フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
17,056 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

浮かび上がるGT4の文字。日産/NISMO、9月28日に新型『Z』のレースモデル発表か

日産/NISMOは、9月28日に新型レースカーを発表すると告知。添付された画像の明るさを変えてみると、おや……GT4と書かれた新型『Z』の姿が浮かび上がってきた。

小林可夢偉が3位! 鈴鹿が歓喜に包まれた2012年のF1日本GP……バトンの戦略に反応しなければ、2位もあったのか?|F1分析

小林可夢偉が3位に入り、鈴鹿サーキットに”可夢偉コール”が巻き起こった2012年のF1日本GP。レースでは、マッサにオーバーカットを許し、3位となった小林だが、バトンに反応しなければ、2位もあったのか?

クルマの”ダイエット”が速さの秘訣? フェルスタッペンが後半戦で圧巻の速さを見せる理由

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、タイトルを連覇するのはもはや目前だが、その道程に凹凸がなかったわけではない。

マルケス完全復活は近い!? 日本GPでは「骨折以来初めてレースで痛みを感じなかった」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスはMotoGP日本GPが、2020年の右腕骨折以来、初めてレース中に痛みを感じなかったレースだったと語った。

ペトルッチ、MotoGPに電撃カムバック! ミル代役でタイGPにスズキから参戦

ダニーロ・ペトルッチは、ジョアン・ミルの代役としてタイGPでMotoGPにサプライズ復帰を果たすことになった。

F1シンガポールGPで”バウンド問題”再燃も? オコン「縁石で、ゴーカートみたいになるはず」

アルピーヌのエステバン・オコンは、2022年のF1マシンはシンガポールGPのコース上のバンプや縁石でゴーカートのような挙動になると考えているようだ。

36号車au TOM'S、第7戦オートポリスで4グリッド降格に。前戦SUGOでジュリアーノ・アレジが2度の黄旗追い越し

スーパーGT第7戦オートポリスでは、モラルハザード適用により36号車au TOM'S GR Supraらに罰則が科されることとなった。

MotoGP、インドでのグランプリ開催に基本合意。早ければ2023年にも実現?

MotoGPを主催するドルナ・スポーツはインドにおけるグランプリの開催に関して基本合意を発表。早ければ2023年にも最初のレース開催が予想されている。

アロンソとピアストリを失ったアルピーヌ、上位進出への“100戦計画”に影響なし「大事なのはマシン」

アルピーヌは、F1での上位進出を目指す100レース計画はオスカー・ピアストリとフェルナンド・アロンソを失った今も頓挫していないと主張している。

ホンダと出光のライダー育成プロジェクトが10周年。日本GPでセレモニーが実施……小椋藍が母国戦優勝など成果も着々

MotoGP第16戦日本GPでホンダと出光興産は、協力して展開しているライダー育成プロジェクトが10周年を迎えるにあたって、記念セレモニーを行なった。

バニャイヤ、タイトル争いでベッツェッキから“忖度”受ける。「大惨事を起こしたくなかった」と配慮

ドゥカティのサテライトチームであるVR46のマルコ・ベッツェッキはMotoGP第16戦日本GPで“本社”からの指示は無いものの、タイトル争い中のフランチェスコ・バニャイヤにアタックしないことを選んだという。

マルク・マルケス、MotoGP日本GPで”まだ目指す時ではない”と語っていた4位入賞を果たす「予想をはるかに上回る結果だった」

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、MotoGPの日本GPを4位でフィニッシュ。手術からの復帰2戦目ながら、好結果を手にした。これについてマルケスは「予想以上の結果」と喜んだ。

東京都の小池百合子都知事「2024年フォーミュラE開催を目指す」と表明。開催場所や主催団体などは、これから協議か?

東京都の小池百合子東京都知事が、2024年にフォーミュラEを開催することを目指すと表明した。これについて東京都庁に問い合わせたところ、現状では都知事の発言以上に発信できることはないという。

日本GP独走優勝のミラー、完璧なレースぶりに驚き「”頭の中の声”が最大の敵だった。これまでの努力の結果だ」

MotoGP第16戦日本GPで独走勝利したジャック・ミラーは、久方ぶりの表彰台の頂点を大いに喜んでおり、これほどまでに調子が良かったことには驚きも感じていると話した。

セバスチャン・ベッテル、フェラーリ離脱決定後、レッドブル復帰の可能性が”現実味”を帯びたことはなかった「自分の決断には満足している」

セバスチャン・ベッテルは、2020年限りでフェラーリを離れることが決まった後、古巣であるレッドブルと話し合いを持ったことは認めつつも、同チームに戻る可能性は非常に低かったと語った。

