F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
17 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
10 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
289 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

F2事故で負傷のコレア、ビデオメッセージで無事な姿見せる

F2スパラウンドのクラッシュで、重症を負っていたファン-マヌエル・コレアは、ビデオメッセージを投稿。事故死したアントワーヌ・ユベールへ哀悼の意を示した。

パワーとディクソン、エアロスクリーンに好感触「外すと裸になったような感じ」

ウィル・パワーとスコット・ディクソンは、インディアナポリスで行われたエアロスクリーンの開発テストに参加した。

F2スパで負傷のコレア、右脚の切断回避を選択。10時間以上の再建手術に臨む

F2スパラウンドのレース1で負傷したファン-マヌエル・コレアは、29日(日)に右脚の再建手術に臨む。

インディカーは、乗りこなすのが最も難しい”獣”……ローゼンクヴィストの感想

チップ・ガナッシのフェリックス・ローゼンクヴィストは、今季インディカー・シリーズで走らせているダラーラのDW12は、これまでのキャリアの中で最も乗りこなすのが難しいマシンだと語る。

来季からインディカーに導入予定のエアロスクリーン、シーズン終了直後からテスト

2020年シーズンからインディカーに導入予定のエアロスクリーン。今シーズン最終戦の10日後から、そのテストが開始されることが決まり、それを担当するドライバーも選択された。

F2でクラッシュのコレア、未だICUで治療中「小さな改善の兆し」と家族が声明

F2でのクラッシュで重傷を負ったファン-マヌエル・コレアの容態に関する最新情報が伝えられた。彼は未だ人工的な昏睡状態にありながらも、わずかながら改善の兆しを見せているという。

両足骨折のコレア、手術を終える。状態が安定次第、母国アメリカで治療へ

スパ・フランコルシャンでのF2レース1で負傷したファン-マヌエル・コレアは手術を終え、少なくとも24時間は集中治療を受けるようだ。

インディカーの2020年カレンダー発表。東京オリンピックも日程に影響?

インディカーは、2020年のレーススケジュールを発表。ポコノに代わりリッチモンドがシリーズに復活することになった。

ポートランド予選:ハータがポールポジション獲得。佐藤琢磨は17番手

インディカー第16戦ポートランドの予選が行われ、コルトン・ハータ(ハーディング・レーシング)が2度目のポールポジションを獲得した。

2020年投入予定のエアロスクリーンが、マシンのセッティングに影響を及ぼす?

シュミット・ピーターソンのレースエンジニアであるウィル・アンダーソン曰く、来季からエアロスクリーンを導入することで重量バランスが変わるため、セッティングにも大きな変更を及ぼす必要があると示唆する。

全ての人に感謝を……苦境から一転、優勝という”最高結果”を手にした佐藤琢磨

インディカー第15戦ゲートウェイで今季2勝目を挙げた佐藤琢磨は、ポコノでのクラッシュの後厳しい状況に立たされたにも関わらず、サポートを続けてくれた全ての人たちへの感謝の想いを語った。

ゲートウェイ予選:ニューガーデンPP。佐藤琢磨5番手と好位置につける

インディカー・シリーズ第15戦ゲートウェイ戦の予選が行われ、ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンがポールポジションを獲得した。レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は5番手だった。

フランキッティ、ポコノのクラッシュには”中立派”。佐藤琢磨を責めず

元インディカードライバーのダリオ・フランキッティは、インディカー第14戦ポコノでの多重クラッシュについて、誰かに大きな非があるとは考えていない。

ローゼンクヴィスト、ゲートウェイ戦の参加許可。”モンスター”の特別カラーで臨む

チップ・ガナッシのフェリックス・ローゼンクヴィストは、インディカー第15戦ゲートウェイに、モンスターエナジー特別カラーのマシンで挑む。

レイホール・レターマン・ラニガン、佐藤琢磨に”非はない”と主張

レイホール・レターマン・ラニガンは、インディカー第14戦ポコノ戦の1周目に起きた事故について、チームのドライバーである佐藤琢磨に非がなかったことを主張する声明を発表した。

大クラッシュがあってもポコノが好き……開催継続を願うパワーら”トップ3”

インディカー第14戦ポコノ戦でトップ3に入ったドライバーたちは、1周目に大クラッシュが起きたにも関わらず、同レースウェイでの開催を今後も継続すべきだと考えている。

クラッシュの責任はどこに? 佐藤琢磨とロッシの意見、ツイッター上で対立

アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシと、レイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は、ポコノ戦の1周目に起きたクラッシュについて、誰に責任があるのか、その意見で対立している。

ロッシ、佐藤琢磨の動きを“恥ずべきもの”と批判。ハンター-レイからも厳しい声

アレクサンダー・ロッシは、佐藤琢磨がポコノ戦のオープニングラップで見せた動きは“恥ずべきもの”だと語った。

ポコノ予選:雨でキャンセル、ランキング順のグリッドに。佐藤琢磨は7番手

インディカー第14戦ポコノの予選は、雨によりキャンセル。ランキング順でグリッドに並ぶことになった。

アロンソはインディカーで成功できるはず……マクラーレン、アロンソと話し合いへ

マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、F1イタリアGPでフェルナンド・アロンソと将来について話し合う予定だという。

インディ500予選落ちの”屈辱”が、マクラーレンのフル参戦を決める動機に?

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、2019年のインディ500で予選落ちを喫したことが、来季からのインディカー・シリーズへのフル参戦を決断する後押しとなったと語った。

マクラーレン、F1での好調がインディ復帰を可能に。WEC参戦もF1次第?

マクラーレンは、今季のF1が好調でなければ、インディカー参戦プログラムを前に進めることは出来なかったと話した。

マクラーレン、2020年からインディカーにフル参戦! シュミット・ピーターソンと提携

マクラーレンは、シュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携し、2020年から2台体制でインディカーにフル参戦する。

インディカー、2022年にハイブリッドシステム搭載。第3のメーカーを誘致へ

インディカーは次世代エンジン導入を1年遅らせ、ハイブリッドシステムを組み込むことで、第3のメーカーを呼び込もうとしている。