フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
698 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

アレックス・リンス、“ながらスマホ”原因で転倒骨折と告白。ドイツGPで早くも復帰へ

スズキのアレックス・リンスは、MotoGPカタルニアGPで自転車乗車中に転倒し右腕を骨折しているが、その原因には携帯電話の使用があったと明かした。

グレシーニ、ドゥカティとの契約を正式発表。ライダーはバスティアニーニ/ディ・ギャナントニオ

MotoGPに参戦するグレシーニ・レーシングは、2022年以降のドゥカティとの提携で合意。同時にライダーもファビオ・ディ・ギャナントニオとエネア・バスティアニーニとなることが明かされた。

クアルタラロの”ツナギ事件”が浮かび上がらせた、MotoGPの“罰則”問題点

2021年のMotoGP第7戦カタルニアGPでは、ヤマハのファビオ・クアルタラロがライダースーツがはだけた状態でレースを走る事態が発生し、後にペナルティが科された。これはこのレースの中心的なトピックスとなっているが、MotoGPのスチュワードパネルに関する疑問を浮かび上がらせており、今後に悪影響を残すかもしれない。

ホンダがこのまま終わるわけがない! 王者マルケス「シーズン終わりまでに表彰台に立つ」

2022年シーズンで表彰台を獲得できなければ、コンセッション(優遇措置)の適用メーカーとなる可能性のあるホンダ。しかしマルク・マルケスはこのまま表彰台獲得”ナシ”でシーズンを終えることはないと語った。

ビニャーレス、“ヤマハ離脱”を仄めかす報道に不快感。メディア対応の難しさを実感

マーベリック・ビニャーレスはヤマハとの関係についての自身の発言が意図とは違った取り上げられ方をしていると、メディアによる報道を批判した。

「ホンダの現状はKTMの初年度みたい……」エスパルガロ弟、苦戦続きでも好転の予感はアリ

2021年シーズンは苦戦が続いているホンダだが、ポル・エスパルガロはこの状況をKTM初年度に似ていると説明した。

アレイシ・エスパルガロ、改善アプリリアでも態度保留のドヴィツィオーゾに「出ない理由が分からない」

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは今シーズン戦闘力を見せる新型マシンにも関わらず、テストプロジェクトを担っているアンドレア・ドヴィツィオーゾが来季復帰に口を閉ざしたままの理由がわからないという

「初優勝には何かが足りない……」今季2位4回、“シルバーコレクター”ザルコの悩み

プラマックのヨハン・ザルコはMotoGP初優勝まであと一歩のレースが続いているが、彼は初優勝を達成するためには‘何かが足りていない”と現状を語った。

ジョアン・ミル「タイヤ選択ミスがなければ勝利もあった……」リンス欠いたスズキ1台体制の弊害出る

MotoGP第7戦カタルニアGPで4位となったジョアン・ミル。彼はタイヤ選択にミスがあったことで、好結果を得るチャンスをふいにしてしまったと語った。

ツナギ開いたまま走行のクアルタラロ、“黒旗”処分で妥当だったと非認める

ヤマハのファビオ・クアルタラロはMotoGP第7戦カタルニアGPでライダースーツのファスナーが開いた状態での走行を行ない、タイム加算ペナルティを科されることになったが、本人も適切な行為ではなかったと認め、失格処分に値する行為だったと語った。

ミラー、“棚ぼた”3位も予測済みだった? 走路外走行のクアルタラロ見てペナルティ確信

ドゥカティのジャック・ミラーはMotoGPカタルニアGPでファビオ・クアルタラロがタイム加算ペナルティを受けたことで繰り上がり表彰台となったが、ペナルティが発生することは予想済みだったため驚きはなかったと語った。

MotoGPカタルニアテスト:ヤマハ勢ワンツー、中上貴晶3番手タイム。マルケス最多87周走り込む

スペインのカタルニア・サーキットでMotoGP公式テストが実施。ヤマハのマーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロがワンツーを記録した。中上貴晶は3番手と上位のタイムを記録している。

マルケス、7周転倒も今季ベストな走りに満足「今日の僕は”マルク・マルケス”だった」

MotoGP第7戦カタル二アGPでレプソル・ホンダのマルク・マルケスは3戦連続の転倒を期し僅か7周でレースをリタイアした。だが本人は今回のレースではリスクを冒す必要があったとし、転倒するまでの7周は今シーズンでベストな走りだったと語った。

