フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
230 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

ジュリアーノ・アレジのスーパーフォーミュラ初優勝を可能にした5つの要因

代役出場でありながら、スーパーフォーミュラ参戦2戦目にして初優勝を遂げたジュリアーノ・アレジ。彼が荒天のオートポリスで勝利を掴んだ5つの要因について紹介する。

ヤン・マーデンボロー、スーパーGT復帰への強い思いを語る「僕にはやり残したことがある」

昨年限りでスーパーGTのシートを失ったヤン・マーデンボローは、まだやり残したことがあると考えており、「いつかは必ず戻ってくる」とスーパーGT復帰への強い思いを覗かせた。

スーパーGT第2戦富士、FCY初運用で見えた今後の改善点。“不公平”はどこまで是正できるか?

スーパーGT第2戦から導入されたFCY(フルコースイエロー)のシステムに関しては、一部のドライバーたちから改善を求める声が挙がっている。

グリッケンハウス、WEC第2戦ポルティマオは“1台のみ”エントリーへ。第3戦以降は2台体制を予定

WECのハイパーカークラスに参戦するグリッケンハウスは、6月の第2戦ポルティマオへ“1台のみ”マシンをエントリーさせる予定だと分かった。

勝利目前でまさかのリタイア……36号車auの坪井、「完璧なドライビングだったのに」と嘆く

スーパーGT第2戦富士で、勝利を目前にしながらも勝利を失った36号車au TOM'S GR Supraの坪井翔。彼は“完璧な走りで勝てたはず”のレースを落としてしまったことは残念だと語った。

【スーパーGT】8号車ARTAの福住、優勝目前で痛恨のペナルティ……マシンに視界遮られ黄旗見えず

8号車ARTA NSX-GTの福住仁嶺が、スーパーGT第2戦富士で優勝目前に迫りながらもペナルティを科された際の状況について説明した。

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス、タチアナ・カルデロンはじめ多くのレギュラー参戦組が欠場へ

5月初旬に行なわれたWEC開幕戦に出場したタチアナ・カルデロンは、スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスを欠場することになる模様。同じくWECに参戦する小林可夢偉、中嶋一貴らも同様に欠場が濃厚だ。

スーパーフォーミュラ鈴鹿|タチアナ・カルデロン、開幕戦の好調から一転最下位。直線の遅さに困惑

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿で予選・決勝共に最後尾に沈んだタチアナ・カルデロンは、突然調子を落としたことに困惑しているようだ。

関口雄飛、若手とのタッグがさらなるモチベーションに「若かった頃を思い出させてくれた」

関口雄飛は、ここ数年スーパーGTで若手ドライバーたちとコンビを組むことで、失いかけていたモチベーションを取り戻すことができたと明かした。

スーパーGT開幕戦、日産勢は苦戦も「マシンの開発状況には自信がある」と松村総監督

日産系チーム総監督の松村基宏は、スーパーGT開幕戦で日産勢が下位に沈んだものの、そのペース自体は心強いものであったと語った。

【スーパーGT】上位3台についていけず……39号車SARDはダウンフォース不足に苦しむ

スーパーGT開幕戦岡山で4位となった39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supraのヘイキ・コバライネンは、リヤのダウンフォースが不足していたことで、優勝争いに絡むことができなかったと語った。

【スーパーGT】岡山でトップ4独占のGRスープラ。TRD湯浅エンジニア「開発凍結の中、やれることはやってきた」

スーパーGT岡山でトップ4を独占を独占したGRスープラ。その開発を率いたTRDの湯浅エンジニアが、今季に向けてGRスープラに施した改良について説明した。

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記「ジュリアーノ・アレジは父の後を継げるか?」

motorsport.comグローバル版のニュース・エディター、ジェイミーが日本のレースを取材。今回はスーパーフォーミュラ・ライツに参戦するジュリアーノ・アレジについて、感じたことを素直なコラムでお届け。

松下信治、“後輩”角田裕毅の強みを語る「彼はミスをしても気にしすぎない」

バーレーンで印象的なF1デビューを飾った角田裕毅。その強みはミスを恐れず落ち着いている点にあると、昨年共にF2を戦った松下信治は分析する。

GT300王者オリベイラ、3台に増えたスープラ勢を警戒「彼らはかなり速い」

2020年のスーパーGT GT300王者であるジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは、今季同クラスでトヨタ・GRスープラの台数が増えたことから、タイトル防衛は簡単ではないと考えている。

