アニメ『カーズ』の世界が現実に! 人気キャラクターのサリーを模した世界に1台だけのポルシェ911が完成

ポルシェは、ピクサー映画の名作『カーズ』に登場するキャラクターであるサリーをイメージした1台限りの911を製作。アメリカのモントレー・カー・ウィークでお披露目される。

アニメ『カーズ』の世界が現実に! 人気キャラクターのサリーを模した世界に1台だけのポルシェ911が完成
Listen to this article

 カーレースを舞台としたアニメ映画として2006年に公開され人気を博した、ディズニー・ピクサーの『カーズ』。同作品のヒロインであるサリーをイメージした『ポルシェ911 サリー・スペシャル』が、この度発表された。

 映画に登場するサリーは2002年型の911カレラに着想を得ているが、今回1台のみ製作されたサリー・スペシャルは現行の911カレラGTSをベースにしている。最高出力は473馬力、最大トルク569Nm、エンジンは3.0Lの水平対向6気筒エンジンを搭載し、7速のマニュアルギヤボックスを備えている。

 このサリー・スペシャルの製作にあたってポルシェは、カーズのクリエイティブチームに協力を仰ぎ、車体は作中同様に鮮やかなメタリックブルーとなっている。また、リヤのスポイラーを開くとピンストライプのタトゥーが入れられている点も、カーズファンにはたまらない演出だろう。

Porsche 911 Sally Special
Porsche 911 Sally Special
1/4

写真:: Porsche

Porsche 911 Sally Special
Porsche 911 Sally Special
2/4

写真:: Porsche

Porsche 911 Sally Special
Porsche 911 Sally Special
3/4

写真:: Porsche

Porsche 911 Sally Special
Porsche 911 Sally Special
4/4

写真:: Porsche

 ホイールも、996型911で見られたようなユニークなターボホイール。内装もダッシュボードやセンターコンソールにサリーを意識したブルーメタリックのエレメントが増やされており、ブルーの格子柄も随所にあしらわれている。そしてドライブモードを選択するボタンは『Kachow! モード』(Kachowは主人公ライトニング・マックィーンの決め台詞)と書かれている点も遊び心満載だ。

 サリー・スペシャルは、8月20日にアメリカ・カリフォルニア州で行なわれるモントレー・カー・ウィークにて、チャリティオークションに出品される予定。またその収益の一部は若い女性の支援に充てられるといい、さらにはウクライナからの難民を支援する団体にも寄付される。

 この発表に際し、ピクサー・アニメーション・スタジオのフランチャイズ部門のクリエイティブ・ディレクター、ジェイ・ウォードは次のようにコメントした。

「我々はサリー・カレラからインスピレーションを受けつつも、完全なコピーではなく、完全に走行可能な911を作りたいと早い段階で決めていた」

「サリー・カレラは走ることが大好きで、そこから着想を得た。我々は『サリー・カレラが公道で走れるモデルとして作られたとしたら、どんな姿をしているだろうか?』と自問したのだ」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
F1由来の超高性能市販車『メルセデスAMG ONE』の製造がスタート。熟練工の”手作業”で組み立てられる芸術品
前の記事

F1由来の超高性能市販車『メルセデスAMG ONE』の製造がスタート。熟練工の”手作業”で組み立てられる芸術品

次の記事

ポルシェ、新型の911 GT3 RSを発表。レースで培った冷却システム搭載、F1でお馴染みのDRSも装備

ポルシェ、新型の911 GT3 RSを発表。レースで培った冷却システム搭載、F1でお馴染みのDRSも装備