【F1】マクラーレンF1前CEOのカピトがフォルクスワーゲンに復帰

マクラーレンF1の前CEOであるヨースト・カピトが、フォルクスワーゲンに復帰したことが分かった。

 ヨースト・カピトは、昨年途中までフォルクスワーゲンのモータースポーツ部門を率いていたが、同年マクラーレンF1チームに加入。イタリアGP以降は現場にも顔を出していた。

 しかし、当時の会長だったロン・デニスが追放されたのに伴い、カピトもマクラーレンを離脱。今年の2月には正式の同チームを離れることになっていた。

 そのカピトが、フォルクスワーゲンに復帰。フォルクスワーゲンR GmbHとフォルクスワーゲン・アクセサリーGmbHでマネージングディレクターを務めることが決まった。

 【関連ニュース】

マクラーレン、CEOカピトの離脱を正式発表

ホンダ「”回転部品”の信頼性向上のため、多くの変更が必要」

【スーパーGT】バトンの鈴鹿1000km出場が決定。TEAM 無限に加入

バトン、ウェーレインとのクラッシュで3グリッド降格のペナルティ

バトン「これが最後の予選」。ペナルティで降格も「楽しかった」

この記事について
シリーズ Automotive
チーム フォルクスワーゲン・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース