フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
18 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

F1、2021年はレース前に”より様々な”メッセージを世界に発信。ドライバーたちのジェスチャーも自由

F1は2021年もレース前のセレモニーを継続。人種差別だけでなく、F1が展開するキャンペーンへの支持という形で、ドライバーたちはそれぞれ自由にジェスチャーをすることができる。

F1の新車がギリギリまで隠されるのは「当然のこと」とチーム関係者。現代では数週間でコピー可能

アルピーヌF1の技術責任者を務めるパット・フライは、F1チームが新車発表の際にデザインを隠すことに躍起になるのは至極普通のことだと語った。

フェラーリSF21には”有望な兆候”アリ? ルクレールが寄せる期待

フェラーリのシャルル・ルクレールは、今季のマシンSF21について、いくつかの「有望な兆候」があると語る。

チャンスは1回だけ。パワーユニット開発の重要性は、例年以上に高まる?

レッドブルは、ホンダのパワーユニットのプロジェクトを引き継ぐため、2022年以降の開発凍結を訴えている。これが認められれば、この冬の開発が、今後数年にわたって影響を及ぼす可能性がある。

レッドブル重鎮、F1デビューの角田に高い評価「学習のスピードが速い」

レッドブルのドライバー選定を取り仕切るヘルムート・マルコは、2021年にF1デビューを果たす角田裕毅について、「学習スピードが速い」と高い評価を下した。

メルセデス、レッドブル・ホンダに完敗。ハミルトン「彼らは手の届かないところにいた」

今シーズン圧倒的な強さを見せたメルセデス勢だが、最終戦アブダビGPではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに完敗。ボッタスは「驚くべき速さだった」と評した。

ボッタスから勝利を奪った”巨大な”デブリ。メルセデス「見えていたら外せたのに……」

メルセデスF1チームは、バルテリ・ボッタスがセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシンから脱落したフロントウイング翼端板にぶつかったあと、大きな影響があるというセンサーの表示を信じていなかったと明かした。

ようこそ未知の世界へ……情報不足のF1アイフェルGP。決勝には驚きが?

F1ドライバーとチームは、アイフェルGPの”未知”に挑もうとしている。2013年以来久々の開催、予想以上の低温、そして金曜走行のキャンセル……タイヤの性能がどうなのか、誰にも分からないまま決勝レースを迎えることになるのだ。

レッドブル・ホンダを阻む高い壁。「メルセデスの完成度は過去最高」とレッドブル代表

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、今季のメルセデスが現代F1で最も完成されたマシンを持っていると語った。

FIA、レーシングポイントの違法判決について説明「“主な設計者”はメルセデス」

FIAは、レーシングポイントRP20のブレーキダクトを違法と判断した理由について説明した。

レッドブルF1、シルバーストンでテスト実施。フェルスタッペンは参加せず

レッドブルは木曜日、フィルミングデーを活用し、新型車RB16を使ったテストをシルバーストンで実施した。しかしマックス・フェルスタッペンは、イギリス入国に際しての検疫措置を満たすなどができず、テストに参加することができなかった。

予算制限の効果にF1運営団体が自信……ウイリアムズの復活にも期待

F1のモータースポーツ・マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2021年シーズンから導入される予定のチームの予算制限の効果について自信。それに伴い、ウイリアムズが復活することも「祈っている」と語る。

アストンマーチンF1の誕生は、将来の”F1の可能性”を示している?

F1に参戦する自動車メーカーにとって、会社に何らかの問題が生じた時、あるいはコストを削減する必要性に迫られた時、参戦プログラムを中止するというのは、実に簡単な選択肢だ。しかし……

中国GPの開催可否は今後1〜2週間で決定か。F1側は延期を検討も前途多難

F1はコロナウイルスの感染拡大によって4月に中国GPが開催できないと判断された場合、中止ではなく延期を検討しているようだ。

フェルスタッペン見出したレッドブル重鎮、スーパーライセンスのポイント制に不満

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンを“並外れた才能の持ち主”と評し、初めて会った瞬間からその才能に疑いの余地は無かったと語った。また、現行のスーパーライセンスの発給条件には不満を述べた。

ウイリアムズ、テストドライバーに無名の若手を起用。その背景にあるものとは?

ウイリアムズは、2020年のテストドライバーに、ロイ・ニッサニーを起用することを明らかにした。実績の乏しい彼をなぜ起用するのか? そこには様々な背景があった……

レッドブル代表、アルボンを称賛も来季のシートは「急いで決断しない」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンの働きぶりを称賛しつつも、2020年のシート争いに関しては決断を急いでいないと語った。

クビアトのPUにダメージなし。シンガポールでもホンダ勢4台がスペック4使用へ

イタリアGPの決勝でオイル漏れに見舞われたトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトだったが、彼のパワーユニットは調査の結果、再利用が可能と判明。シンガポールGPではグリッド降格ペナルティを回避できそうだ。