった”画期的”デバイス1:各チームが追従したXウイング

F1チームは、最高のパフォーマンスを発揮するため、レギュレーションで許されたギリギリまで開発を行なう。しかし時には、あまりにもやりすぎだ……という事例も多数登場する……このシリーズでは、登場したものの使用禁止となったソリューションのいくつかを紹介していく。

F1メカ解説|メルセデスを追え! フェラーリ”差を縮める”ための開発を加速

今季ここまで未勝利ではあるものの、フェラーリはメルセデスとの差を縮めるべく、様々な開発を続けている。

【F1分析】なぜF1にシャークフィンが蘇ったのか?

マシンやタイヤの幅が広くなった今季のF1は概ね好評だが、一部不評な箇所もある。シャークフィンやTウイング は、なぜ取り付けられたのか?

【F1分析】ホンダの”サイズゼロ”コンセプトが抱えていた問題点

”サイズゼロ”を謳った小さなパワーユニットと共にF1復帰を果たしたホンダは、今季メルセデスに迫るべく、このコンセプトを撤回するようだ。