フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
11,357 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

角田裕毅、初めての渡米はCOTAターン1に向けての”激坂”とバーベキューが楽しみ?

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1アメリカGPに向けてコメント。初走行となるサーキット・オブ・ジ・アメリカズに向け、準備を整えてきたと語った。

アンドレッティ、F1チーム買収ならハータに参戦チャンス到来? ライバルのオワードも成功に太鼓判

パトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)は、F1参戦を画策しているアンドレッティ・オートスポート傘下のコルトン・ハータには、F1で「成功できる要素が全て揃っている」と太鼓判を押した。

ニコ・ヒュルケンベルグ、バーバーで開催のテストでインディカー初ドライブへ

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグや、FIA F3で活躍したローガン・サージェントが、来週バーバー・モータースポーツ・パークで行なわれるテストに参加し、初めてインディカーに乗る機会を得るようだ。

MotoGPでメカニックのPCR検査偽造が発覚。エスポンソラマは当該人物を解雇へ

MotoGPに参戦するエスポンソラマは、新型コロナウイルスのPCR検査結果を偽装が発覚したメカニックとの契約を終了したことが分かった。

接戦続くF1タイトル争い……違いを生むのは“リタイア”に? メルセデス代表の見通し

メルセデスのトト・ウルフ代表は、今季のタイトル争いにおいてはルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの数ポイントの奪い合いではなく、リタイアが大きな違いを生むことになるだろうと考えている。

鈴木亜久里、F1ルーキーイヤーの角田裕毅に金言「“ホイールスピン”しちゃってる。まずはひとつずつ積み上げて」

元F1ドライバーの鈴木亜久里は、今季からF1にデビューした角田裕毅に対して、まずは焦らずにひとつひとつ結果を積み上げていくことが重要だと語った。

F1とMotoGP、2022年は全10レースが日程重複。両カテゴリーのファンには嬉しい悲鳴?

2022年シーズンのF1とMotoGPそれぞれの開催カレンダーが公開された。来シーズンは全部で10レースの日程が重なっており、両カテゴリーのファンにとっては忙しい週末が多くなりそうだ。

石浦宏明、鈴木亜久里とコース上で20年ぶりの“遭遇”。F1夢見る少年時代の気持ちを思い出した?

TCRジャパンシリーズのテストで鈴木亜久里と共に走行した石浦宏明が、20年ぶりにコース上で相見えた際の率直な気持ちを話した。

アメリカF1人気、さらなる向上には「”米国人ドライバー”が必要」と元インディカードライバー

元インディカーおよびNASCARレーサーのダニカ・パトリックは、F1のアメリカでの人気を上昇させるためにはアメリカ人ドライバーの存在が必要だと考えている。

15年前とは大きく変わった、F1レースエンジニアのお仕事……気弱な人に務まるような業務ではない??

F1で様々なテクノロジーが活用されるようになった結果、レースエンジニアの仕事内容は大きく変わることになった。

全日本ラリー選手権第10戦:ターマックでも速さ見せた勝田範彦、GRヤリスを駆り3連勝でランキング首位へ浮上

全日本ラリー選手権第10戦、ラリー・ハイランドマスターズが岐阜県高山市を舞台に10月15日〜17日にかけて開催された。勝田範彦が3連勝目をマークし、ランキング首位に躍り出た。

サイクリング中の事故で大怪我……からの復活。鬼才ニューウェイがレッドブル&フェルスタッペンの王者争いの鍵?

レッドブルのテクニカルチーフであるエイドリアン・ニューウェイは、夏休みに自転車事故で大怪我。数戦欠場した後トルコGPで現場復帰を果たすと、それまでチームが苦戦していたセットアップの対策に、いち早く気付いたという。

好調続くボッタス、来季契約固まった状況が好影響? 「ドライビングのことだけに集中できた」

バルテリ・ボッタスは直近のレースでの好調について、2022年シーズンの行き先が既に決定していることが、ドライビングに集中する点でも役立っていると話した。

ペトロナス&メルセデス、スポンサー契約解消の噂をキッパリ否定。今後も関係継続を強調

メルセデスF1とそのタイトルスポンサーであるペトロナスは、“契約が早期終了する”という噂に対してコメントを発表。長期的なコミットが継続されると表明した。

フェラーリ、打倒マクラーレンに本腰「ランキング3位が今シーズンの明確な目標」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、マクラーレンを倒してコンストラクターズランキング3位を獲得することが、チームにとっては明確な目標だと語った。

