F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
53 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
44 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

News and Analysis

グリッド
リスト

バーチャル・ル・マン24時間|16時間経過し、レベリオンがワンツー体制

世界最大のバーチャルレース『バーチャル・ル・マン24時間レース』は、16時間を経過し、レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツがワンツーとなっている。

“超複雑な”パワーユニット、新規参入のハードル高すぎ? 元B.A.R代表が警鐘

元B.A.R代表であるデビッド・リチャーズは、F1が2014年から導入しているハイブリッドターボエンジン規定は複雑過ぎ、新たなメーカーの参入の障壁になっていると主張した。

FIAが事故調査を受けて安全対策を提言。黄旗時にはテールライトが黄色に?

FIAはこれまでの重大事故の調査を調査した結果、マシン後部のレインライトの色がフラッグの掲示に対応して変わる、というシステムの導入を提案した。

F1の奇妙なスポンサー3:資金難のHRTが苦し紛れに掲示した“広告募集”ロゴ

F1マシンには、様々な企業による華やかなスポンサーロゴが欠かせない。しかし、スポンサー集めに苦労した2011年のHRTは、目立つ箇所にスポンサー募集のオリジナルロゴを掲示して対処した。

F1の奇妙なスポンサー2:怪しすぎるオーナーの下、チームは活躍「マネートロン」

F1マシンには、様々な企業による華やかなスポンサーロゴが欠かせない。しかしその中には全く実態が不明なものなど、奇妙なものも数多くあった。今回は1989年のオニクスをスポンサードした『マネートロン』について振り返る。

F1の奇妙なスポンサー1:アロウズに混乱をもたらした謎のブランド『t-minus』

F1マシンには、様々な企業による華やかなスポンサーロゴが欠かせない。しかしその中には全く実態が不明なものなど、奇妙なものも数多くあった。今回は1999年のアロウズをスポンサードした『t-minus』について振り返る。

ウィケンス、BMWのDTMマシンのテストに興味。BMWは「非常に光栄」

BMWのイェンス・マルカートは、ロバート・ウィケンスがBMWのDTMマシンのドライブを望んでいることを光栄に思うと語った。

コロナで開催延期相次ぐ……F1は2020・2021年を”スーパーシーズン”にすべきか?

コロナウイルスの影響で多くのレースが延期され、リスケジュールに苦しんでいるF1。2020年と2021年のシーズンを統合し、変則的な1シーズンにすべきなのだろうか。

新規則導入が1年遅れるも……マクラーレン、予定通り2021年からメルセデスPUへ変更

マクラーレンは、2021年にシャシーデザインが凍結されるにも関わらず、予定通り同年からメルセデス製パワーユニットに変更する予定のようだ。

F1の歴史をガラリと変えた、奇抜なアイデア。ティレル019”ハイノーズ”誕生秘話

2022年から、新レギュレーションが導入され、F1からハイノーズが撤廃される。このハイノーズの祖と言える1台のF1マシン……それがティレル019である。デザインを担当したジャン-クロード・ミジョーが当時を振り返り、秘話を語った。

クビサがテスト後半初日の首位に。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2番手

スペインのカタルニア・サーキットで、F1プレシーズンテスト後半が開催された。その初日にトップタイムとなったのはアルファロメオのロバート・クビサだった。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2番手に続いた。

「チャンピオンから学習できる」ルクレール、ハミルトンの“フェラーリ加入”を歓迎

フェラーリのシャルル・ルクレールは、チームがルイス・ハミルトン獲得を試みているという噂に対して、「チームメイトとして歓迎する」と語った。

フェルスタッペン、スロットルの反応に苦しむ「結果に違いはなかったけど……」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1最終戦アブダビGPを2位でフィニッシュした。フェルスタッペンはレース中、マシンに不具合があることを無線で訴えたが、これはストッロルのレスポンスが思うようにはなっていなかったためだったという。

フェラーリ、F1最終戦アブダビGPに”新デザイン”ウェイストゲートパイプを投入

フェラーリは、F1最終戦アブダビGPに新しいデザインのウェイストゲートパイプを持ち込んだ。この新しいウェイストゲートパイプは、二股に分かれた形状になっている。

バンドーン、接触しながらオーバーテイク「フォーミュラEでは普通のこと」

メルセデスFEチームのストフェル・バンドーンは、フォーミュラEシーズン6の開幕戦ディルイーヤePrixでアレクサンダー・シムスを接触しながらオーバーテイクしたのは、「フォーミュラEではそれほど大きな出来事ではない」と主張する。

FEテスト最終日:模擬レース第2戦は日産ブエミが優勝。新人ギュンターが最速

フォーミュラEのバレンシア公式テスト最終日は、マキシミリアン・ギュンター(BMW)がトップタイムをマークした。

FE公式テスト2日目:フラインス最速。”模擬戦”はメルセデスのバンドーンが制す

フォーミュラEのバレンシア公式テスト2日目は、ロビン・フラインス(ヴァージン)がトップタイムをマークした。

ウイリアムズ、新型フロントウイングのテスト実施。効果が出るのは来シーズン?

ウイリアムズは日本GPで新型のフロントウイングをテストを実施。2020年シーズンに向けたマシン開発を進めている。

メルセデス、日本GPに空力アップデートを投入。”打倒フェラーリ”を狙う?

メルセデスは、フェラーリに追いつくべく、日本GPにアップデートパーツを投入。サイドポンツーンに取り付けたターニングベインを微調整してきた。

ウイリアムズF1、日本GPで”実験用”新型フロントウイングをテスト

ウイリアムズF1は、来季マシンの開発に繋げるべく、実験用のフロントウイングを鈴鹿サーキットで開催される日本GPに持ち込む予定だ。

ヒュルケンベルグは今頃後悔しているかもしれない……サインツ、1周目の事故を説明

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、シンガポールGPの1周目に起きた接触は、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグの楽観的な動きが原因だったと考えている。

F1、2021年の”グランドエフェクト”マシンで風洞実験。動画も公開

F1は、2021年に導入されるレギュレーションに沿ったコンセプトカーの風洞実験を実施。その様子を撮影した動画を公開した。

レーシングポイント&リカルド撃破のラッセル「ポールラップのようだった」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPの予選で16番手となったが、この走りは”ポールラップ”のようだったと、ラッセルは自身で振り返る。

タイヤ戦略が正しければ“上位入賞”もあり得た? ラッセル、チームの戦略に不満げ

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、ドイツGPでのチームのタイヤ戦略が間違っていたと考えているようだ。