フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
10 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

タイヤを理解するためのカギ? F1テストに登場した秘密兵器”銃”の正体

バーレーンで行なわれたF1プレシーズンテストで、複数のチームがタイヤをより深く理解するために、イタリア製の革新的なツール”VESevo”を使用していることが確認された。

フェラーリF1、リスク覚悟の”革新的”パワーユニットを2022年から使用へ?

フェラーリは2022年シーズンに向け、これまでにはないデザインを特徴とする、根本から新しいパワーユニットを導入することを目指している。

ここにも新型コロナの影響? マシンのコードネームが連続しない”ワケ”

新型コロナウイルスによってもたらされた財政的な打撃により、各F1チームは様々な困難に見舞われた。それに伴い新レギュレーション導入が1年先送りされたことで、今季マシンにはある”珍事”が起きている。

角田に経験を積ませるため……アルファタウリ、イモラ”追加テスト”実施へ

アルファタウリ・ホンダは、今季F1デビューを果たす角田裕毅のために、旧型のF1マシンでイモラを走行する”追加テスト”を準備しているようだ。

フェラーリは2021年シーズンに向け、パワーユニットをどうアップデートするのか?

2020年シーズン、チームの歴史の中でも最悪とも言える低迷の1年を送ったフェラーリ。そのフェラーリは、パワーユニットのパフォーマンスを向上させ、先頭争いに戻ることを目指している。

バーチャルならでは? 仮想ル・マン24時間、サーバートラブルで2度目の赤旗中断

バーチャル・ル・マン24時間レースは、残り4時間半となった段階で、サーバーに問題が発生したため、赤旗中断を余儀なくされた。

フェラーリF1の力を使うアプリリア。元エンジン開発責任者と新型V4開発に挑む

MotoGPに参戦するアプリリアは、新型マシンRS GP20のエンジン開発を、F1のフェラーリやトヨタでエンジン部門の責任者を務めていたエンジニアのルカ・マルモリーニと協力して推し進めている。

【F1】レッドブルに”新型”フレキシブルウイング使用の疑い!?

レッドブルがシルバーストンに登場させた新しいフロントウイングは、フレキシブル性が持たされているのではないかとの疑いがかけられている。

【F1】2017年マシンの最低重量は728kgに。タイヤの重量増6kgを考慮

幅広になったピレリタイヤを考慮し、2017年のF1マシンの最低重量は、昨年比で26kg重くなることが分かった。

【F1】ホンダ、パワーユニット一新でメルセデス式のレイアウトへ

ホンダは2017年、パワーユニットのレイアウトを変え、メルセデスのようにタービンとコンプレッサーを分けて配置する方式を採用するようだ。