フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
448 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

次なる目標に向かって……GT300王者の藤波清斗、今季はSFライツのフル参戦も狙う

2020年のスーパーGT(GT300クラス)でシリーズチャンピオンに輝いた藤波清斗は、さらにステップを踏んでいくために、スーパーフォーミュラ・ライツへの参戦も考えている。

早くも日産ファミリーの一員に……松下信治、新天地でリラックスした表情見せる

今季から日産に移籍してスーパーGTのGT500クラスに参戦する松下信治。彼は早くも新天地で仲間たちからの歓迎を受けているようだ。

スポーツランドSUGO、2月13日の地震による被害はなし。改修工事も順調に進行中

スポーツランドSUGOは、2月13日に発生した大地震の被害はないことを明らかにした。

日産スーパーGT松村総監督「勝ちにこだわって進んでいく」王座奪還へ“3つの強化ポイント”

日産/ニスモの松村基宏総監督は、2021シーズンのスーパーGT GT500クラスを戦う上で、3つの強化ポイントを掲げ、とことん勝ちにこだわる1年にしていくと語った。

25号車得意のタイヤ無交換作戦が復活? 土屋武士監督「タイヤを使い切るセットアップ目指す」

ポルシェ911GT3R導入2年目を迎えるHOPPY team TSUCHIYA。2021シーズンは、タイヤ無交換作戦も戦略のひとつとして取り入れていくことを目指しているようだ。

「今年こそ勝利を!」HOPPY team TSUCHIYA、2021年も松井&佐藤のコンビで参戦

2021年もポルシェ911GT3RでスーパーGTのGT300クラスに挑むHOPPY team TSUCHITA。「今年こそ勝利を!」の合言葉で新シーズンのキックオフを行なった。

山下健太がスーパーGTにフル参戦復帰、TGRが2021年GT500体制を発表

TOYOTA GAZOO Racingが2021年のスーパーGT(GT500)参戦体制を発表。山下健太がスーパーGTのGT500クラスに本格復帰。14号車のROOKIE Racingに加わり、大嶋和也との“2019チャンピオンコンビ”が復活することとなった。

TGRのスーパーGT GT300クラス参戦体制が明らかに。GRスープラ3台が登場

2021年のスーパーGT GT300クラスには、GRスープラが3台参戦することが明らかとなった。

宮田莉朋、阪口晴南がステップアップ。TGRの2021年SFドライバーラインアップが明らかに

TOYOTA GAZOO Racingが2021年スーパーフォーミュラのドライバーラインアップを発表。2020年にスーパーフォーミュラ・ライツで活躍した宮田莉朋と阪口晴南が国内トップフォーミュラの舞台にステップアップすることとなった。

髄膜炎で入院していた牧野任祐がSNSで退院を報告「ご心配をおかけしました」

髄膜炎を発症して現在療養中の牧野任祐が、自身のSNSで退院したことを報告。レース復帰に向けて回復に努めていることを明かした。

SF王者の山本尚貴がナカジマレーシングに移籍! ホンダ陣営が2021体制を発表

ホンダが2021年のスーパーフォーミュラ参戦ラインアップを発表。2020年のスーパーフォーミュラでチャンピオンを獲得した山本尚貴が、TCS NAKAJIMA RACINGに移籍して2021シーズンを戦うことが明らかとなった。

