F1
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
06 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

ブラバム復活のハイパーカー、BT62がオーストラリアGPでデモラン?

シェア
コメント
ブラバム復活のハイパーカー、BT62がオーストラリアGPでデモラン?
執筆:
2019/02/08 10:25

バサースト12時間の舞台であるマウントパノラマ・サーキットでコースレコードを記録したブラバムBT62が、F1開幕戦オーストラリアGPの際にデモ走行を披露する可能性を検討しているようだ。

 デイビッド・ブラバム率いるブラバム・オートモーティブが開発したハイパーカーBT62は、現在オーストラリアの各地でデモ走行を披露している。その最新のマシンが、F1オーストラリアGPの際にも、デモランを行うことになりそうだ。

 ブラバムBT62は、先日行われたバサースト12時間レースの際にもアタックランを披露し、ルーク・ユールデンのドライブにより1分58秒69というコースレコードを叩き出した。

 現時点ではオーストラリアGPでのデモは決まっていないものの、デビッド・ブラバムはmotorsport.comに対し、オーストラリアGPのオーガナイザーと交渉中であることを明かした。

「いくつかのイベントが予定されている。次はアデレイド500だ。そして、オーストラリアGPとも、マシンを持っていくことについて話をしている」

 そうブラバムは語った。

「イベントという意味で言えば、今年はたくさんのことが起きる。マシンを展示したり、デモ走行を披露するのだ」

「このマシンに対する、オーストラリア中の熱狂を目にするのは、素晴らしいことだ。なぜなら、これはオーストラリアで組み立てられているのだからね。オーストラリアは、世界を目指すこういったクルマがあることを、誇りに思うべきだ」

「このマシンはずっと、レースのDNAを持つように設計されている。そのパフォーマンスによって、これが優れたサーキットマシンであることが分かる」

「我々の会社は、次の段階に成長しなければならない。しかし、マシンが達成してきたことについては、非常に誇りを持っている」

 ブラバムはWEC(世界耐久選手権)の2021-2021年にこのBT62に参戦することを目指しているが、それ以前にも何らかのレースに出場したいと考えている。

ニコ・ロズベルグ、高速コーナーよりも警察が怖い?

前の記事

ニコ・ロズベルグ、高速コーナーよりも警察が怖い?

次の記事

ゴードン・マレーとレーシングポイントF1がタッグ。市販”ファンカー”を開発

ゴードン・マレーとレーシングポイントF1がタッグ。市販”ファンカー”を開発
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , Automotive
執筆者 Andrew van Leeuwen