グリッケンハウス、5月のWECスパ開幕にもマシンが間に合わない可能性。コロナの影響で遅れ

今季、WECのハイパーカークラスに参戦するグリッケンハウスだが、5月の開幕戦スパまでにマシンが間に合わない可能性があるという。

23号車NISMOは“寒さ”への対策が急務。「完璧な解決策を見出せていない」とクインタレッリ

ロニー・クインタレッリ曰く、NISMOはスーパーGTの2021年シーズン開幕に向け、寒冷なコンディションで苦しむというミシュランタイヤの弱点克服に取り組んでいるという。

バゲット、ダンロップ勢の速さを警戒。それでもタイトル争いは「トヨタとホンダBS勢が展開」と予想

岡山で行なわれたスーパーGTの公式テストを踏まえ、#17 Astemo NSX-GTのベルトラン・バゲットは、ダンロップタイヤを履く2台への警戒を高めているようだ。

B-Max、スーパーフォーミュラでアメリカの若手バルタスを起用へ。エントリーリストに名前

スーパーフォーミュラに参戦しているB-Max Racingは、アメリカの若手ドライバーであるイヴ・バルタスを起用するようだ。

塚越広大との”ベテラン”コンビが強み? バゲット「僕らはホンダ陣営の”セルモ”」

今季Astemo REAL RACINGの一員としてスーパーGTのGT500クラスをベルトラン・バゲットは、塚越広大とのベテランコンビがチームの強みだと考えており、あたかもそれは、立川祐路と石浦宏明が組むTGR TEAM ZENT CERUMOのようなモノだと語った。

フェネストラズ、スーパーGT岡山テストを欠席か。現在ドバイに滞在中

サッシャ・フェネストラズは、3月に行なわれるスーパーGT公式テストを渡航制限の影響で欠場することになりそうだ。

メネゼス、トヨタに迫ったル・マン”渾身”予選アタックがプジョー入りのキッカケに

プジョーのWECドライバーに選ばれたグスタボ・メネゼスは、2020年のル・マン24時間レース予選で見せたアタックが、プジョー入りの鍵になったという。

トヨタ、GR010のアラゴンテストを再実施。小林可夢偉と中嶋一貴はようやく初ドライブ叶う

トヨタは、2021年のWECを戦うGR010のテストをアラゴンで実施。小林可夢偉と中嶋一貴が初めてこのマシンをドライブした。

TEAM MUGEN、タイヤサプライヤーをヨコハマからダンロップに変更か?

TEAM Red Bull MUGENはスーパーGTの2021年シーズンに向け、タイヤサプライヤーをダンロップに変更するようだ。

フェネストラズ、2021年は37号車トムスをドライブへ……合同テストも開始

サッシャ・フェネストラズは今季、ニック・キャシディの後任としてトムスの37号車をドライブ、フェネストラズの後任として坪井翔が、36号車のドライバーを務めることになりそうだ。

ホンダの米国拠点HPD、Fリージョナル・アメリカズの王者にSF挑戦の為の奨学金を提供へ

ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメントは、2021年のフォーミュラ・リージョナル・アメリカズ選手権のチャンピオンに対し、スーパーフォーミュラへのステップアップを支援するスカラシップ制度を立ち上げることを発表した。

山下健太、2021年は国内カテゴリーに専念へ。トヨタのWECチームディレクターが認める

トヨタは山下健太が2021年のWEC(世界耐久選手権)のプログラムに加わらないことを明らかにした。

ダカールラリー、ホンダが2輪部門を連覇。ベナバイスとブラベックがワンツー

2021年のダカールラリー2輪部門は、ホンダのケビン・ベナバイスが総合優勝を飾り、ホンダが連覇を果たした。

B-Max、モトパークとの提携を終了へ。2021年はカーリンとの協力も模索?