監督交代で体制一新。TEAM MUGENが2021年のモータースポーツ活動概要を発表

2021年もスーパーGTとスーパーフォーミュラに参戦するTEAM MUGENが参戦体制を発表した。

ARTAが2021シーズンの体制を発表、鈴木亜久里総監督「今年は強いARTAでいく!」

ARTAが2021年体制を発表。スーパーGTのGT500クラスは野尻智紀と福住仁嶺のコンビを継続し、チャンピオン獲得を目指す。

“青”から“赤”へ……リアルレーシングがカラーリングを一新、日立Astemoがサポート

これまでケーヒンブルーとの異名でファンや関係者の間で親しまれてきたリアルレーシング。2021年は真っ赤なマシンカラーリングで参戦することとなった。

ホンダNSX GT3を使う2チームの体制も明らかに。名取鉄平、佐藤蓮がGT300に参戦決定

2021年のスーパーGT(GT300)に参戦するTEAM UPGARAGEとARTAの参戦体制が明らかとなった。

ホンダが2021年スーパーGT体制発表。王者コンビ変わらず、大湯がステップアップ

2021年のスーパーGT(GT500)ドライバーズラインアップが明らかとなり、チャンピオンを獲得した山本尚貴/牧野任祐は2021年も継続してコンビを組むこととなった。

STO桑山事務局長、S耐最終戦の開催諦めず「コロナ禍でも皆さんが盛り上げてくれたから」

スーパー耐久を運営するSTOの桑山晴美事務局長は、中止となった2020スーパー耐久第6戦の代替レースを何とか開催したいと考えており、現在も調整を続けていると語った。

S耐 第6戦鈴鹿の開催が中止に。近隣府県の緊急事態宣言発令を受け

新型コロナウイルスの感染拡大により、1月23日に開催予定だった2020スーパー耐久第6戦鈴鹿の開催中止が決定した。

シーズンオフテストでみせた“次への可能性”、カルデロン「2021年も同じ体制で戦えたら最高」

2020スーパーフォーミュラにレギュラー参戦したタチアナ・カルデロン。シーズン中にはポイントを獲得することができなかったが、最終戦富士と、その後に行なわれた合同・ルーキーテストでは次に繋がる大きな可能性を示す走りをみせた。

「日本での経験は僕にとって大きな強み」キャシディが日本のレースで学んだもの

2021年は日本のレースを一旦離れてフォーミュラEに参戦することになるニック・キャシディ。彼が6年間、日本のレースを戦い、そこで得たものとは。

チャンピオン山本尚貴は移籍なのか? 気になる2021年SFストーブリーグ

2020年にスーパーフォーミュラのシリーズチャンピオンを獲得した山本尚貴。シーズン終了後の合同・ルーキーテストではTCS NAKAJIMA RACINGから参加していたのだが、このまま2021年はチームを移籍するのか、注目が集まっている。

松下信治が日産移籍の方向で調整か? 2021年SGT(GT500)ストーブリーグ情報

2020年はFIA-F2で活躍し、シーズン後半は日本のレースにもスポット参戦した松下信治。2021年は本格的にスーパーGTのGT500クラスのシートを獲得するべく、動き始めているようだ。

石浦宏明が2020年限りでSF卒業を表明、SGTは参戦継続の模様

石浦宏明は2021年の全日本スーパーフォーミュラ選手権には参戦しないことを明らかにした。

合同・ルーキーテストで5号車をドライブした福住仁嶺「色々なことが試せたテストだった」

富士スピードウェイでのスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。4セッション中3セッションでトップタイムを記録した福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、様々なことにトライできた2日間だったと語った。

SF合同・ルーキーテスト|福住仁嶺、3セッション連続首位で2020年締めくくり

富士スピードウェイでのスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。最終セッションでも福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が速さをみせた。

SF合同・ルーキーテスト |2日目午前は福住が最速、急きょ松下が51号車B-Maxからテスト参加

2020スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。2日目午前のセッション3では福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークした。

車両が変わっても初日総合トップの山本尚貴、気になるナカジマレーシングから参加の経緯は?

