F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
891 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

マコヴィッキィ、ポルシェからIMSA参戦。スーパーGTとの並行参戦は厳しいか?

フレデリック・マコヴィッキィは、ポルシェのファクトリーチームから2020年のIMSAにフル参戦する。

BMW、次世代M4がベースのGT3マシンの開発を発表。2022年に導入へ

BMWは2022年に向けて、次世代M4をベースにしたGT3マシンを2022年に導入することを発表した。

ヒュンダイに移籍のタナク、トヨタは“円満離脱”?「来年はライバルだね」

2020年からヒュンダイに移籍するオット・タナクは、交渉が決裂したトヨタに対して不信感はなかったと語った。

46歳の新人? ヤン・マグヌッセンがハイクラスから”WECルーキーテスト”参加

ヤン・マグヌッセンは、LMP2クラスのハイクラス・レーシングから、バーレーンで行なわれるWECルーキーテストに参加する予定だ。

自分でやりなさい! アレックス、兄マルク・マルケスからの手助けは“多くない”

MotoGPクラスへ昇格するアレックス・マルケスは、兄であるマルク・マルケスからMotoGPマシンへの適応に向けて、綿密なアドバイスなどを受けることはないと話した。

WEC復帰のプジョー、LMP1のレベリオン・レーシングと提携へ

WEC(世界耐久選手権)への参戦を明かしていたプジョーは、現在LMP1クラスに参戦するレベリオン・レーシングと提携することを公表した。

WEC復帰予定だったインテルラゴス戦の開催が中止に。オースティンで代替開催へ

FIA世界耐久選手権の2019-2020年第5戦に予定されていたインテルラゴスでのレースが開催中止となった。

”引退”も考えたトレルイエ、交流戦で意欲復活「スーパーGTかDTMで戦いたい!」

ブノワ・トレルイエは、レーシングドライバー引退も考えていたというが、『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参加し、考えが変わったという。

ロレンソ引退か? バレンシアGPでドルナCEOと“特別記者会見”を実施へ

MotoGPで3度のチャンピオンに輝いたホルヘ・ロレンソだが、最終戦バレンシアGPで引退を表明する可能性が浮上してきた。

プジョー、2022年からWEC参戦へ。ハイパーカー規定でル・マンに復帰

プジョーは2022-2023年シーズンから、ハイパーカー規定の下、FIA世界耐久選手権への復帰を発表した。

ダカールラリー挑戦のアロンソが見せる優れた適応力。一方で”勇敢さ”が欠点にも?

TOYOTA GAZOO Racing SAのグリン・ホール代表は、フェルナンド・アロンソのクロスカントリーラリーへの適応力は予想以上だと語った。

WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

WEC上海のフリー走行3回目が行われ、トヨタTS050 HYBRIDの7号車がトップタイムをマークした。

2位に甘んじるつもりはない……HRC加入のハスラム「“勝利”こそ目標」

ホンダはWSBK2020年シーズンから、ワークスチーム“Team HRC”として、アルバロ・バウティスタとレオン・ハスラムの2名体制で参戦する。新たにHRCへ加入したハスラムは、勝利こそが目標だと話した。

トヨタ、WEC上海は1周2.74秒の足枷。ハンディキャップがさらに厳しく

トヨタTS050 HYBRIDは、WEC第3戦上海で1周あたり2.74秒ものハンディキャップを背負うこととなった。

ドヴィツィオーゾ、3年連続ランキング“2位”確定に「嬉しくない」

アンドレア・ドヴィツィオーゾは今季ランク2位の座を固めたが、チャンピオンとなったマルク・マルケスへ挑めていないことから、あまり“嬉しくない”と語った。

「僕らは“最強”だった」イアンノーネ、アプリリア『初』の首位走行に喜び

MotoGPオーストラリアGPで6位入賞となったアンドレア・イアンノーネは、アプリリアがMotoGPへ復帰以来、初めてレースをリードしたライダーとなったことを嬉しく思うと語った。

中上貴晶、右肩の手術が成功。セパンテストからの復帰に向けリハビリに入る

LCRホンダの中上貴晶は、怪我を負っていた右肩の手術を受け無事に成功。オフシーズンテストからの復帰に向け、リハビリに入ると語った。

現役続行の壁は“早すぎる移籍交渉”か……ロッシ、兄弟対決の実現には意欲アリ

バレンティーノ・ロッシは2021年のライダー移籍市場があまりに“早く”動き出すことを恐れていると話した。

ファビオ・クアルタラロ、オーストラリアGPのFP1でハイサイド喫し、FP2欠場へ

MotoGPオーストラリアGPのFP1でクラッシュしたファビオ・クアルタラロは、FP2を欠場することとなった。

ドゥカティ、2021年ビニャーレス獲得の可能性アリ!? 上層部が認める

ドゥカティのジジ・ダッリーニャは、2021年シーズンのライダーとして、現ヤマハのマーベリック・ビニャーレスの起用も選択肢に入っていると話した。

「トップ10は最低限」MotoGP“復帰”のヨハン・ザルコ、狙うは実力の証明

LCRホンダの中上貴晶の代役として、オーストラリアGP以降の3戦に出場するヨハン・ザルコ。彼はホンダのマシンは初ライドだが、トップ10フィニッシュが“最低限”の目標だと語った。

”中上貴晶の表彰台”も予想したクラッチロー「来年は負かすのが難しくなる」

LCRホンダのカル・クラッチローは、チームメイトの中上貴晶が今シーズンに、もっと良い成績を残す事を期待していたと語った。

ロッシはもう勝てないのか? 「長く留まりすぎたかも」と元クルーチーフ

バレンティーノ・ロッシのクルーチーフを長く務めたジェレミー・バージェスは、ロッシがMotoGPに長く留まりすぎたのでは無いかという考えを示した。

ラバト、MotoGP日本GPの決勝を欠場。全22台の戦いに

アビンティアのティト・ラバトは、ツインリンクもてぎで行われているMotoGPの日本GP決勝を欠場することになった。