フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
829 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

TV放送の情報表示だけじゃない! アマゾンの機械学習ツールは、F1の未来にどう貢献しているのか?

2018年にアマゾン・ウェブ・サービスとの連携を開始したF1。このパートナーシップはF1の未来をどのようにサポートしているのだろうか。

F1王者の経験値……ベッテル「フェルスタッペンには、ランキング首位奪取より勝てるという“安心感”の方が重要」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、ランキングでトップに立つことよりも、競争力のあるF1マシンを手にすることで得られる「安心感」の方が、レッドブルのマックス・フェルスタッペンにとっては重要だと考えている。

アロンソ、F1休暇前から思い描いていたル・マンやデイトナへの参戦「F1によって新たな挑戦への時間が失われていた」

今季アルピーヌからF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、一度F1引退するまでは、F1に参戦することで、世界耐久選手権(WEC)やデイトナ24時間などの新たな挑戦をする時間が失われていると感じていたようだ。

予選の“紳士協定破り”横行にセルジオ・ペレス怒り「どんどん悪くなってきている」

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは予選における既存の“紳士協定”が必ずしも尊重されていないことについて話し合いを行なうことを希望している。

F1キャリアの“第2スティント“を満喫するアロンソ「グランプリのない週末は、レースが恋しい」

今季からアルピーヌのドライバーとしてF1に戻ってきたフェルナンド・アロンソは、彼が想像した以上にF1復帰を楽しめており、グランプリの無かった2週間はレースが恋しかったと語った。

ウイリアムズ、風に敏感なマシンを改善すべく新パーツ投入……次戦フランスGPでもテスト

ウイリアムズは、開幕戦からチームの悩みのタネであった「風の影響」を軽減すべく、今季のマシン『FW43B』のバージボードのデザインを変更している。

フェラーリ代表、2戦連続のポール獲得も慎重な姿勢「本来の実力が結果に反映されていない」

フェラーリのマティア・ビノット代表は、F1第5戦モナコGPと第6戦アゼルバイジャンGPの予選でシャルル・ルクレールが連続でポールポジションを獲得したが、それはフェラーリの現状を反映したものではないと考えている。

レッドブル移籍後初優勝のペレス、“前任”アルボンの献身に感謝「こんなに色々教えてくれるなんて思わなかった」

セルジオ・ペレスは、レッドブルF1の“前任”であるアレクサンダー・アルボンについて、情報開示などにおける寛容さやサポートの厚さに感銘を受けたと語り、今季のレッドブルの成功における一端を担っていると称賛した。

母国ロシアでの兵役義務に直面するニキータ・マゼピン、F1でのレース活動に支障のない形で遂行目指す

ハースのニキータ・マゼピンは、ロシアでの兵役に関する噂について回答し、予備役となるため必要とされる授業を大学での勉強と並行してこなしていることを明らかにした。

マクラーレンF1代表、黄旗時の”スピード違反”取り締まりゼロに不満「みんながやっているから、というのはおかしい」

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、F1レースディレクターがアゼルバイジャンGP決勝で黄旗スピード違反に対して何の措置もとらなかったことに不満を示している。

MotoGP、8月オーストリア連戦で“満員の観客入場”解禁へ。ワクチン接種など条件設ける

MotoGPは8月開催予定のオーストリア2連戦において、観客動員数をキャパシティ上限まで開放することを発表した。

ウイリアムズF1、代表のサイモン・ロバーツが1年でチームを離脱「オペレーションのさらなる合理化のため」

ウイリアムズは、1年間F1チームに在籍し、チーム代表も務めたサイモン・ロバーツの退任を発表した。

F1王者ロズベルグ、バクーのピットレーン入口を「最も危ない」と形容。一方FIA側はその意見に同意せず

F1のレースディレクターであるマイケル・マシは、元F1ドライバーのニコ・ロズベルグがバクー市街地コースのピットエントリーの危険性を指摘したことについて、異議を唱えた。

F1サウジアラビアGP、ピットビルのイメージを初公開「コースと周辺の景色に調和」

12月に初開催が予定されているF1サウジアラビアGPの舞台となるジェッダ市街地コースのピットビルディングのイメージ図が公開された。

ロス・ブラウン「ラスト2周のスリリングなレースは、予選スプリントレース導入に向けた良い兆し」……F1ドライバーからも高評価

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1第6戦アゼルバイジャンGPでの赤旗再スタートによる「スリリング」なフィナーレが、来月に控えた予選スプリントレースの導入に向けた良い兆しだと考えている。

