F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
165 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

LCRホンダの中上貴晶、肩に負傷? 日本GP後はヨハン・ザルコが代役か

LCRホンダは、日本GP以後の終盤3戦で中上貴晶に変わってヨハン・ザルコを起用するようだ。

スズキには打倒マルケスの策が必要……“創造力とサテライトチーム”が鍵に?

ヤマハとドゥカティは、マルク・マルケスとホンダのコンビを打ち破れていない状況が続いている。今季2勝を挙げ、戦闘力を高めているスズキとアレックス・リンスは対抗馬になれるだろうか?

2020年のMotoGP暫定スケジュールが明らかに。フィンランドGPが復活

MotoGPの2020年シーズンの開催カレンダーがチーム向けに明かされた。大きな変更はフィンランドGPの追加と、タイGPの開催時期変更となっている。

”ドゥカティ出戻り”が噂されたロレンソ、レプソル・ホンダ残留へ

ドゥカティ陣営への移籍が噂されたホルヘ・ロレンソだが、来季もレプソル・ホンダに残ることになりそうだ。

ホンダ離脱が噂されるロレンソ、2021年の“ペトロナス・ヤマハ”入りも選択肢に?

ホルヘ・ロレンソが2021年のペトロナス・ヤマハ移籍を考慮していることが判明した。

マルケス弟、Moto2ペトロナスからオファー有り。将来はMotoGPのシートも?

現在Moto2参戦中のアレックス・マルケスに対し、Petronas Sprinta Racingが2020年の契約締結を目指しているようだ。

ヤマハ、開発方針はホンダよりも“柔軟”? ライダーニーズに優先対応の姿勢

ヤマハのチーム代表リン・ジャービスは、マシン開発においてライバルのホンダよりもライダーのニーズに応えることに優れていると考えているようだ。

「マシンの開発が不十分」ドヴィツィオーゾ、マルケス&ホンダの組み合わせに危機感

ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、今季のマシン開発の進捗がライバルに比べて十分ではないという考えを明かした。

「マルケス抜きではホンダの大記録は無い」ドゥカティ、ホンダの批判に再反論

ドゥカティのパオロ・シアバッティは、ホンダのアルベルト・プーチによる自身の発言に対する反論について、メーカー間の論争に持ち込むために発言を曲解されたと再反論を行った。

『ホンダはマルケス専用機』ならドゥカティは“ストーナー専用機”? ホンダ側が反論

レプソル・ホンダのチームマネージャー、アルベルト・プーチは、ドゥカティが“マルケスのみ”に向けてマシンを作っていると批判したことに対して反論を行った。

「すべて僕のせいだ」ロレンソ、多重クラッシュの責任を認め謝罪

第7戦カタルニアGPで多重クラッシュの原因となったホルヘ・ロレンソ。彼はクラッシュの責任は自分にあると、3名のライダーに謝罪の言葉を語った。

ホンダの“ドゥカティ化”を目指すロレンソ、鍵はブレーキングにアリ?

ホンダへ移籍したホルヘ・ロレンソは、RC213Vのブレーキングの改善を目指して、ドゥカティ時代に使用していた要素を導入しているようだ。

KTMのダニ・ペドロサ、遂に負傷から復帰へ。ブルノでテスト実施予定

KTMのテストライダーを務めているMotoGPレジェンドのダニ・ペドロサ。負傷による手術の後、初となる本格的なテストを来週ブルノで行うようだ。

マルケス弟、2020年のMotoGP昇格も? プラマック代表、接触を認める

現在MotoGPに参戦中のプラマックは2020年に向けて現MotoGPチャンピオンの弟、アレックス・マルケスに接触しているようだ。

ドゥカティの道は辿らない! KTM、トラスフレームでのタイトル獲得を諦めず

KTMのCEOステファン・ピエラは、自身のMotoGPチームは10年前のドゥカティのようにトラスフレームを捨てることは無いと語った。

KTMのペドロサ、完全復帰は間近か。プライベートテストで回復具合をチェック

ダニ・ペドロサが、ムジェロで行われたプライベートテストにおいて、肩の手術後初めてKTMのマシンに乗ったことをチームが認めた。

スズキ、2020年のサテライトチーム設立は断念?

スズキのチーム代表であるダヴィデ・ブリビオは2020年にサテライトチームを持つことは無いだろうと語った。

KTMとザルコの“蜜月”は早くも終了? 「ザルコには“がっかり”だ」CEOが口撃

KTMのCEOステファン・ピエラは今シーズンから加入したヨハン・ザルコのパフォーマンスを“満足できない”ものだと語った。

ダニ・ペドロサ、負傷回復の遅れによりKTMのテスト不参加へ

スペインGP後のテストで復帰すると噂されていたKTMのダニ・ペドロサだが、回復が充分でないことから復帰はさらに延期されたようだ。

“彼抜きでは1度も勝てていない”バウティスタ、ドゥカティ首脳の予想を超える

ドゥカティのスポーティングディレクター、パオロ・シアバッティはWSBKでの勝利はアルバロ・バウティスタ無しでは存在しなかっただろうと認めている。

ホンダ、チェーン問題の原因は特定済み? スペインGPまでには修正予定

第2戦アルゼンチン、第3戦アメリカズと続けてチェーンに問題が起きているホンダだが、現在は問題が解決した自身があるようだ。

新人クアルタラロ、驚異の学習スピード。チームに衝撃が走る

MotoGPルーキーのファビオ・クアルタラロの切った力強いスタートは、ペトロナスヤマハを驚かせていると、チームマネージャーは語っている。

ホンダ版“スプーン”が一転承認。“空力目的”はダメ、“冷却目的”ならOK……規則に欠陥?

ホンダがドゥカティを模して用意した“スプーン”は一度は承認されなかったが、2度目の試みはどうやら成功したようだ。

ホンダ版”スプーン”は承認得られず。裁定の矛盾を指摘する”意図的な動き”か?

MotoGPテクニカルディレクターのダニー・アルドリッジは、合法と判断されたドゥカティの”スプーン”を模してホンダが用意したパーツを承認しなかった。