トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
139 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ロレンソ、ビアッジ、アンダーソンの3名がMotoGPレジェンドに。殿堂入りの栄誉受ける

MotoGPを運営するドルナは、ホルヘ・ロレンソ、マックス・ビアッジ、ヒュー・アンダーソンの3名のライダーを、MotoGPレジェンドに選出。殿堂入りすることを発表した。

お互いを知り尽くしている……ラッセル、アルボン、ノリスはカート時代からの“戦友”

ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンやランド・ノリスと切磋琢磨した10代の頃を振り返り、大きな犠牲を払ってきたと語った。

ベスト・オブ・ジャック・ミラー! 表彰台5回の好調ミラー、2019年に満足

プラマックのジャック・ミラーは、MotoGPでの2019年シーズンが、2014年にMoto3でタイトル間近だったときよりも絶対に良いシーズンだったと考えている。

ジョアン・ミル、善戦見せるも裏では“呼吸に苦戦”。完全回復はまだ先?

2019年にスズキからMotoGPデビューを果たしたジョアン・ミル。彼は8月のブルのテストでの転倒が影響し、後半戦では“呼吸”に問題があったと明かした。

ホンダが最も“簡単な”バイク? チームマネージャー、マルケス専用との評価を一蹴

レプソル・ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチは、ホンダのバイクがマルク・マルケス専用に作られているという“愚考”は事実に基づいていないと反論を展開した。

英国オートスポーツ賞、最優秀新人はアルボン「FE参戦に満足していたけど……」

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、2019年のオートスポーツ・アワードで、最も優秀だったルーキードライバーに贈られるリシャール・ミル・ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

ザルコ、アヴィンティア・ドゥカティ入りを自身のSNSで正式発表

ヨハン・ザルコは、2020年シーズンのMotoGPをアヴィンティア・ドゥカティの一員として戦うことを、正式に明らかにした。

エスパルガロ兄、ドゥカティ&ドヴィを“お手本”にアプリリアの躍進狙う

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは、自身の目標がドゥカティを育て上げたアンドレア・ドヴィツィオーゾのような仕事を再現することだと話した。

ヨハン・ザルコ、アビンティア加入へ。2021年ドゥカティファクトリー入り目指す

2020年の所属先が未定となっていたヨハン・ザルコだが、彼はドゥカティと契約を結び、アビンティアに加入することを明らかにした。

左肩手術のマルケス兄、2月セパンテストで100%回復は無理? 執刀医が状況語る

レプソル・ホンダのマルク・マルケスはポストシーズンテスト終了後に右肩の手術を受けたが、執刀医によると2月のセパンテストで100%の状態に戻すことは難しいようだ。

ロッシ、ヤマハの新型エンジンに“もっと上”を要求。しかしエンジンはもう最終仕様?

バレンティーノ・ロッシは、新型エンジンについてさらなる”エンジンパワーの増強が必要だと語っている。しかしチームディレクターのマッシモ・メレガリは11月のテストで使ったエンジンが、既に最終版に近いものだと認めた。

マルケス、痛めた右肩を“予防的”手術へ。脱臼癖を防ぐ狙いか

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、ヘレステストでクラッシュした際に右肩を亜脱臼。マレーシアGPの転倒から肩に問題を抱えていたマルケスは、手術を行なうことを決定したようだ。

MotoGPヘレステスト2日目:マルケス兄トップタイム。雨で走行少なく終わる

MotoGPヘレステスト2日目は、悪天候により限られた走行となった。その中でトップタイムを記録したのは、レプソル・ホンダのマルク・マルケスだった。

マルク・マルケス、ヘレステスト初日転倒で“脱臼”再び

MotoGPヘレステスト初日に、ウエットパッチの影響で転倒を喫したマルク・マルケスだが、右肩を亜脱臼していたことを明かした。

MotoGPヘレステスト初日:ビニャーレス首位。クアルタラロも新型エンジンをテスト

ヘレス・サーキットで行なわれているMotoGPのポストシーズンテスト初日は、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムを記録。バレンシアテストに引き続き好調さを示した。

ペドロサ・ライディングスクール開講。ブラッド・ビンダー、侍の助け借り習熟

KTMファクトリーチームへ新たに加入したブラッド・ビンダーは、MotoGPバレンシアテストで、ダニ・ペドロサの助けを借りてMotoGPバイクの乗り方を学んだようだ。

来季も乗りこなせるのは“マルケスだけ”? クラッチローが新型バイクに懸念示す

LCRホンダのカル・クラッチローは、2020年型のプロトタイプマシンについて、大きく乗りやすくなったわけではないと感じている。

マシン炎上は“極端な”アイデアが原因? アプリリア、ショートギアレシオが裏目に

MotoGPバレンシアテスト中、アプリリアのアンドレア・イアンノーネのマシンが炎上したが、それは“極端な”キアボックスの設定を試していたことが理由だと明かした。

マルケス弟加入は“合理的”。クラッチロー、昇格逃すも「ガッカリしていない」

LCRホンダのカル・クラッチローは、ホルヘ・ロレンソの後任としてレプソル・ホンダに選ばれなかったことについて、“ガッカリ”していないと語った。

MotoGPバレンシアテスト2日目:ビニャーレス首位、ヤマハがトップ3を占める

バレンシアで行なわれたテスト2日目、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマークした。

兄マルケス、弟の初転倒に“一歩一歩”とアドバイス。だが自分の転倒には困惑

リカルド・トルモ・サーキットで行なわれているMotoGPバレンシアテスト。レプソル・ホンダのマルク・マルケスは新型マシンのテスト中に転倒を喫したが、その転倒は奇妙なものだったと語った。

バレンシアテスト初日:新型バイクが多数投入。アレックス・マルケスは初の転倒でほろ苦いスタート

MotoGP2020年シーズンに向けた最初のテストがバレンシアで行なわれた。タイム面ではファビオ・クアルタラロがトップを記録。急遽MotoGP昇格が決まったアレックス・マルケスは転倒を喫し、ほろ苦いスタートとなった。

「ノーチャンスだった……」ビニャーレス、グリップ引き出せず苦戦。ランク3位には満足

ヤマハファクトリーチームは最終戦バレンシアGPでビニャーレスが6位、ロッシが8位と目立たない結果となったが、タイヤを機能させることに苦しんでいたようだ。

ザルコ加入への布石? アビンティアがドゥカティとの関係を強化

アビンティアはドゥカティとの契約を更新。さらにサポート体制を強化し、来季ヨハン・ザルコを加入させる道を整えているようだ。