スーパーフォーミュラ ・ライツ:タイトル争い決着、名取戴冠。アレジが最終大会2勝で猛追もわずかに及ばず

2021年スーパーフォーミュラ・ライツ最終大会もてぎでは3レースが行なわれ、名取鉄平が年間チャンピオンに輝いた。

ゲルハルト・ベルガー、DTM今季最終戦は”恥”と酷評「チャンピオンの決まり方は、シリーズにダメージを与えた」

DTMを率いるゲルハルト・ベルガーは、今季のDTM最終戦でのタイトル決着は、シリーズ全体の評判を”著しく”傷つけたと考えており、オフシーズンの間に解決に取り組む予定だと語った。

エクストローム&クプラ、PureETCR初代王者に輝く。トラブルにも動じなかった、チームを称賛

マティアス・エクストロームは、今年初開催となった完全電動ツーリングカーのレースシリーズであるPureETCRのチャンピオンに輝き、所属チームであるクプラ・レーシングチームを称賛した。

ロス・ブラウン、新レギュレーション導入不要の意見に反論「浸透すれば、素晴らしいレースやシーズンが見られるに違いない」

F1のモータースポーツ・マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、今季の接近したタイトル争いを鑑みると、来季導入される新レギュレーション導入はいらないのではとする意見に反論した。

ハースF1小松礼雄エンジニア、新人シューマッハーを語る「彼は常に成長しようとしている」

F1トルコGPで予選Q2に進出するなど、厳しい状況にも関わらず輝きを見せるミック・シューマッハー。そんなシューマッハーについて、同チームのレースエンジニアである小松礼雄は「常に前進している」と語った。

鈴木亜久里、TCRJテストで“超久々”のレーシングカードライブ! ファン待望のレース復帰は望み薄?

ツインリンクもてぎで行なわれたTCRジャパンシリーズのテストに鈴木亜久里が参加。久々にレーシングカーを走らせた。

F1の正式な”ポールポジション獲得記録”は誰に与えるべきか? 複雑にするミハエル・シューマッハーのふたつの事例

F1のポールポジション記録は、予選最速を記録したドライバーに与えられるのか? それとも決勝のスターティンググリッドに並んだドライバーに与えられるのか? 複雑な問題となっている。その元凶は、ミハエル・シューマッハーにあるかもしれない。

約3ヵ月ぶり開催の86/BRZレース、岡山戦は青木孝行&佐々木雅弘が勝利。菅波冬悟連続2位でランク首位堅持

86/BRZレースの第9〜10戦が岡山国際サーキットで行なわれ、第9戦を青木孝行が、第10戦を佐々木雅弘が制した。菅波冬悟が2レース連続で2位に入り、ポイントランキング首位を維持した。

ヌービル、勝利を目前にヒュンダイの”持病”で危機一髪。サポートしてくれたマーシャルに感謝

WRC第11戦ラリー・スペインで優勝したヒュンダイのティエリー・ヌービル。だが彼は最終ステージを前にマシントラブルを抱えるという”危機”に陥っていたという。

ランド・ノリスが自身のメンタルヘルスの問題を公言する理由「誰かの助けになれるかもしれない」

マクラーレンのランド・ノリスは、メンタル・ヘルスに悩まされたことについて発言することで、同様の問題に苦しんでいる人たちの手助けになることを願っている。

マルク・マルケスはかつての”最強”を取り戻せるのか? “ニューノーマル”に適応が求められるワケ

2020年に右腕骨折の怪我を負ったマルク・マルケス。彼はアメリカズGPで復帰後2勝目を挙げるなど、調子を取り戻しているように見える。しかしチャンピオンシップを支配したかつての強さを本当に取り戻せるのだろうか?

目指すは表彰台と勝利……アロンソ、堅実な復帰シーズンも”不運”に不満隠せず「競争力がある時に限って雨が降る」

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)はF1トルコGPを16位で終え、「運に見放されている気がする」と語った。

レイ、ロッシの”MotoGP参戦のチャンス無く残念”とのコメントに喜び「でもそれも人生」

WSBKチャンピオンのジョナサン・レイは、バレンティーノ・ロッシが『レイにMotoGP挑戦の良いチャンスが無かったことは残念』と語ったことについて、「偉大なライダーにこうしたコメントを貰うことは、本当に嬉しい」と語った。