セーフティカー出動が遅すぎる! ホームストレート上での危険な事故の対応に、ドライバーから不満の声

シャルル・ルクレール、セバスチャン・ベッテル、そしてカルロス・サインツJr.は、アゼルバイジャンGPでマックス・フェルスタッペンのクラッシュが発生した後、セーフティカー出動が遅れたことに対して懸念を示した。

セバスチャン・ベッテル、アストンマーチン加入後初表彰台”2位”「この勢いを、今後もさらに続けていく」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、アゼルバイジャンGPで2位に入ったことが、非常に低調なシーズンスタートとなった自身とチームを勢い付かせるのに役立つことを望んでいる。

ポールポジションから表彰台逃したルクレール、”木の枝”きっかけでリード失い悪循環に

フェラーリのシャルル・ルクレールは、コース上に落ちていた木の枝がきっかけで、F1アゼルバイジャンGPでリードを失ってしまったと明かした。

F1レースディレクター、赤旗後のレース再開判断を説明「リスタートをしない理由がなかった」

F1レースディレクターのマイケル・マシは、第6戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが残り3周で赤旗が掲示された後、再スタートしない理由はなかったと語った。

実はレッドブル・ホンダ全滅の可能性もあった……? 優勝のペレスは「油圧トラブルを抱えていた」とホーナー

F1アゼルバイジャンGPで優勝したセルジオ・ペレスはチェッカー直後にマシンをストップさせたが、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナー曰く、ペレスは油圧トラブルを抱えていたようだ。

ハミルトンとメルセデスは、F1アゼルバイジャンGP初日の苦戦からなぜ立ち直れたのか?

F1アゼルバイジャンGP初日で苦戦しながらも、予選ではフロントロウを獲得してみせたルイス・ハミルトン。彼とメルセデスはどのようにして状況を好転させていったのか?

レッドブル・ホンダのペレス、速さを活かせなかった予選を悔やむ「最低でもフロントロウには行けたはず……」

F1アゼルバイジャンGPで予選7番手に終わったセルジオ・ペレスは、フロントロウを獲得できなかったことに「非常にイライラする」と語った。

ボッタス「シーズン序盤から苦しむも、“負け犬”に成り下がるつもりはない」

F1の2021シーズン序盤からパフォーマンスに苦しむメルセデスのバルテリ・ボッタスは、精神的な強さが試されているが、「負け犬の選択肢」を選んでF1タイトル争いを諦めることはないと語った。

苦戦続くメルセデスF1、アゼルバイジャンGP予選は試練のセッションになる?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1アゼルバイジャンGPの予選が非常に難しいセッションとなることを覚悟していると語った。

フェラーリ、アゼルバイジャンでも好調な滑り出し。しかし「モナコほどは速くない」とサインツJr.

カルロス・サインツJr.は、F1アゼルバイジャンGPの初日を3番手で終えたものの、フェラーリは「間違いなくモナコほどは速くない」と考えている。

可変ウイングへの抗議は大混乱を引き起こす? レッドブル代表「パンドラの箱を開けるようなモノ」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、フレキシブルウイングの問題について収拾のつかない事態になる可能性があるため、もし自分がメルセデスにいたら「口をつぐんでいるだろう」と語った。

レッドブル好発進。トップタイムのペレス、ついにレッドブルのマシンを”理解”した?

F1第6戦アゼルバイジャンGPの初日を首位で終えたセルジオ・ペレスは、レッドブルのマシンをようやく理解できたと考えており、今季最高の金曜日を過ごしたと語った。

フェラーリ、モナコでの躍進は幻なのか? ルクレール「あれは1回限り。調子に乗りすぎてはいけない」

フェラーリはF1モナコGPで驚きのパフォーマンスを見せたが、シャルル・ルクレールはモナコの前のような”通常の位置”に戻ると考えている。

フェルスタッペン、ハミルトンとの”心理戦”は懸念せず「やるべきことに集中する」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンとのタイトル争いを通じて敬意が保たれると考えており、心理戦に悩まされるとは考えていないという。

好調オコン、アルピーヌからの残留ラブコールに喜ぶも「契約のことはマネジメント陣に任せている」

エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームとの新たな契約についてはマネジメントチームに委ねるとしながらも、チームが自身の残留を希望していることをありがたく思っていると語った。

ザウバーF1、アルファロメオとの提携延長に向けてすでに交渉スタートか「前向きな話し合いができている」

ザウバーは現行契約が終了する2021年以降も、アルファロメオのサポートを受けるべく、ステランティスとの交渉を進めているようだ。

“浪人中”のカラム・アイロット、F1昇格に向け「僕は非常に良いポジションにいる」

フェラーリの育成ドライバーであるカラム・アイロットは、今季シングルシーターのレースに参戦していないものの、F1にステップアップするにあたって「非常に良いポジション」にいると感じている。

サインツJr.、フェラーリへの適応を”楽しむ”も「ドライビングスタイルはかなり変えている」

カルロス・サインツJr.は、フェラーリのマシンに適応するというチャレンジを楽しんでいると語り、ドライビングスタイルをかなり変えなければならないと明かした。

サインツJr.、元チームメイトのノリスに太鼓判「彼は将来マクラーレンをトップに押し上げる」

カルロス・サインツJr.は、かつてのチームメイトであるランド・ノリスが、マクラーレンをトップに押し上げられる存在だと語った。

メルセデスF1代表、子供たちがモータースポーツをより手頃な価格で始められるように「我々にできることがある」

メルセデスF1チームのトト・ウルフ代表は、今のモータースポーツは、若いドライバーたちがキャリアをスタートするにはお金がかかりすぎるため、「今よりもはるかに手頃な価格」にする必要があると語る。

9月開催のF1オランダGP、1日あたり10万人の観客動員を目指す「事態が急速に良い方向に向かっている」

ザントフールトで9月に開催される予定のF1オランダGPは、1日あたり10万人以上の観客動員を目標としているようだ。

ミック・シューマッハー、友人ベッテルから受けた1番のアドバイスは「F1への愛を絶対に忘れないこと」

ハースからF1デビューを果たしたミック・シューマッハーは、アストンマーチンに乗る4度のF1世界チャンピオンであり同郷のセバスチャン・ベッテルとは友好関係にあり、彼から多くのアドバイスを受けていると語った。

好調オコン、新レースエンジニア含めクルーの貢献に感謝「とても大きな役割を果たしている」

今季、印象的なシーズン序盤を過ごしているエステバン・オコンは、新しいレースエンジニアがそのパフォーマンスに大きな貢献をしていると語った。

レッドブルF1、”リヤウイング”抗議の可能性をちらつかせるメルセデスを牽制「フロントウイングも見るべき」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、メルセデスがアゼルバイジャンGPで”フレキシブル・リヤウイング”への抗議も辞さないとしていることを受け、フロントウイングにも注意を向けるべきだと語った。

F1、スプリントレース開催に際し新グラフィックス導入へ……「微妙だった」で終わらせない為に

F1は、新たに導入する予選スプリントレースがファンにとって「モヤモヤした」まま終わらないように、Amazon Web Services(AWS)との連携を通じ、さらなる情報をファンに提供するとしている。

モナコGPは常勝メルセデスの”アキレス腱”? チームは苦戦の理由を探るも「モナコは特別」

メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、なぜF1モナコGPがメルセデスにとってのアキレス腱となってしまうのかを、解明する必要があると語った。

”大好評”マクラーレンのガルフオイル特別カラーリングは、やっぱりモナコ1回限り?

2021年のF1モナコGPを、ガルフオイルの特別カラーリングを纏って戦ったマクラーレン。そのカラーリングは評価が高く、各方面から継続を望む声が挙がっているが、チーム代表のアンドレアス・ザイドルは、「今のところ1回限り」と語る。

モナコの”つまらない”週末も、メルセデスにとって学びのチャンス?「そうやって強くなってきた」とハミルトン

ルイス・ハミルトンは、メルセデスにとっては散々だったF1モナコGPでの日々について、敗北から学ぶことができると語った。

モナコ初勝利で、また一皮むけた? レッドブル重鎮、フェルスタッペンは「一段成熟度が上がった」

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、F1モナコGPで圧倒的な強さを見せたマックス・フェルスタッペンについて、ドライバーとして更に成熟レベルが上がったと語った。

アロンソ、同胞サインツJr.の表彰台を喜ぶも「僕がフェラーリで2位になった時は葬式みたいだった……」

フェルナンド・アロンソは、かつてF1で2位になった際に「お通夜のような」雰囲気になっていた時期があると語り、その時は自身が残した成績がリスペクトされていないと感じたという。

アルピーヌF1、オコンはメルセデスに返さない? 契約延長向け話し合いスタート

アルピーヌF1は既に2021年以降のエステバン・オコンとの契約について話し合いを始めていることを明らかにした。

モナコで外れなかったボッタスの右フロントタイヤ……ファクトリーに戻らないと外せない??

