F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
19 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
99 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

MotoGPイギリスGP、オーストラリアGPが中止決定。物流と運営の問題解決できず

ドルナ・スポーツ、FIMそしてIRTAは、新型コロナウイルスの影響によるカレンダーの変更によって、8月のMotoGPイギリスGPおよび10月のオーストラリアGPを中止すると発表した。

レディング、アプリリアでの冷遇を暴露。キャリアを台無しにした”空虚”な1年を語る

スコット・レディングは、MotoGPキャリア最後のシーズンとなったアプリリアで過ごした時間について、空虚だったと振り返った。

プラマック・ドゥカティ、Moto2のマルティンに興味。ジャック・ミラー後任候補に

2021年にジャック・ミラーがプラマックからドゥカティファクトリーへ移籍すると見られているが、その後任を巡ってホルヘ・マルティンとエネア・バスティアニーニが有力候補として浮上している。

復活のラリー・ジャパン、新型コロナで中止の危機? コストと物流問題に

motorsport.comの取材によると、WRCは9月のラリー・ニュージーランド及び11月のラリー・ジャパンをコストと物流上のハードルから中止する可能性が高いことがわかった。

DTM、ドイツ国外でのレースに黄色信号! 1会場4レース開催でシーズン成立へ?

DTMは2020年シーズンにおいて、F1のように出来るだけ多くのサーキットで連続したラウンドを開催することを目指している。

DTM、”存続の危機”に直面。グロック「生き残るチャンスは日に日に減っている」

ティモ・グロックは、アストンマーチンとアウディが撤退した後、2020年以降にDTMが生き残る可能性は減りつつあると話した。

「2020年のDTMは“ドイツ中心”のカレンダーにすべき」とグロックが提案

ティモ・グロックは、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて改訂版カレンダーを作成したDTMが、主にドイツでのレースに集中するべきだと主張している。

サファリ・ラリーの今季開催は中止。復活は持ち越しへ。シーズン再開は8月か

2020年に18年ぶりの開催が予定されていたサファリ・ラリーだが、新型コロナウイルスの影響を受け開催中止が決定。久しぶりの開催は2021年に持ち越された。

アウディ「我々がDTMに止めを刺したわけではない」と批判に反論

アウディのモータースポーツ責任者であるディーター・ガスは、撤退を決めたことでアウディがDTMに”とどめを刺した”と言われるのは、かなり不公平だと考えている。

BMW、”挨拶”なしのアウディDTM撤退に憤慨「スポーツマンらしくない」

BMWは、アウディが突如としてDTMからの撤退を発表したことに、スポーツマンらしくないと不満を持っている。

アウディ撤退で窮地のDTM。生き残り策はGTEマシン採用か?

元DTMドライバーのアルフリート・ヘーガーは、2021年からClass1車両とGTE車両が混走することが、DTMを存続させる選択肢のひとつだと考えている。

9月開催が予定される2020年のル・マン24時間は、“史上最速”のレースになる?

グッドイヤーのモータースポーツディレクター、ベン・クローリーによると、ル・マン24時間レースが9月に開催された場合、気温が低いことから、歴代屈指のスピードで競われるレースになるかもしれないという。

DTM王者ラスト、アウディ撤退に複雑な心境「僕にとっては”最悪”のシナリオ」

2019年のDTM王者であるレネ・ラストは、アウディのDTM撤退は個人的に最悪のシナリオだと語った。

DTM王者、クビサの速さを確信「レースでのタイヤの理解は難しいが……」

DTMで2度チャンピオンを獲得したレネ・ラストは、今季からDTMに挑戦するロバート・クビサについて、タイヤ理解するのには苦労するが、高いパフォーマンスを発揮することになるさろうと考えている。

ベルガー、”甥っ子”アウアーの活躍に期待「スーパーフォーミュラで大きく成長した」

DTMを主宰するITRのゲルハルト・ベルガー会長は、甥のルーカス・アウアーがスーパーフォーミュラで大きく成長したと語った。

参戦メーカー数の減少に苦しむDTM。生き残るためにGT3マシンを採用?

ル・マン24時間レースで2度優勝、F1など様々なカテゴリーに参戦した元レーシングドライバーのハンス-ヨアヒム・シュトゥックは、DTMが今後も存続していくためには、GT3カーを導入するなど、新たな策が必要だと語った。

ペドロサにワイルドカード参戦の可能性?「マシン開発に有益ならば……」

これまでレース復帰を頑なに否定してきたダニ・ペドロサだが、KTMがレースコンディションでRC16をテストすることを求めた場合には、ワイルドカード参戦もありうると語った。

FIAモータースポーツ・ゲームス、第2回大会は2021年に開催延期

モータースポーツの国別対抗戦、FIAモータースポーツ・ゲームスの第2回大会の開催が、2021年に延期されることが決まった。

元フォースインディア代表のマリヤ、英国高等裁判所に控訴を棄却される

フォースインディアF1チームの創設者であり、代表も努めていたビジェイ・マリヤは、インドへの身柄引き渡し命令についてイギリスの高等裁判所に控訴していたが、これが棄却されたことがわかった。

来シーズンは2021年春の開幕が濃厚なWEC「我々にもチームにも時間が必要」

WECは2021年のカレンダーを通常の“シンプル”なフォーマットに戻すことで、チームやスポンサーたちに財政面での猶予を与えようとしている。

DTM、無観客でのレース開催を否定「早く”普通”に戻ることがコロナ危機への対処」

新型コロナウイルスの脅威により大規模イベントが当分実施できないと予想されるものの、ベルハルト・ベルガーは無観客でのDTM開催の可能性を否定した。

F1インドGPの元開催地、ブッダ国際サーキットが新型コロナ対策のシェルターに

インドで感染が増加しているコロナウイルスに対抗するため、ブッダ国際サーキットが一時的な検疫シェルターとして使用されている。

2009年のチャンピオンF1マシンBGP001は、同年を代表するマシンなのか?

新規参戦のブラウンGPが、2009年のF1開幕戦オーストラリアGPでいきなり勝利し、世界を驚かせてから11年が経つ。しかし彼らのマシンBGP001は、シーズンを代表するマシンだと言ってもいいのだろうか?

バトン、DTMフル参戦に興味があった? しかし自宅からの”通勤”がネックか……

DTMを主催するITRの会長であるゲルハルト・ベルガーは、ジェンソン・バトンがDTMへのフル参戦に興味を持っていたと語った。