B-Max Racingは新型コロナウイルスの影響もあり、2020年をもってMotoparkとの提携を終了し、2021年は継続しないことがmotorsport.comの調べで分かった。

新時代を迎えるWEC。トヨタ新車vsアルピーヌの戦いは「性能調整が左右する」

WECに参戦するトヨタはLMH規定の新車両を投入するが、LMP1車両を使うアルピーヌと勝負できるかどうかは、性能調整次第だと考えられているようだ。

バンドーン、2021年はJOTAからWECとアジアン・ル・マンにも参戦。チームメイトにゲラエル

元F1ドライバーのストフェル・バンドーンは、LMP2クラスにエントリーするJOTAスポーツの一員として、WECを戦う事になった。

カルデロン、SFではチームの雰囲気に感激。2021年シーズンの残留にも意欲

タチアナ・カルデロンは、2020年のスーパーフォーミュラでThreeBond DragoCORSEと共に仕事をして、シングルシーターのキャリアで初めて自分が「評価されている」と感じたという。

小林可夢偉、デイトナ24時間3連覇に自信「オファーをもらった時、チャンスだと思った」

小林可夢偉は、3連覇を目指してアクション・エクスプレス・レーシングから参戦する2021年のデイトナ24時間レースに自信があると語った。

フェネストラズ、今季4度目リタイアにイライラ募る「”また”元F1ドライバーだ……」

サッシャ・フェネストラズのスーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿は、2周目に接触しリタイア。これで今季4度目のリタイアとなったことにイライラを募らせている。

「勝利は手に入っていたのに……」ニック・キャシディ、SF第6戦のトラブル悔やむ

スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿でポールポジションからレースをリードしたものの、リタイアに終わったニック・キャシディだが、彼は胸が張り裂けるようだと語った。

”4ワイド下”での事故でペナルティを受けた笹原「映像と実際の状況は違った」

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿で、レース終盤の多重クラッシュの責任を問われペナルティを受けた笹原右京は、中継映像で見えていたものと実際に起こっていたことは異なると主張した。

ピットミスがなければ18台抜き優勝もあり得た? 「勝利が見えていた」と平川亮

スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスを12位で終えた平川亮は、ピットストップ時のタイムロスがなければ、19番グリッドからの大逆転優勝もあり得たと考えている。

松下信治、SF代役参戦で表彰台狙えるパフォーマンスを発揮。次戦鈴鹿の参戦は「五分五分」

急きょ決まった代役参戦にも関わらず、スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスで好パフォーマンスを見せた松下信治は、次戦鈴鹿を戦う可能性は五分五分だと語った。

鈴鹿2勝で5年ぶりタイトルが見えた! クインタレッリ「序盤は想像もしていなかった」

#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、今季序盤戦での苦戦を考えると、スーパーGT最終戦でタイトルを争えるとは「想像もしていなかった」という。

良好なバランスに、クインタレッリ”驚き”「タイトル争う相手より前にいられるなんて!」

#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリは、スーパーGT第7戦もてぎの予選で、4番手を獲得できたことについて、非常に驚いたと語った。

17号車KEIHINのバケット、決勝での逆襲誓う「”最大限のリスク”を背負って攻める」

スーパーGT第7戦もてぎの予選で10番手に沈んだ#17 KEIHIN NSX-GTのベルトラン・バケットは、決勝レースではアグレッシブな戦い方をすることを誓った。

キャシディ、フォーミュラEテストの影響でスーパーGTラスト2戦の参戦に黄色信号?

スーパーGTのGT500ランキング2番手につけている#37 KeePer TOM'S GR Supraのニック・キャシディだが、フォーミュラE参戦に向けた準備のため、シーズンラスト2戦を欠場せざるを得ない可能性が出てきているようだ。

史上初のWSBK6連覇果たしたジョナサン・レイ「今季始めには予想できなかった」

スーパーバイク世界選手権(WSBK)で前人未到の6連覇を達成したカワサキのジョナサン・レイ。彼はシーズン開始時にこの偉業を達成できるとは考えていなかったと語った。

ヴィップス、ようやく来日へ。第4戦オートポリスからスーパーフォーミュラに参戦か

レッドブルの育成ドライバーであるユーリ・ヴィップスは、ビザを取得し来日。11月の第4戦オートポリスから、スーパーフォーミュラに参戦するようだ。

WEC最終戦のエントリーリスト発表。LMP1はトヨタのみ、山下擁する33号車は欠場

WEC(世界耐久選手権)2019-2020シーズンの最終戦となるバーレーン8時間レースのエントリーリストが発表された。

「目標は初優勝!」2列目獲得のマーデンボローが自信。課題はスタートの接触?