2024年以降もF1に残る? それとも他カテゴリーに転向? アルファロメオCEOが今後の展望を語る

アルファロメオのCEOであるジャン-フィリップ・インパラートは、同社がF1における長期的な将来を決めることを急いではいないと語った。

ハミルトンのシーズン連続勝利記録は今年途切れるのか? しかし本人は意に介さず「僕は記録には興味がないんだ」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1参戦して以来全てのシーズンで勝利するという記録を続けることは「僕にとって重要なことではない」と語った。

クアルタラロ、ライバルのミスでリード拡大もレース内容に不満顔「オーバーテイクさえできれば……」

ポイントランキング首位のファビオ・クアルタラロは、MotoGP日本GPを8位で終え、まったくオーバーテイクできなかったと悔しさをにじませた。

教え子の日本GP優勝に、青山博一も感無量「自分以来の日本での日本人優勝は感慨深いし、凄く嬉しい」

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラスでは、日本人ライダーの小椋藍が優勝。日本GPでの日本人勝利は2006年以来となったが、”前回勝者”の青山博一チーム監督は、教え子の優勝を大いに喜んだ。

「リタイアしようかと思う程だった……」中上貴晶、右手怪我悪化でタイGP出場どうなる?

MotoGPに参戦する中上貴晶は第16戦日本GPを20位でフィニッシュ。怪我を抱えながらも奮戦を見せたが、レース中は相当に辛いモノがあったという。

転倒は完全に自分のせい……MotoGP初参戦、長島哲太の悔しさと将来に向けた貴重な経験「また呼んでもらえるよう、しっかりと仕事していく」

ワイルドカードでMotoGPの日本GPに参戦した長島哲太は、3周目に転倒リタイア。レースの結果は悔しいとしつつも、レースに出られたことは貴重な経験だったと振り返った。

攻めた結果の大きな代償。バニャイヤ、日本GP決勝では転倒リタイア「クアルタラロを抜こうと欲をかいた……」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、MotoGP日本GP決勝でファビオ・クアルタラロを攻め立てた末に転倒。タイトル獲得に向けて「欲をかいた」とレース後に明かしている。

3年ぶり開催のMotoGP日本GP、予選日悪天候にもかかわらず、3日間合計で5万7,482人の観客を動員

3年ぶりに開催されたMotoGPの日本GPは、3日間合計で約5万7000人が来場。久々の二輪世界最高峰レースを楽しんだ。

津田拓也、オイル漏れマシン炎上で日本GPリタイア。「最後の機会なので完走したかった」

MotoGP第16戦日本GPでスズキから代役参戦した津田拓也は、レース中にマシンが炎上するトラブルに見舞われリタイア。スズキ最後の日本GPを完走したかったと、彼は悔しさをあらわにした。

スタート直前にバイク乗り換え……エスパルガロ、”エコ”マップで大チャンス失う「100%勝てたのに」

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは、MotoGP日本GPのレース直前にバイクを乗り換えざるを得なかった理由について、エンジンマップが原因だったと明かした。

リンス、スズキ最後の日本GPはリタイア。「最悪な結果」と悔しさ隠せず……原因は縁石ヒットによるパンク

MotoGP日本GPの決勝レースでリタイアに終わったスズキのアレックス・リンス。今季限りでMotoGP撤退を決めているスズキにとっては最後の母国GPだっただけに、彼も悔しさを滲ませている。

スーパーフォーミュラ・ライツ、最終ラウンドが岡山で開催。小高一斗が2022年SFL王者に輝く

2022年のスーパーフォーミュラ・ライツ選手権の最終ラウンドが岡山国際サーキットで開催され、小高一斗(TOM'S)がシリーズチャンピオンに輝いた。

小椋藍、日本GPを完全制覇も、第一声は”ホッとした”。でも母国での表彰台は「僕にとっても、皆んなにとっても格別だったと思う」

MotoGP日本GPのMoto2クラスで完璧なレースを演じ、勝利を手にした小椋藍は、勝てたことに安堵。もしフェルナンデスとの直接バトルになっていたら、難しい展開になっていたかもしれないと語った。