【特別インタビュー】”先輩”片山右京を泣かせられるか? 角田裕毅「それを達成するため、今はただ鍛錬と周回を重ねるだけ……」

F1デビュー戦でチャンピオン経験者を次々にオーバーテイクし、高い評価を受けた角田裕毅。しかしその後は、なかなか好結果に繋げることができず、苦しんでいる。その角田にインタビューを実施し、その可能性を探った。

【スーパーフォーミュラ】リスタート直後に起こった“混乱”。山本&大湯が状況を語る

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎでは、21周目のリスタート時に複数台がリタイアするアクシデントが発生。TCS NAKAJIMA RACINGのふたりが状況を語った。

【スーパーフォーミュラ】大津弘樹vs山本尚貴、両者の明暗を分けた11周目のタイヤ交換判断

スーパーフォーミュラ第6戦を制した大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)。勝利のターニングポイントとなったのは、11周目のピットインだったと言える。

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、涙の初タイトル。TEAM MUGENの献身で人知れず抱えていた“劣等感”を克服

2021年のスーパーフォーミュラで力強さを見せつけ、王者となったTEAM MUGENの野尻智紀は「たくさんの人に支えられて、強くしてもらっている」と語った。

WRCスペイン:ヌービルが今季2勝目。タイトル決定は最終戦のモンツァに持ち越し

WRC(世界ラリー選手権)第11戦ラリー・スペインが行なわれ、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが今季2勝目を挙げた。

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎ決勝:大荒れのレースを大津弘樹が制しSF初優勝。野尻智紀が初王座獲得

2021年スーパーフォーミュラ第6戦もてぎが行なわれ、大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が優勝した。また5位に入った野尻智紀(TEAM MUGEN)がシリーズチャンピオンに輝いた。

KTM、中期的にはMotoGPで3チーム目も模索? ドゥカティの勢力拡大には警戒感も

KTMは、ドゥカティがMotoGPクラスにおける勢力を拡大していることや、若手ライダーの受け皿が必要なこともあり、中長期的には勢力を3チーム6台に拡大する可能性もあると考えているようだ。

野尻智紀、最終戦を残し2021年スーパーフォーミュラ王座確定! 優勝は大津弘樹|第6戦もてぎ決勝速報

2021年スーパーフォーミュラ第6戦がツインリンクもてぎで行なわれ、大津弘樹が優勝。野尻智紀がシリーズタイトルを確定させた。

ラズガットリオグル、2023年MotoGP転向はある? 「ファクトリーマシンや良い契約が必要」

スーパーバイク世界選手権に参戦中のトプラク・ラズガットリオグルには、これまで何度かMotoGP転向の噂が出ているが、彼は転向する場合には、ファクトリーマシンが使用できることや、良い契約がなければならないと語った。

23戦は多すぎる! ベッテル、F1のカレンダー拡大は「グランプリの”特別感”なくなる」と警告

セバスチャン・ベッテルは、F1のカレンダーが拡大し続けると、貴重なスタッフを失うだけでなく特別感のないイベントになってしまう危険性があると警告している。

【スーパーフォーミュラ】ウエット濃厚の第6戦決勝、台風の目はKONDO RACINGか? 山下&フェネストラズ共に手応えあり

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎの決勝を前にしたフリー走行でワンツーとなったKONDO RACINGのふたりは、ウエット路面でのパフォーマンスに確かな手応えを感じているようだ。

フォーミュラE、8年目の2022年は最多の全16戦に。ケープタウン戦がカレンダーから外れる

2022年のフォーミュラEのカレンダーが発表され、ケープタウンでのレースがカレンダーから外れた一方、インドネシアの首都ジャカルタでの初開催が決定した。

F1カタールGP開催、MotoGPにとっては悪いニュース? 「何もかもを破壊されてしまう」とライダー悲観

F1は新型コロナウイルスによるカレンダー変更をきっかけに、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで2021年のグランプリ開催と、2023年以降の長期契約を締結した。しかし、以前から同地でレースが開催されてきたMotoGPのライダーからは、F1を開催することを否定的に見る向きもある。

F1、全23戦の2022年カレンダー案発表、日本GPは10月9日決勝予定。中国GPがカレンダー落ちに

F1は2022年のカレンダー案を発表した。中国GPがカレンダーから外れ、代わりにコロナ禍の中でここ2年グランプリを開催してきたエミリア・ロマーニャGPがカレンダー入りしている。

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎ:日曜フリー走行は大雨によりコースオフ続出。トップはフェネストラズ

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎの土曜フリー走行が行なわれ、KONDO RACINGのサッシャ・フェネストラズがトップタイムを記録した。

