F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
970 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ミラー、ドゥカティ昇格に興奮「”対マルケス”のライダーとして信じてもらえた」

MotoGP2021年シーズンからドゥカティファクトリーチームへと加入することが決まったジャック・ミラー。彼はチームから絶対王者マルク・マルケスを倒すための男として選ばれたことが嬉しいと語った。

アウディのDTM撤退、ロッテラーがドライバーたちに同情「時代が変わってきている」

DTMからアウディが撤退することが明らかになったが、アウディからWECを戦った経験のあるアンドレ・ロッテラーが、DTMドライバーの直面する状況に同情を寄せた。

DTM存続の危機……スーパーGTには”対岸の火事”? キャシディ「あまり影響ないはず」

ニック・キャシディは、DTMが存続の危機に瀕しているにもかかわらず、スーパーGTがDTMとのルール統合を進めたのには価値があったと語った。

WSBK参戦のラズガットリオグル、MotoGPからも熱視線。ファクトリーチームなら転向も?

スーパーバイク世界選手権にヤマハから参戦するトプラク・ラズガットリオグルだが、彼のマネージャーはMotoGPのファクトリーチームからオファーがあれば転向もあり得ると語った。

ミラー、ドゥカティファクトリー入り? プラマック代表が契約間近と示唆

プラマック・ドゥカティのボス、フランチェスコ・グイドッティはジャック・ミラーが2021年にドゥカティファクトリーチームに加入するだろうと予想している。

「ヤマハ離脱の決定は正しかった」ロレンソ、変化望んだ2016年の“分かれ道”

ホルヘ・ロレンソは、グランプリキャリアの過去数年をもう一度やり直せる場合でも、2016年を最後にヤマハを離脱する決定は変わらなかっただろうと考えている。

変則シーズンのMotoGP、マルケス弟にホンダワークスの重圧がのしかかる?

アレックス・マルケスは、今季加入したレプソル・ホンダにふさわしいライダーだと証明する時間が限られていることを心配していると明かした。

ポルシェのLMDh参入はある? ロッテラー&ジャニ「大いに期待」

ポルシェのドライバーであるアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、WECとIMSAに共通規格”LMDh”が導入されるにあたり、ポルシェがスポーツカーレースの最高峰クラスに復帰することを期待している。

バイコレス、WECスパとル・マン参戦に向けニュルでテスト実施

バイコレスは、今年のル・マン24時間レースに向けた準備の一環として、ニュルブルクリンクでテストを行なった。

アプリリアとKTM、凍結されているエンジン開発を特別許可。6月末までの期限付き

MotoGPに参戦するKTMとアプリリアは、凍結されることになったエンジン開発を6月末までは特別に行なえることになった。

「ドゥカティはドヴィツィオーゾを手放すべきではない」スズキ幹部、ライバルに助言

スズキのMotoGPチームマネージャーは、ライバルのドゥカティが2021年にチームのラインアップ変更も検討しているという噂について、アンドレア・ドヴィツィオーゾを手放すべきではないとアドバイスした。

アプリリア、エンジン開発の凍結解除を求める。新エンジンの信頼性向上を願う

今季、新たなエンジンを導入したアプリリアは、MotoGPにエンジン開発凍結の免除を要求した。

クアルタラロ「伊ファンにも愛して欲しい」ロッシの後任、“ヘイト”は避けられる?

2021年にヤマハファクトリーへ加入するファビオ・クアルタラロは、バレンティーノ・ロッシに取って代わることになるが、MotoGPファンに嫌いにならないで欲しいと語った。

イアンノーネ、ドーピング疑惑を近日中に控訴予定。弁護士は逆転無罪に自信

アンドレア・イアンノーネの弁護士は、ドーピング疑惑によって科せられた18ヵ月の出場停止処分がシーズン再開までに覆すことが可能だと自信を持っている。

「スズキにファーストライダーはいないハズ」ミル、同僚リンスに追いつく意気込み

ジョアン・ミルはMotoGP2年目となる今シーズン、もうスズキのセカンドライダーだとは思わないと、アレックス・リンスに並ぶ意志を見せた。

マクラーレンCEO、新規導入予定のLMDh規定を「非常に魅力的」と高評価

マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンはWECとIMSAで新たに導入されるLMDh規定を非常に魅力的だと評価している。

「レース復帰を願っている」ロレンソ、イアンノーネの“潔白”を信じる

ドーピング問題によって18ヵ月間の出場停止処分を科されているアンドレア・イアンノーネだが、3度のMotoGP王者であるホルヘ・ロレンソは彼の無罪を確信していると擁護した。

ホンダSBKのバウティスタ、新型のポテンシャルを確信。引き出せているのは30%?

スーパーバイク世界選手権にワークス体制を復活させたホンダだが、ライダーのアルバロ・バウティスタによると新型マシンはまだ30%の状態だという。

SF参戦のヴィップス、レッドブル育成残留は”幸運”?「かけられる期待は大きい」

ユーリ・ヴィップスは、FIA F3でランキング4位となった後、レッドブルの育成ドライバーに残れたことは幸運だったと語った。

残留決めたビニャーレス、2019年は「ヤマハからの信頼が欠けていた」?

2020年以降もヤマハに残留することが決まっているマーベリック・ビニャーレス。しかし彼は2019年に“ヤマハからの信頼”が失われていたことでドゥカティ移籍を真剣に考慮していたと語った。

出場停止処分のイアンノーネ、“切り捨てなかった”アプリリアに感謝

アンドレア・イアンノーネはドーピング疑惑によって18ヵ月間の出場停止処分を受けた際に、アプリリアが“契約解除”という楽な道をとらなかったことに感謝していると語った

トヨタ、WECハイパーカーのトラックデビューを10月に延期

トヨタは、2021年のWECに参戦するハイパーカーのトラックデビューを10月にすることを目指しているという。

昨年2勝のリンス、不愉快。「スズキのマシンが乗りやすいおかげ」との憶測に

アレックス・リンスはスズキのMotoGPマシンがグリッドで最も乗りやすいマシンだと広く考えられていることについて、少し不愉快だと感じているようだ。

延期されていたラリー・ポルトガル、開催中止が決定。サファリ・ラリーでシーズン再開か?

新型コロナウイルスの影響によってシーズンを中断している世界ラリー選手権(WRC)だが、開催が延期されていたラリー・ポルトガルの中止が決定した。