Asian Le Mans ニュース

メルセデスF1戦略担当、ジェームス・ボウルズがアジアン・ル・マンに参戦! マシンはマクラーレン720S

メルセデスF1でチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズが、2月に4レースが開催されるアジアン・ル・マンにガレージ59からマクラーレン720S GT3で参戦することが決定した。

メルセデスF1戦略担当、ジェームス・ボウルズがアジアン・ル・マンに参戦! マシンはマクラーレン720S
Listen to this article

 メルセデスF1でチーフストラテジストを担当してきたジェームス・ボウルズが、2月にドバイとアブダビで開催されるアジアン・ル・マンにガレージ59から4戦すべてに参戦し、マクラーレン720S GT3のステアリングを握ることが発表された。

 ボウルズの参戦に関し、メルセデスと同じくイギリスはブラックリーに本拠地を置くガレージ59は、2月12〜20日までの短期間で4レースが戦われるアジアン・ル・マンは、「彼がメルセデスF1での本業に戻る前に、ドライバーとしてレースを楽しむ絶好の機会になる」とコメントしている。

 昨年まではアストンマーチン・ヴァンテージGT3を使用していたガレージ59は、2022年シーズンに向けて車両をマクラーレンにスイッチした。

 チームの2台の720S GT3のうち、ボウルズは59号車をドライブ。彼は、昨年のLMP3クラスチャンピオンで元F1ドライバーのパストール・マルドナドのいとこにあたるマニュエル・マルドナドとデンマーク人のニコライ・キアガードのふたりとシェアすることになる。

 もう一方の88号車は、2020年のポールリカール1000kmでチームの勝利に貢献したマーヴィン・キルヒホーファーとチーム共同オーナーのひとりであるアレクサンダー・ウエスト、フランク・バードがステアリングを握る。

 ガレージ59のチーム代表を務めるアンドリュー・カーカルディは、次のようにコメントしている。

「アジアン・ル・マンに向けたこのドライバーラインナップにはとても満足している」

「我々は皆、マクラーレン720Sでスタートを切ることを心待ちにしているし、シーズン初勝利を手にすることができるよう願っている。F1でも最高峰のストラテジストがチームにいることも、きっと有利に働いてくれることだろう」

 そのボウルズは、2000年代初期からBARに所属しキャリアをスタート。その後チームはホンダ、ブラウンGPと名を変えていったが、ボウルズはチームに留まり、2009年のブラウンGPのダブルタイトル獲得に大きく貢献した。

 ボウルズは、ブラウンGPをメルセデスが買収した後もチームに残り、現在はチーフストラテジストとしてチームを支えている人物だ。メルセデスF1は2022年シーズンに、ドライバーズタイトルの奪還、9度目のコンストラクターズタイトルをかけて望むことになる。

 F1の2022年シーズンに向けたプレシーズンテスト前半は、ヤス・マリーナ・サーキットで行なわれるアジアン・ル・マン2022年シーズン最終戦のわずか3日後、2月23日から3日の間スペインはカタルニア・サーキットで行なわれる。

 なお、2022年のアジアン・ル・マン・シリーズは、motorsport.comの姉妹サイトMotorsport.tvでライブ配信される予定となっている。

 
Read Also:

シェア
コメント