ついに入国叶ったサッシャ・フェネストラズ。関係者の尽力で“公益性”認められ特例措置が実現

スーパーフォーミュラ第6戦で今季初出場を果たすサッシャ・フェネストラズが日本レースプロモーションの倉下明社長と共に会見に臨み、入国に際しての関係各所からの協力に対して感謝を口にした。

ハースF1、トルコGPでのQ2進出に満足「良いマシンがあれば、我々は入賞に届く」

ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、F1トルコGPでの自身のチームのパフォーマンスは、競争力のあるマシンを開発することさえできれば、定期的にポイントを争うことができるという信念を与えられることになったと語る。

2021年スーパーフォーミュラ・ライツ王者は名取鉄平に決定。参戦2年目で頂点に

2021年のスーパーフォーミュラ・ライツは、第17戦(最終戦)を残して名取鉄平のタイトル獲得が確定した。

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎ予選:大津弘樹が初ポール獲得! 難コンディションでタイヤ選択が明暗分けた

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎの公式予選が行なわれ、難しいコンディション下で適切なタイヤ選択をした大津弘樹がポールポジションを獲得した。

リカルド感激、優勝のご褒美が実現。憧れていたレジェンドのNASCARマシンをドライブへ

マクラーレンのダニエル・リカルドは、優勝を果たしたご褒美として、ザク・ブラウンCEOが所有するデイル・アーンハートSr.のNASCARマシンを、F1アメリカGPが開催されるオースティンで走らせるようだ。

ペナルティ”一貫性”へのアロンソの皮肉、スチュワードにはノーダメージ? 「ルールは全員に平等」

F1レースディレクターのマイケル・マシは、フェルナンド・アロンソが展開するスチュワードの公平性に関する批判について反論。ルールは誰にとっても同様に適用されると主張した。

【スーパーフォーミュラ】“予測不可能”なコンディションが好調福住を翻弄……予選Q2敗退に「どんな状況でもトップに立たないと」

タイヤ選択という点で各チームが頭を悩ませたスーパーフォーミュラ第6戦の予選。走り出しから好調だった福住仁嶺も、この影響でQ2敗退となった。

ラリージャパン2022、WRCシーズン最終戦の開催へ。2022年シーズンは全13戦を予定

2022年のFIA世界ラリー選手権の日本ラウンド「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」の開催日程が11月10日~13日に決定した。

【スーパーフォーミュラ】初PPの大津弘樹、Q3の“大当たり”タイヤチョイスの裏にQ2の好走アリ

スーパーフォーミュラ第6戦でポールポジションを獲得した大津弘樹が、鍵となった予選Q2、Q3でのタイヤ選択について語った。

アルピーヌ、2022年も旧型マシンでWEC参戦継続が可能に。LMP1車両のホモロゲーション期間が延長

アルピーヌは、来季の世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスを、今季と同じLMP1車両で戦うチャンスを手にしたようだ。

F1初開催のカタール。ロサイル・サーキットの”F1向け”準備は完了間近?

FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、今季F1を初開催することになったカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットについて、F1開催に合わせたアップデートが完成間近であると明かした。

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎ:土曜フリー走行は福住仁嶺がトップタイム。タイトルコンテンダーが軒並み上位に

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎの土曜フリー走行が行なわれ、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺がトップタイムを記録した。

フェラーリのビノット代表、終盤でさらに2戦を欠場へ。2022年マシン開発が“重要なフェーズ”に

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、2022年マシン開発が重要な段階にあるため、2021年シーズンの残る6戦のうち、2戦を欠場する予定だと分かった

スーパーGT第7戦もてぎ決勝日に「F-2B 戦闘機」の歓迎フライトを実施。観戦チケットの販売もスタート

ツインリンクもてぎで行なわれるスーパーGT第7戦で、航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」による歓迎フライトが実施されることが決定した。

かつてオーストラリアGP開催のアデレード市街地コース、取り壊しの可能性。”遺産化”議論も反対の声

かつてオーストラリアGPを開催したアデレード市街地コース。ヴィクトリア公園の再開発により、その存続が危ぶまれているようだ。

【スーパーフォーミュラ】初タイトルに王手の野尻智紀、第6戦に向け「理想的な状況」で死角なし。既に漂う“王者の風格”

スーパーフォーミュラ第6戦もてぎでチャンピオンを確定させる可能性がある野尻智紀は、「こんなにうまくいくことがあるのか、と思うほど理想的な状況でもてぎに臨めている」として、自信を伺わせた。