F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
2 days
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
24 days

スパ24時間、無観客でも開催誓う「財政的には”大惨事”だが……」

シェア
コメント
スパ24時間、無観客でも開催誓う「財政的には”大惨事”だが……」
執筆:
2020/05/23 3:36

10月に開催が延期されたスパ24時間レースは、観客の有無にかかわらず開催が進められるようだ。

 GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ(GTWCE)の代表を務めるステファン・ラテルは、10月に延期されたスパ24時間レースについて、観客の有無に関わらず開催を進めると誓った。

 新型コロナウイルスの影響を受けてシーズンが中断されていたGTWCEは、再開に向けた改訂版スケジュールを発表。7月18・19日のイモラ3時間、8月7〜9日のミサノでのスプリントレースを共に無観客で実施すると発表した。

 スパ・フランコルシャンで行なわれるスパ24時間レースは、当初7月23〜26日にかけて開催される予定だったが、10月22〜25日に延期された。

 ラテルは、参戦チームに対する責任として、観客の有無にかかわらずスパ24時間レースは実施すると、motorsport.comに語った。

「ファンがいなければ大惨事になるとはいえ、スパ(24時間)を実施することは競技参加者に対する我々の責任だ」

「観客がいなければ、財政的に大打撃だ。そして、イベントにとっても肝なんだ。スパはフェスティバルであり、大勢の人が参加するイベントだ。以前のイベントスポンサーが無料チケットを配って以来、多くのファンが参加してきた」

「ファンがいないスパは悲惨だろうが、スパ24時間が実施されないとは考えていない」

 現状、ベルギーでの大規模イベントの規制は8月31日に終了する予定となっている。ラテルは、インターコンチネンタルGTチャレンジの一戦でもあるスパ24時間レースの”限定公開”が可能になることを期待している。

「限られた人数のファンが参加を許される、中間の状況がありうるかもしれない。5000人の観客は素晴らしいとは言えないが、少なからずファンはいるんだ」と、ラテルは説明した。

「これにより、チームとスポンサーがゲストを連れてくることを可能にするだろう。我々のシリーズのエコシステム全体がそれに依存している。スパは大きな会場なので、ソーシャルディスタンスの維持は可能だろう」

 ラテルは、ドイツ・ニュルブルクリンクでの6時間レース(9月6日開催)および、フランス・マニクールでのスプリントレース(9月12・13日開催)について、ドイツとフランスにおける大規模イベント禁止が8月31日に終了する予定であることから、一般公開の可能性を楽観視している。

「できるだけ早く状況が分かることを望んでいる。しかし、各国の政府とスポーツ連盟からの正確なガイドラインが出るのを待つ必要がある」

 

Read Also:

次の記事
延期されたスパ24時間、新たな日程が10月24〜25日に決定

前の記事

延期されたスパ24時間、新たな日程が10月24〜25日に決定

コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Blancpain Endurance
執筆者 Gary Watkins