スーパーGT第5戦富士の予選で4番手となった#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R。ドライバーのヤン・マーデンボローはキャリア初優勝を狙っていけると、決勝レースに向けて自信を見せた。

SF第2戦はタイヤ交換により見応えのあるレースに。その裏にドライバーたちの働きかけが

石浦宏明は、スーパーフォーミュラ第2戦におけるタイヤ交換義務の復活は、ドライバー側から主催者に働きかけたものであることを明かした。

スタート直後の多重クラッシュの原因に。大湯都史樹は自身のブレーキングミス認め謝罪

スーパーフォーミュラ第2戦岡山のスタート直後には、3人のドライバーが絡む多重クラッシュが発生した。レース後、当事者たちがその心境を語った。

小林可夢偉、HubAutoからスパ24時間レースにも参戦。フェラーリ488 GT3をドライブ

小林可夢偉は、10月22~25日に開催されるスパ24時間レースに、HubAuto Corsaのフェラーリ488 GT3を駆って参戦することが分かった。

「中嶋一貴の後継者になるかも」初のル・マンで輝き放った山下健太をトヨタが称賛

トヨタのチーム監督であるロブ・ルーペンは、LMP2クラスからル・マン24時間レースに初参戦した山下健太が“非常に良い仕事”をしたと称賛した。

レベリオン、WEC最終戦バーレーンへの参戦を見送り。LMP1クラスはトヨタ2台のみに

レベリオン・レーシングは、先日行なわれたル・マン24時間レースがWEC(世界耐久選手権)で最後のレースであり、最終戦バーレーンには参加しないことを明かした。

ブルーノ・セナ、8度目の挑戦でやっと届いたル・マン初表彰台「素晴らしい成果だ!」

ブルーノ・セナは、ル・マン24時間レースでレベリオンが2位を獲得したことについて、驚くべき成果だったと評し、初の表彰台獲得を喜んだ。

レベリオン、ル・マン決勝では「トヨタの脅威になれない」と悲観

レベリオンは、トヨタが何かミスをしない限り、ル・マン24時間レースの決勝で彼らを脅かすことはできないと認めている。

バイコレス、2021年のWECに参戦するハイパーカーの画像を公開。市販車バージョンも発表

バイコレスは、2021年のWECに参戦するLMH(ル・マン・ハイパーカー)規定のマシンの画像を公開した。

WEC、全6戦からなる2021年シーズン開催カレンダー発表。富士6時間は第5戦

WEC(世界耐久選手権)は、6戦からなる2021年の開催カレンダーを発表。9月26日には、第5戦として富士6時間レースの開催が予定されている。

小林可夢偉、レコード更新逃し”がっかり”も……ル・マン初制覇に向け好感触

トヨタの小林可夢偉は、2017年に自身が記録したル・マン24時間のコースレコードを更新できなかったことに少しがっかりしたと認めた。

一時4番手もまさかのノーポイント。12号車インパル平峰「理由が分からない」

#12 カルソニック IMPUL GT-Rの平峰一貴は、スーパーGT第4戦もてぎで一時4番手を走行しつつも最終的にポイントを獲得できなかった理由を説明できないと語った。

2017年ル・マンのレコード更新は”不可能ではない”。小林可夢偉「長く残る記録を出したい」

トヨタは、2017年のル・マン24時間予選で小林可夢偉が記録したラップレコードを更新できる可能性はゼロではないと考えている。

ユーリ・ヴィップス、F2ソチにもDAMSから参戦。日程重なるSF岡山は欠場へ

DAMSは、ソチで行なわれるF2のレースにレッドブル育成ドライバーのユーリ・ヴィップスを起用することを発表した。

牧野、SF開幕戦の苦戦は灼熱コンディションが原因と予想「次の岡山はもっと良くなるはず」

牧野任祐は、スーパーフォーミュラ開幕戦もてぎで苦戦した理由は暑いコンディションにあり、今後は問題にならないと考えているようだ。