ボンネットの下にはV12エンジン? フェラーリ『812スーパーファスト』の後継モデルが目撃される。発売は2024年か

フェラーリ『812スーパーファスト』の後継モデルとなる開発中のV12搭載車がフィオラノで目撃された。

ferrari-front-engine-v12-spy-photos

 フェラーリは現在、V型12気筒エンジン搭載のFRツーシーター『812スーパーファスト』の後継モデルを開発中だが、それと思しき開発車両が目撃されている。

 一見すると偽装ラッピングが施されたV型8気筒エンジン搭載のフェラーリ『ローマ』のようにも見えるが、その下には別のクルマが隠されているようだ。

 よく見ると、このテスト車両はより広いホイールアーチを持ち、冷却能力を高めるためにインテークが追加されたフロントバンパーに変更されていることが分かる。

 写真の他にも、フェラーリ所有のフィオラノ・サーキットでは、このテスト車両がパワースライドしながら周回するシーンも目撃されている。全開走行ではないものの、そこからはV12らしいエキゾーストノートが聞こえてくる。

 新しいV12エンジンについては、ほとんどがベールに包まれている。『812コンペティツィオーネ』に搭載されていた6.5リッター自然吸気V12エンジンは、最高出力840PS(618kW)、最大トルク692Nmを発生させる大出力パワートレインだったが、フェラーリ側は”より強力な”バージョンの開発に取り組んでいることを明かしている。

 この新型V12エンジンは812の後継モデルに搭載されるのが妥当と思われるが、フェラーリは同時に『ラ・フェラーリ』の後継モデルも開発中……これがどのようなモデルに搭載されるかは明らかになっていない。

 多くの自動車メーカーがラインナップの電動化を進めており、フェラーリもその例外ではない。2025年には初めて同社のEVがマラネロの門をくぐる予定となっている。しかし、少なくとも次世代V12エンジンを含め、フェラーリは可能な限り内燃エンジンの製造を続けるだろう。

 フェラーリは812の後継モデルをモディファイしたローマの下に隠しており、後継モデルは開発サイクルの初期段階にあることが分かる。

 しかし、2024年が到来する前までには市販用ボディを身にまとった後継モデルを見ることができるはずだ。年内にデビューする可能性もあるが、そうなったとしても発売自体は2024年となるだろう。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 世界にひとつだけの”走る宝石”。アルファロメオ、『ジュリアSWBザガート』公開。そのオーナーは複数のザガート所有
次の記事 日産『GT-R』の2024年モデルがベールを脱いだ! NISMOとT-specの特別仕様車を2種類用意

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本