クアルタラロの“開いた”ツナギでの走行に「他ライダーを危険に晒した」とライバルから批判

MotoGP王者のジョアン・ミルは2021年の第7戦カタルニアGP決勝で、ツナギが開いた状態にもかかわらず走行したファビオ・クアルタラロは“他ライダーを危険に晒した”と批判している。

クアルタラロ、“3秒タイム加算ペナルティ”で6位に降格。安全装備装着義務違反

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGP第7戦カタルニア決勝レースでライダースーツのファスナーを開いて走行した件でタイム加算ペナルティが決定。6位に降格となった。

「バイクは2020年から改善されていない」王者ジョアン・ミル、苦しい状況に不満

MotoGP王者のジョアン・ミルは第7戦カタルニアGP予選を経て、「スズキのバイクが昨年と比較して改善されていない」と苦しい状況を語った。

カタルニア決勝はタイヤ“温存”勝負に? モルビデリ「デグラデーションで厳しいレースになる」

ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリは、MotoGP第7戦カタルニアGPの決勝レースではタイヤの消耗に苦しむことになると予想し、厳しい戦いを覚悟していると語った。

怪我に苦しむマルケス、”大先輩”ドゥーハンから「重要なレッスン」受ける。体調は上向きつつある?

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは怪我からの完全復活を目指している最中だが、かつて同じように大きな怪我を負った経験のあるMotoGPレジェンド、ミック・ドゥーハンと重要な話をしたと明かした。

ビニャーレス、慣れない新チーフとの初日に「落ちついた1日だった」と好評価

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはMotoGPカタルニアGPからクルーチーフが変更された。彼は新担当のシルヴァーノ・ガルブゼラとの行なった作業プログラムに関しては慣れていないモノだったと認めた。

ガードナー昇格で崖っぷち、ペトルッチ「今年でキャリアが終わっても悔いはない」

テック3・KTMのダニーロ・ペトルッチは、2021年シーズンでMotoGPを去ることになったとしても後悔はないと語った。

ビニャーレス、クルーチーフ変更で“最大ポテンシャル”発揮へ? 交代はヤマハの要望か

MotoGP第7戦カタルニアGPを前に、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはクルーチーフの交代が明らかとなったが、これはヤマハの決定だと彼は明かした。

苦戦続くビニャーレス、クルーチーフが交代へ。元ロッシ担当のベテランとコンビ

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、第7戦カタルニアGPからクルーチーフに変更が発生。かつてバレンティーノ・ロッシのクルーチーフだったシルヴァーノ・ガルブゼラがその任に就くことになった。

アレックス・リンス、自転車トレーニング中の骨折でカタルニアGPを欠場。代役はナシ

スズキのアレックス・リンスは、トレーニング中に右腕を怪我したことにより、MotoGP第7戦カタルニアGPは欠場することになった。

【MotoGP】プラマック、来季もザルコとマルティンのラインアップを継続。引き続き”最新型”ドゥカティの供給受ける

プラマック・レーシングチームは、2022年のMotoGPでも引き続きヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンを起用していくことを明らかにした。

4戦連続……続く転倒ノーポイントの連鎖にアレックス・リンス心配「何かをしなくちゃ」

スズキのアレックス・リンスは現在4戦連続で転倒リタイアを喫している。そのクラッシュについてリンスは「普通ではない」と困惑している。

ドゥカティ有利の下馬評崩し勝利のヤマハは「完成されたパッケージ」とクアルタラロ

ファビオ・クアルタラロは6戦を終えて2021年MotoGPのランキングをリードしている。第6戦イタリアGPでシーズン3勝目を収めたクアルタラロは、今のヤマハがこの上ない状態にあると考えている。

MotoGPのトラックリミット規制、もっと“人間味”ある対応が必要? 伊GPで翻弄されたミル主張

MotoGPイタリアGPでは2位と3位となったミゲル・オリベイラとジョアン・ミルにトラックリミット違反があったが、ミルはトラックリミットに関するルールには“人間味”が必要だと語った。

KTM、ブラッド・ビンダーとの契約延長を発表。2024年シーズンまでKTM所属に

MotoGPに参戦するKTMはブラッド・ビンダーとの契約を2024年末まで延長したことを発表した。

クラッシュ映像の放送に再びライダーから批判。ジャック・ミラー「受け入れがたいこと」

MotoGP第6戦イタリアGPMoto3クラスで発生したジェイソン・デュパスキエの痛ましい事故死だが、そのクラッシュシーンの放送が繰り返されていた現状に、ジャック・ミラーは憤りを感じている。

マルケス2戦連続の転倒リタイア……ビンダーとの接触は「自分の責任」と認める

MotoGP第6戦イタリアGPを転倒で終えたマルク・マルケス。彼はブラッド・ビンダーとの接触があったが、自身の責任だったと語る。

バニャイヤ、デュパスキエの事故死を受け「MotoGPはレースをするべきではなかった」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤはMotoGP第6戦イタリアGPで起きたジェイソン・デュパスキエの事故死を受けイタリアGPを続行したことは正しい選択ではなかったとし、受け入れがたいと思いを語った。

バスティアニーニ、スタート直前に“まさか”のクラッシュ。「ザルコを避けられなかった」と説明

MotoGPイタリアGPの決勝レーススタート直前に、ホームストレートでヨハン・ザルコと衝突してクラッシュしてしまったエネア・バスティアニーニ。彼は当時ブレーキングでザルコを避けることができなかったと説明した。

クアルタラロ、イタリアGPでポール・トゥ・ウィンも「素晴らしい気分じゃない」デュパスキエの死を悼む

MotoGPイタリアGPで優勝したファビオ・クアルタラロは、Moto3クラスのジェイソン・デュパスキエが事故死した後ということもあり、あまりいい気分ではないと認めた。

【訃報】Moto3ライダーのジェイソン・デュパスキエが亡くなる。予選中に激しく転倒

MotoGPのMoto3クラスに参戦するスイス人ライダー、ジェイソン・デュパスキエが、イタリアGP予選中の事故により亡くなった。

マルク・マルケス、”後追い戦術”をビニャーレスに謝罪「速く走るためにはあれしかなかった」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGPイタリアGP予選でマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)の後を追った戦術はフェアではなかったと認めた。

クアルタラロ、Moto3で大クラッシュのデュパスキエに“エールを贈る”PP「良いニュースが届いてほしい」

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPイタリアGP予選でポールポジションを獲得したラップを「これまでで最高のラップ」だったとして、予選中の事故により救急搬送されたMoto3ライダー、ジェイソン・デュパスキエの回復を願って、この結果を捧げると語った。

予選Q1敗退のビニャーレス「速さが足りなかった……」マルケス後追いの影響を否定

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、MotoGPイタリアGPの予選で後追いをしてきたマルク・マルケスに邪魔はされなかったと語り、Q1敗退は速さが足りなかったと語った。

【MotoGP】マルク・マルケスがイタリアGP予選で見せた“後追い戦術”をヤマハが痛烈批判

ヤマハのチームマネージャーであるマッシモ・メレガリは、MotoGPイタリアGPでマルク・マルケスが採った“後追い戦術”がフェアではないと語り、レースディレクションの介入を期待している。

マルク・マルケス、怪我の回復に行き詰まり「具合が復帰時と変わらない」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは復帰戦となった第3戦のポルトガルGPから怪我の回復が一向に進まないことから行き詰まりを感じているようだ

クアルタラロ、イタリアGP初日終え危険なトラフィックに苦言「FP2からスロー走行するなんて考えられない」

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPイタリアGPのフリー走行中にライダーがレーシングライン上でスロー走行しているのは「意味が分からない」として、厳しい罰則を受けるべきだと考えている。

ドゥカティのムジェロ4連覇、“青”のヤマハ&スズキ勢が「待った」かける?

ドゥカティが3連覇しているMotoGPイタリアGP。2021年シーズンも彼らは速さを発揮してきているが、ライバル達もやすやすとドゥカティの勝利を許すことはなさそうだ。

ロッシ、母国イタリアGPの初日総合21番手と大苦戦「ブレーキングに苦労している」

MotoGP第6戦イタリアGP初日を総合21番手で終えたバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)は、ブレーキングに苦しんでいると語った。

バニャイヤ「母国での“初優勝”よりも大事なのは一貫性と競争力!」冷静さが初日総合首位に繋がった?

好調が続くフランチェスコ・バニャイヤ。彼はドゥカティの母国戦イタリアGPで初優勝を成し遂げられれば素晴らしいこととしながらも、無理に目指すことはないと語る。

アレックス・マルケス、自信喪失。「2021年型のマシンで楽しく走れない」

MotoGP参戦2年目のLCRホンダのアレックス・マルケスは2021年シーズンの戦いでは苦戦が続いている。彼はドライコンディションにおいて最新型のホンダのマシンで楽しく走ることができていないと語っている。

母国GPのバレンティーノ・ロッシ、将来を決定づけるムジェロからの4戦に「ただ楽しむだけ」

バレンティーノ・ロッシはMotoGP第6戦イタリアGPからの4レースが、自身の将来に向けて非常に重要なモノとなると認識しており、結果を出す必要があると語った。

マルケス、怪我の影響で”再休養”も検討していたと明かす……「肩にも痛みが出てしまっている」

マルク・マルケスは、MotoGP第4戦スペインGP後に再び休養することを検討したものの、レースを続けるのが最善だという医師のアドバイスに従ったと明かした。

“長い直線”のムジェロ、下馬評はドゥカティ有利……でもヤマハにチャンスあり?

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロは、長い直線の有るムジェロ・サーキットでのレースでも勝負できるチャンスは有ると考えている。

プラマックとドゥカティの関係性はVR46でも壊せない? ザルコ「この関係性は消えることはない」

プラマックのヨハン・ザルコは、バレンティーノ・ロッシ率いるVR46とドゥカティの交渉について、仮にVR46が陣営に加わったとしても、プラマックとドゥカティの関係性が壊れることはないだろうと考えている。

「2021年のドゥカティは最高のドゥカティ」2連勝のミラー、チームの努力称賛

ジャック・ミラーは2021年のドゥカティ・デスモセディチGPについて、これまでのマシンで最高の仕上がりだと考えている。

プラマック、ドゥカティとのサテライト契約更新を発表。今季は既に表彰台4度獲得

MotoGPに参戦するプラマック・レーシングは、ドゥカティとのパートナーシップ契約を2024年末まで延長したことを発表した。

フランコ・モルビデリ、他メーカーへの興味も!? 全てはヤマハのサポート次第か

ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリは2022年の契約について現在どこのチームとも話し合いを交わしていないが、他メーカーからの関心は認識していると語った。

ドゥカティ、ジャック・ミラーとの契約を延長。2022年もバニャイヤとのコンビを継続へ

ドゥカティはジャック・ミラーとの契約延長を発表。2022年シーズンもミラーとフランチェスコ・バニャイヤによるコンビが継続されることになった。

MotoGPポルトガル戦で骨折のホルヘ・マルティン、第6戦イタリアGPも欠場へ。代役はミケーレ・ピッロ

プラマックのホルヘ・マルティンはMotoGPポルトガルGPで負った怪我の影響で、第6戦イタリアGPも欠場することになった。

アプリリア&ドヴィツィオーゾ、2021年のテスト継続で合意。次回テストは6月ミサノ

MotoGPに参戦するアプリリアは、アンドレア・ドヴィツィオーゾとのテストを2021年シーズンを通じて実施していくことで合意したと発表した。

コロナ禍で生じた同一サーキット連戦、MotoGPの“ピュア”な戦いにそぐわない? エスパルガロ兄が持論

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは2連続同地でレースを開催されることに対して、ピュアで素晴らしいチャンピオンシップにするためにはそぐわないと考えている。

バニャイヤ、フランスGP4位でランク首位は陥落も「“ラッキー”あった」と満足げ

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤはMotoGP第5戦フランスGPレース序盤にバイクが問題を抱えていたため、フラッグ・トゥ・フラッグによる乗り換えは幸運だったと振り返った。

フランスGPリタイアにエスパルガロ兄おかんむり。「楽にトップ5へ入れたはずなのに!」

アプリリアのアレイシ・エスパルガロはMotoGPフランスGPでトラブルによるリタイアに終わったことに憤りを示しており、「これまで以上にイライラしている」と語った。

“大変革”遂げたアプリリア、開発に尽力のエスパルガロ兄「とても誇らしい」と喜び噛み締める

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは2021年シーズンのチームの大変革について、これまでの努力が報われていると感じており、チームへの視線が変わりつつあることを喜んでいる。

ザルコ、母国戦2位に「ガッカリする必要はない」タイトル挑戦へ……20ポイントを重要視

プラマックのヨハン・ザルコはMotoGP第5戦フランスGP序盤の苦戦が勝利を失わせたと考えているが、それをガッカリする必要はないと語った。

リンス、3連続転倒に「馬鹿なミス」と言葉少なく……次戦イタリアGPで“リセット”誓う

スズキのアレックス・リンスは2021年のMotoGPにおいて、力強い走りをしつつも転倒でレースを棒に振ることが多い点について、「馬鹿なミスを犯している」と自身の失敗を批判した。