F1マシン直系のメルセデスAMG One、ニュルブルクリンクでの新ラップレコードを樹立。市販車枠で8秒近いタイム更新

F1マシンの遺伝子を持つメルセデスAMG『ONE』が、ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを実施。市販車としての最速ラップレコードを樹立した。

Maro Engel, Mercedes-AMG ONE

 メルセデスがF1で培った技術が惜しみなく注ぎ込まれたハイパーカー『メルセデスAMG ONE』が、”グリーン・ヘル”こと全長20.8kmのニュルブルクリンク・北コース(ノルドシュライフェ)で6分35秒183のラップタイムを記録。マンタイ・レーシングがアップグレードしたポルシェ『911 GT2 RS』が保持していた6分43秒0秒という市販車のレコードタイムを7秒817上回り、同カテゴリーでの新記録を樹立した。

 メルセデスAMG ONEがタイムアタックを行なったのは2022年10月28日。この日はコンディションに恵まれず、容易なタイム計測とはいかなかった。チームがプログラムを開始した際には、ノルドシュライフェの路面に湿った部分が残り、理想的な路面コンディションとなるよう待機を強いられた。ようやくタイムアタックが可能となった頃には、専有時間終了まで残り1時間弱……ドライバーのマロ・エンゲルに与えられたアタックラップは4周となった。

 しかしエンゲルは、時間切れとなる前に新記録を樹立。ただ路面コンディションが改善されていったことで、最後の1周で自身のラップレコードを更新した。

関連動画:

「このコースコンディションで、このようなラップタイムが出るとは思ってもみなかった」

 エンゲルはそう語る。

「コースのいくつかの重要なセクションでは、まだ完全に乾いていなくて、トリッキーな状態になっていた。特別な挑戦になったよ」

 メルセデスは公証人を雇い、このメルセデスAMG ONEが市販車であるという承認を得た。メルセデスによると、オーナーがニュルブルクリンクのレコードマシンと同じセットアップに変更することも可能だという。

 メルセデスAMG ONEは、現行F1マシンに搭載されるパワーユニット由来の1.6リッターV6と4つの電気モーターを搭載。総出力は1,063ps(782kw)で、0-100km/h加速は2.9秒、7秒で200km/hまで加速する。

 最高速は352km/hで、エンゲルはノルドシュライフェの長い直線区間”ディッティンガーヘーエ”で338km/hを記録している。

 メルセデスAMG ONEの生産台数は、わずか275台。8月からオーナーへの納車が開始されている。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 【オンボード動画】メルセデスAMG ONEがニュルブルクリンク・ノルドシュライフェの市販車ラップレコードを更新
次の記事 4億円超! デ・トマゾが最新ハイパーカーP900を発表。合成燃料使う”超軽量”自然吸気V12エンジンで、カーボンニュートラルを実現

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本