F1モナコGPの決勝レースで、ピットストップ時に右フロントタイヤを外すことができずリタイアに終わったメルセデスのバルテリ・ボッタス。彼の右フロントタイヤは、ファクトリーに戻らないと外せない状態にあるようだ。

アンダーカット作戦が唯一のチャンスだった? メルセデス「ハミルトンの不満は分かるが……」

メルセデスF1はモナコGPでルイス・ハミルトンに、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)をアンダーカットする作戦を実行したが、これはうまくいかず7位でフィニッシュ。チームとしては、これが順位を上げる唯一の戦略だと考えていたようだ。

ガスリー、ベッテルとのバトルは「フェアだったが、”もう少しで”ふたりとも港に落ちていたかも」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1第5戦モナコGPでピットアウトするアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルに抜かれたことについて、「とても激しいがフェア。でも、”もう少しで”港に落ちていたかも」と語った。

ハミルトン、モナコ7位で危機感? 「こうしたレースを繰り返す余裕はウチには無い」とチームに発破

2021年のF1第5戦モナコGPを7位で終えたルイス・ハミルトンは、今後のチャンピオンシップをマックス・フェルスタッペンと争っていく上で、同じ様なレースを繰り返すわけにはいかないと気を引き締めている。

スタート前に“母国レース優勝”の夢潰える……ルクレール「受け入れるのは難しかった」

F1モナコGPでポールポジションを獲得しながらも、ドライブシャフトに発生した問題によってスタート前にリタイアを強いられたフェラーリのシャルル・ルクレール。彼はこの結果を受け入れることは難しいと語った。

ボッタス、ピットストップでタイヤが外れず無念のリタイア……「起きてはならないトラブル」

バルテリ・ボッタスは、F1モナコGPのリタイアにつながったチームのタイヤ交換ミスを悔やんでいる。

フェルスタッペン、モナコで初表彰台&初優勝「集中力を保つのは簡単じゃなかった」

F1モナコGPを初めて制覇し、ランキング首位に立ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。「集中力を保つのは大変だった」としながらも、伝統の公道コースで勝利を手にしたことを喜んだ。

ルクレールの”母国”モナコ初優勝という『夢』を奪ったトラブル。予選のクラッシュとは関係なし?

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールが決勝レースをスタートできなかった原因となったドライブシャフトの問題は、予選でのクラッシュとは「完全に無関係」である可能性が高いと考えている。

モナコGPポールポジションのルクレールに悲劇……ドライブシャフトにトラブル発生で決勝出走できず

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1モナコGP予選でポールポジションを獲得したが、決勝前にドライブシャフトにトラブルが発生したことでレースに出走することができなかった。

ハミルトン、リスキーな戦略でモナコ大逆転を目指す?「ドライビングの面でリスクは冒せないが……」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1モナコGP予選で7番手となったルイス・ハミルトンの決勝戦略について、チームはリスクを冒す用意があると語った。

メルセデス、苦しんだハミルトンに「適切なクルマを与えられなかった」タイヤの温めに問題?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、F1モナコGPの予選で苦戦したルイス・ハミルトンと生産的な話し合いをしたと語り、ハミルトンに適切なクルマを与えられなかったと認めた。

フェラーリ、ルクレール車のギヤボックス交換可否は決勝日朝に判断も「少しでも懸念があれば交換する」

フェラーリは、F1モナコGPでクラッシュしたシャルル・ルクレールのギヤボックスに「深刻なダメージはない」と判断したが、交換するかどうかの最終決定は決勝日の朝に行なわれるようだ。

ルクレール、地元モナコでポールポジション獲得も、最終アタックでクラッシュ「壁に突っ込んで終わるなんてね」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1モナコGPの予選でポールポジションを獲得できたのは驚きであり、満足していると語るものの、最終盤にクラッシュしたことには複雑な感情を抱いている。

ボッタス「ポールポジションを獲れたと思うんだけど……」ルクレール原因の赤旗予選終了にガッカリ

メルセデスのバルテリ・ボッタスはF1モナコGP予選終盤に赤旗が出たことで、ポールポジションを獲得するチャンスが消えてしまったと悔しさを見せた。