ビバ・ミラー! テレビに映らない独走劇でミラー今季初優勝。中上貴晶、大奮闘20位|MotoGP日本GP決勝

MotoGP第16戦日本GPのMotoGPクラス決勝が行なわれた。優勝はドゥカティのジャック・ミラーだ。日本人ライダーの中上貴晶は、20位で完走を果たした。

佐々木歩夢、母国日本GPで3位「最低でも表彰台だと思っていた。日本のファンの皆さんの前で走れて嬉しい……少し悔しいけど」

MotoGP日本GPのMoto3クラスで3位表彰台を獲得した佐々木歩夢は、終始優勝争いを繰り広げながら3位に終わったレースを”悔しい”と振り返りつつも、日本のファンの前で走れたことには大いに満足したようだ。

Moto2日本GP決勝|小椋藍、母国で見事な優勝! 地元での日本人ライダー優勝は16年ぶり

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラス決勝が行なわれた。小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が13番手から見事なレースを母国ファンに魅せ、優勝を飾った。

小椋藍、母国日本GPで優勝!【速報】Moto2日本GP 決勝レース結果

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラス決勝レースが行なわれた。優勝は、日本人ライダーの小椋藍だった。

体制が整いつつあるアストンマーチンF1。レッドブルの”初期段階”に似ている? 新テクニカルディレクター「我々のやり方でトップを目指す」

アストンマーチンのテクニカルディレクターであるダン・ファロウズによれば、現在のアストンマーチンは、F1を支配するようになる前のレッドブルの初期段階と”非常に似ている”と感じているようだ。

Moto3日本GP決勝|佐々木歩夢、母国戦で3位表彰台獲得! ポールシッターの鈴木竜生は無念の転倒リタイア

MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラス決勝が行なわれた。3年ぶり開催の日本戦を制したのは、イザン・ゲバラだった。また日本人ライダーの佐々木歩夢が3位表彰台を獲得した。

アレイシ・エスパルガロ、日本GP優勝熱望もタイトル争いに向けて「頭を使う必要がある」

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは、ウェットコンディションで行なわれたMotoGP日本GP予選で6番手。決勝レースでは、タイトル獲得に向けて頭を使う必要があるものの、優勝の「チャンスは大きい」と考えている。

ポールから1秒差。クアルタラロ、9番手に終わった日本GP予選に「マシンの感触は良いんだけどね……」決勝でも苦戦予想

ヤマハのフォアビオ・クアルタラロは、ランキング首位で迎えたMotoGP日本GPの予選で9番手。「もっと良い結果を期待していた」と振り返った。

予選から一転して超晴天の決勝日。朝のWUPはマルティン最速|MotoGP日本GP

MotoGP第16戦日本GPのMotoGPクラスウォームアップ走行が行なわれた。最速タイムを記録したのは、ホルヘ・マルティンだった。

BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」

BMWは、F1のパワーユニットが2026年から新しいレギュレーションになったとしても、F1に復帰することには興味を持っておらず、LMDhのプログラムに集中していると語った。

【リザルト】MotoGP日本GP Moto2クラス決勝日WUP

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラスウォームアップ走行が行なわれた。トップタイムを獲得したのはアロン・カネットだった。

【リザルト】MotoGP日本GP Moto3クラス決勝日WUP

MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラスウォームアップ走行が行なわれた。トップタイムを記録したのは、日本人ライダーの佐々木歩夢だった。

バニャイヤ、予選で大苦戦12番手「受け入れられない結果。Q2に進めていたのは良かった」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤはMotoGP日本GPの予選で苦しみ、12番手に留まった。彼はこの結果は「受け入れられないモノだ」と悔しさをあらわにしている。

予選2番手ザルコ、気合十分「もてぎは凄く楽しいコース。表彰台を争えればいいね」

MotoGP第16戦日本GPの予選でヨハン・ザルコはQ1スタートだったにもかかわらず2番グリッドを獲得。決勝レースに向けてもやる気十分だ。

日本GP決勝に向け慎重なコメント残すマルケスは“オオカミ少年”!?「そういうのは何回も聞いた」とミラー

ドゥカティのジャック・ミラーは、MotGP日本GPでの優勝の可能性を否定するマルク・マルケスが「オオカミ少年」だと語った。

長島哲太、予選Q1で9番手も大変有意義な1日「マルケスの走りは、ライダーにとってこれ以上ない比較データ」

長島哲太(HRC)は、ワイルドカード参戦しているMotoGP日本GPの予選を終え、絶対王者マルク・マルケスと自分のデータを直に比較できたのは、非常に有意義だったと語った。

マルケス驚異のポール獲得も、決勝に向けて厳しい予想「今はまだ、その時じゃない」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、手術からの復帰2戦目でポールポジションを獲得したものの、まだ勝利に向けて戦うときではないと考えているようだ。

鈴木竜生、誕生日に日本でポールポジションゲット! 「母国ファンの前で祝えるなんて、最高の祝い方」

鈴木竜生はMotoGP第16戦日本GPのMoto3クラス予選で、ポールポジションを獲得。誕生日当日にポールポジションを獲得し、母国のファンの前で祝うことができたことは嬉しいと彼は語っている。

津田拓也「自分とチームの実力を発揮することが、明日の目標」日本GP予選は21位

MotoGP第16戦日本GPの2日目、代役参戦中の津田拓也はQ1で11番手タイムをマーク。Q2に進むことはできなかったが、納得感のある走りをできたと振り返っている。

中上貴晶、痛みに耐えた日本GP予選は最下位も、決勝に向け前を向く「ファンの応援に感謝。期待に応えるため、歯を食いしばって頑張る」

LRCホンダの中上貴晶は、MotoGP日本GPの予選で最下位となった。中上は前戦アラゴンGPで負った怪我に苦しみつつの参戦だが、ファンの応援が大きな後押しになっていると語った。

この男、規格外。マルク・マルケスが復帰2戦目でポールポジション獲得!|MotoGP日本GP予選

MotoGP第16戦日本GPのMotoGPクラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、レプソル・ホンダのマルク・マルケスだった。

去就未定のリカルド、2023年の”休養”も選択肢に。「一歩下がっても、2024年に二歩進むために……」

来季の去就が未定のダニエル・リカルドは、2023年に1年間F1から離れることで、2024年のグリッド復帰を目指す可能性もあると語った。

Moto2日本GP予選|悪天候で予選は長時間中断……小椋藍は苦戦13番手に。PPはカネット

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、アロン・カネットだった。日本人ライダーの小椋藍は13番手だった。

MotoGP日本GP、悪天候によりMotoGPクラスのFP3中止が決定

MotoGP第16戦日本GPの2日目、モビリティリゾートもてぎ周辺は豪雨に見舞われている関係から、MotoGPクラスのFP3が中止されることになった。

Moto2日本GP予選|雨と雷がもてぎ襲う! 予選Q2開始直後に赤旗中断

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラス予選が開催。しかし予選Q2の途中で悪天候により赤旗中断となってしまった。

Moto3日本GP予選|鈴木竜生、母国でポールポジション獲得! 佐々木4番手で上位に続く

MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラス予選が行なわれた。3年ぶり開催の日本GPでポールポジションを獲得したのは日本人ライダーの鈴木竜生だった。

クラッチロー、日本GP初日17番手に憤慨。来季に向けた開発には「ヤマハはこれまでにないほど力を注いでいる」

RNFヤマハのカル・クラッチローは、MotoGP日本GPの金曜フリー走行を17番手で終え、競争力を十分に発揮できなかったと憤慨している。

「今でも悔しい」小暮卓史が語る、不完全燃焼に終わったバレンシアでの2日間【F1“テスト”経験者の追憶】

F1参戦こそ叶わなかったものの、テストドライブなどでF1を経験したドライバーは数多くいる。今回はテストでホンダF1をドライブした経験を持つ小暮卓史に当時を振り返ってもらった。

メルセデスF1、夏休み明け欧州3連戦で資材輸送トラックにバイオ燃料を使用。二酸化炭素排出量を89%削減

メルセデスは、F1の夏休み明け3連戦で、マシンや資材を輸送するトラックにバイオ燃料を使用。これにより、CO2の排出量が89%削減されたという。

もてぎは庭? マルケス、雨のFP2で最速タイム記録。ランク上位勢はひっそり|MotoGP日本FP2

MotoGP第16戦日本GPの最高峰MotoGPクラスのフリー走行2回目が行なわれた。ウエットコンディションでの走行で最速タイムを記録したのはマルク・マルケスだった。

日本GP初日3番手の王者クアルタラロ、ライバルの速さにモチベーション喪失寸前?「全力を尽くしても届かない」

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGP日本GPのFP1でライバルが見せた進歩は見事だと語り、その中でモチベーションを保つのは簡単ではないと語った。

Moto2日本FP2|小椋藍がハイサイド転倒! 雨の日本GP2日目、予選前最速はアルデゲル

MotoGP第16戦日本GPのMoto2クラスFP2が行なわれた。ウエットコンディションの走行となり、最速となったのはフェルミン・アルデゲルだった。