2020スーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。レギュラーシーズンとは違うチームから参加することになった山本尚貴が、テスト1日目でいきなりトップタイムを叩き出した。

SF合同・ルーキーテスト|セッション2は福住仁嶺がトップ、カルデロンが6番手に食い込む

年末恒例のスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテスト。1日目午後のセッション2は福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が速さをみせた。

逆転王座ならず……野尻智紀「タイトルを獲りたかったというのが本音」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。逆転チャンピオンを目指してポールポジションからスタートした野尻智紀だったが、その目標は叶わなかった。

SF合同・ルーキーテスト|セッション1はナカジマレーシングから参加の山本尚貴がトップ

スーパーフォーミュラの2020合同・ルーキーテスト。セッション1はレギュラーシーズンとは異なりTCS NAKAJIMA RACINGから参加している山本尚貴がトップタイムをマークした。

2020年王者の山本尚貴がナカジマレーシングから合同・ルーキーテストに参加

富士スピードウェイでのスーパーフォーミュラ合同・ルーキーテストで、2020年のシリーズチャンピオンに輝いた山本尚貴がTCS NAKAJIMA RACINGから参加することが分かった。

SF富士合同・ルーキーテストのエントリーリスト発表、20名のドライバーが参加

富士スピードウェイで行なわれる2020全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同・ルーキーテスト のエントリーリストが公開され、合計17台、20名のドライバーが参加することが明らかとなった。

最後尾から怒涛の追い上げ4位で入賞、キャシディ「自分の強さは証明できたと思う」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士で最後尾スタートとなってしまったニック・キャシディだが、4位までポジションを上げる快進撃をみせた。

平川亮、タイトルに届かずも悔いはなし「持てる力は発揮した」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。わずかの差でチャンピオンに手が届かなかった平川亮だが、やれることはやったと語った。

数々のバトルに競り勝ち3度目の戴冠、山本尚貴「ちょっと長く感じた40周だった」

2020スーパーフォーミュラ第7戦で3度目のチャンピオン獲得を決めた山本尚貴は、フェアに戦ってくれた平川亮とニック・キャシディに感謝した。

SF第7戦富士|山本尚貴が2度目の国内“二冠王”に。平川亮との熾烈なバトルを制す

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦が富士スピードウェイで行なわれ、坪井翔が優勝した。最終戦までもつれたタイトル争いは山本尚貴が制し、2018年以来3度目となる年間王者となった。

王座争いは野尻&山本が一歩リードか? 最新の逆転タイトル決定条件

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。予選でポールポジションを獲得した野尻智紀は、逆転チャンピオンに近づいた。

SF 第7戦 富士|逆転王座が見えてきた! 野尻智紀が今季2度目のポール獲得

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。公式予選は野尻智紀(TEAM MUGEN)がコースレコードを大幅に上回り、今季2度目のポールポジションを獲得した。

TEAM MUGENワンツー発進に中野信治監督も笑顔「イメージしてきたことが形になった」

2020スーパーフォーミュラ第7戦。初日のフリー走行でトップ2を独占したTEAM MUGENの中野信治監督は、大きな手応えを感じたようだ。

初日3番手の平川亮、泰然自若の姿勢「悔いのないレースにしたい」|第7戦富士

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。フリー走行で3番手タイムを記録した平川亮は、まずまずの手応えを掴んでいた様子。翌日の予選と決勝については悔いのないように戦いたいと語った。

野尻智紀、フリー走行最速も改善の余地あり?「今日は長い夜になりそう」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。フリー走行でトップタイムを記録したTEAM MUGENの野尻智紀だが、予選に向けてさらなる改善が必要だと語った。

SF第7戦富士|逆転王座を狙う野尻智紀がフリー走行で一番時計

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。土曜日のフリー走行セッションは逆転王座を狙う野尻智紀(TEAM MUGEN)がトップタイムを記録した。

SF 第7戦 富士|セッション終盤に雪!? 専有走行は笹原がトップ

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士の専有走行は、笹原右京(TEAM MUGEN)がトップタイムをマークした。

牧野任祐の代役として、急きょSFデビューとなる大津弘樹「自分の力をひとつずつ出したい」

2020スーパーフォーミュラ最終戦富士。体調不良で欠場することが決まった牧野任祐の代役として参戦する大津弘樹が、急きょ決まったSFデビュー戦に向けて意気込みを語った。

山本尚貴、3度目の王座獲得に向け決意新たに「絶対にチャンピオンを獲ってゼッケン1を取り戻す」

2020スーパーフォーミュラ最終戦で自身3度目の王座を狙う山本尚貴は、今季チームとともに作り上げてきたものを全て出し尽くしたいと意気込みを見せた。

「結果のことを気にしてもしょうがない」平川亮、王座のことより週末の自身の走りに集中

2020スーパーフォーミュラ最終戦にチャンピオンをかけて臨む平川亮は、自分のベストを尽くすことを徹底したいと語り、記者会見では終始冷静な表情を見せた。

スーパーフォーミュラ、最終戦後の12月22日・23日に富士で合同・ルーキーテストを開催

毎年恒例となっているスーパーフォーミュラの合同・ルーキーテストは、今年は富士スピードウェイを舞台にして開催されることとなった。

フル参戦1年目の集大成見せられるか? カルデロン「最初の頃よりポジティブな要素が増えている」

今季スーパーフォーミュラに初挑戦しているタチアナ・カルデロン(ThreeBond DragoCORSE)は、最終戦の富士で今季の集大成となるレースをみせたいと意気込んでいる。

牧野任祐が体調不良でSF最終戦富士を欠場、代役は大津弘樹

TCS NAKAJIMA RACINGの牧野任祐が髄膜炎を発症し、スーパーフォーミュラ最終戦を欠場。大津弘樹が代役として同大会に出走することが明らかとなった。

S耐第5戦オートポリス|777号車D’stationが今季2勝目、ST-X王座決定は最終戦に持ち越し

2020スーパー耐久第5戦オートポリス。最高峰のST-Xクラスは#777 D’station Vantage GT3が優勝し、チャンピオン決定は最終戦に持ち越されることとなった。

MORIZOが乗るGRヤリスが最終戦待たずにST-2クラスチャンピオン決定!

2020スーパー耐久第5戦では、トヨタの豊田章男社長(MORIZO)もドライバーとして参加する#32 ROOKIE Racing GR YarisがST-2クラスチャンピオンを決めた。

阪口晴南がFRJ初代王者に輝く、出場した11戦全てで勝利

2020年から始まったフォーミュラ・リージョナル日本選手権は阪口晴南が初代王者に輝いた。

S耐第5戦オートポリス|接戦の末、777号車D’station Vantage GT3が今季4度目のPP

2020スーパー耐久第5戦オートポリス。公式予選では#777 D’station Vantage GT3が接戦の末ポールポジションを獲得した。

山本尚貴と同点でSF最終戦王座争いへ……平川亮「何が起きても受け入れる」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿でランキング首位の座を取り戻した平川亮だが、最終戦では自分が出せる力を全て出すだけと語った。

SFライツ第5大会鈴鹿|宮田莉朋、最終大会を待たずにシリーズチャンピオン決める

2020年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権の鈴鹿大会で宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TEAM TOM’S)が3レースを残してシリーズチャンピオンを決めた。

悲願の初Vに泣き崩れた大湯「優勝して恩返しすることができて本当に良かった」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿。念願の初優勝を飾った大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)は、チームにようやく恩返しすることができたと涙ながらに語った。

SF第6戦鈴鹿決勝|波乱続きの鈴鹿戦、ルーキー大湯都史樹が初優勝挙げる

2020スーパーフォーミュラ第6戦JAF鈴鹿グランプリの決勝レースが行なわれ、TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹が初優勝を果たした。

笹原右京と松下信治がエンジン交換で10グリッド降格。第5戦でのクラッシュ影響

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿では、エンジン交換を行なった笹原右京(TEAM MUGEN)と松下信治(Buzz Racing with B-Max)に対し10グリッド降格のペナルティが科されることとなった。

レコード更新しPP獲得、キャシディ「自分のキャリアの中でベストラップを刻めた」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿。予選でコースレコードを更新してポールポジションを獲得したニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が、予選アタックを振り返った。

SF 第6戦予選|ニック・キャシディ、王者の意地見せるレコード更新タイムでPP獲得

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿の公式予選では、昨日と比べてタイムアタックのタイミングを変えてきたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が今季初ポールポジションを獲得した。