F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
50 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
57 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
236 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

「目標はタイトル奪還」2020年型マシンは、“速く強い”マシン作り目指す|ヤマハ開発リーダーに訊く(3)

2019年からヤマハのモトGPグループのグループリーダーを務める鷲見崇宏氏にシーズンの振り返りや展望を訊くインタビュー第3回。今回は2020年のヤマハの展望について話を訊いた。

開発の肝はコミュニケーション。“ひとつの目標”に向かう組織作りが奏効|ヤマハ開発リーダーに訊く(2)

2019年のヤマハはMotoGPでコンストラクターズランキング2位と、苦戦した2018年から改善を示した。新たにヤマハのモトGPグループのグループリーダーに就任した鷲見崇宏氏に、ヤマハ内部でのコミュニケーションの改善などについて訊いた。

“選択と集中”の開発。目指したのは『コーナ前後100mの強さ』|ヤマハ開発リーダーに訊く(1)

2019年のヤマハはMotoGPでコンストラクターズランキング2位になるなど、苦戦した2018年と比べれば改善を示した。新たにヤマハのモトGPグループのグループリーダーに就任した鷲見崇宏氏に、開発の狙いなどについて訊いた。

新投入スープラは“素性が良い”。埼玉トヨペットGBの吉田、シェイクダウンの印象明かす

埼玉トヨペットGreen Braveは、スーパーGTの2020年シーズンに、GRスープラを投入することを発表。シェイクダウンでの走行を担当した吉田広樹は、エンジンのトルク感に違いがあると語り、ポテンシャルを感じている様子だ。

埼玉トヨペットGB、2020年は“GRスープラ”投入。新たに川合孝汰が加入

スーパーGTやスーパー耐久に参戦する埼玉トヨペットGreen Braveは、東京オートサロンで2020年のモータースポーツ活動体制発表を行ない、新たにGR SUPRA GTを投入することを明かした。

いざ表彰台! 暴れ馬に“可能性”見出す中上貴晶。飼いならせるかは「自分次第」

LCRホンダでMotoGP2年目のシーズンを終えた中上貴晶。2019年は肩の負傷によって戦線を早期に離脱してしまったが、その怪我の回復状況から、2020年シーズンの目標、来季に駆ることになる2019年型RC213Vについての話を聞いた。

FIA F2アブダビ・レース2:ギオット今季4勝目。松下信治は7位入賞

FIA F2の最終戦アブダビラウンドレース2がヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、ルカ・ギオット(ユニ・ヴィルトィオーシ)が今季4勝目を挙げた。

F1アブダビFP3:レッドブルのフェルスタッペン最速。3強入り交じる結果で予選へ

F1第21戦アブダビGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

F1アブダビFP2:ボッタス初日完封&メルセデスワンツー。フェルスタッペン5番手

F1第21戦アブダビGPのフリー走行2回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録。チームメイトのルイス・ハミルトンとワンツー体制を築いた。

MotoGPバレンシア決勝:マルケス優勝でホンダ3冠。ロレンソ、引退レースを無事完走

MotoGP最終戦バレンシアGPの決勝レースが行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが、今季12勝目を挙げた。引退レースのホルヘ・ロレンソは13位となった。

Moto2バレンシア予選:ナヴァッロがポールポジション獲得。長島哲太はQ2進出ならず

MotoGP最終戦バレンシアGPのMoto2クラス予選が行われた。ポールポジションを獲得したのは、ホルヘ・ナヴァッロとなった。

MotoGP最終戦バレンシアFP3:クアルタラロが首位譲らず。マルケス2番手で追う

MotoGP最終戦バレンシアGPのフリー走行3回目が行われ、ファビオ・クアルタラロがトップタイムをマーク。ヤマハ勢は4人がトップ6に入った。

MotoGP最終戦バレンシアFP1:ヤマハ勢好調、クアルタラロが首位発進。マルケス3番手

MotoGP最終戦バレンシアGPのフリー走行1回目がサーキット・リカルド・トルモで行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

時速300キロも100キロと大差なし? 中上貴晶、MotoGPライダーの感覚語る

ホンダレーシングサンクスデーにMotoGP参戦中の中上貴晶が登場。道上龍とのトークショーで、MotoGPライダーの速度感覚について語った。

ホンダサンクスデー2019開催。豪華顔ぶれが“カートレース”に興じる

ホンダレーシングサンクスデー2019がツインリンクもてぎで開催され、ドライバー、ライダーらがイベントに登壇。多くのファンを沸かせた。

MotoGPマレーシア決勝:ビニャーレス、“独走”で完全勝利! マルケスごぼう抜き2位

MotoGP第18戦マレーシアGPの決勝レースが行われ、マーベリック・ビニャーレスが独走で今季2勝目を挙げた。11番手スタートだったマルケスは、絶好のスタートを見せるなどし、2位でチェッカーを受けた。

Moto2マレーシア決勝:アレックス・マルケス、Moto2チャンピオンに輝く。ビンダー4勝目

MotoGPマレーシアGPのMoto2クラス決勝が行われ、ブラッド・ビンダーが優勝。またアレックス・マルケスが今季のタイトル獲得を決めた。

Moto3マレーシア決勝:鈴木竜生、不運の転倒リタイア。ダラ・ポルタ今季4勝目

MotoGPマレーシアGPのMoto3クラス決勝が行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタが今季4勝目を挙げた。鈴木竜生は先頭集団を走行中、転倒に巻き込まれリタイアとなった。

Moto3マレーシア予選:鈴木竜生、2番手フロントロウ獲得。PPはラミレス

MotoGPマレーシアGPのMoto3クラス予選が行われ、鈴木竜生が2番手フロントロウを獲得した。PPはマルコス・ラミレスとなった。

MotoGPマレーシアFP3:ペトロナス・ヤマハSRTがワンツー。ザルコQ2進出

セパン・インターナショナル・サーキットでMotoGPマレーシアGPのフリー走行3回目が行われ、フランコ・モルビデリがトップタイムを記録した。

MotoGPマレーシアFP1:ヤマハ、トップ3独占。クアルタラロ、レコード破りのトップタイム

MotoGP第18戦マレーシアGPのフリー走行1回目がセパン・インターナショナル・サーキットで行われた。トップタイムを記録したのはファビオ・クアルタラロだった。

MotoGPオーストラリア決勝:マルケス、“ドゥーハン超え”55勝目。ビニャーレスまさかの転倒

MotoGPオーストラリアGPの決勝レースが行われ、マルク・マルケスが今季11勝目を挙げた。通算では55勝目で、ミック・ドゥーハンの持つ記録を超えてみせた。

Moto2オーストラリア決勝:ビンダー優勝、チームでワンツー。マルケス8番手と苦戦

MotoGPオーストラリアGPのMtoo2クラス決勝が行われ、Red Bull KTM Ajoのブラッド・ビンダーが優勝。チームメイトとワンツーフィニッシュを決めた。

Moto3オーストラリア決勝:ダラ・ポルタ優勝で“戴冠”彩る。鈴木竜生、またも悔しい4位

MotoGP第17戦オーストラリアGPのMoto3クラス決勝レースが行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタが優勝。タイトル獲得を決めた。