復帰初戦表彰台のモンガー「レース前には想像できなかったことだ」

レース復帰初戦のBRDC F3開幕戦で表彰台登壇を果たしたビリー・モンガーは、レース前には想像できなかったことだと語った。

 昨年、F4のレース中に前走車に追突する事故に遭遇、両脚を切断することになってしまったビリー・モンガー。そのモンガーは復帰戦として挑んだBRDC F3開幕戦で3位表彰台を獲得した。

 レース後のモンガーは、復帰初戦で表彰台に上ることなど、想像できなかったと語った。

「もし復帰最初のレースで表彰台に登れると言われても、”それは嘘だ”と言っていただろう」

 そうモンガーは語った。

「プレシーズンテストを始めた時でさえ、そうだった。まだやるべきことが多く残っていたからね」

「でもコースを走るに連れ、僕はどんどん良くなっていったんだ。そのことに、僕はとても興奮していた」

「走る度に、マシンを快適にコントロールできるようになっていった。だからシーズン早い段階で3位に入り、今年の序盤に予選でトップ5に入り、シーズン中盤には本当に自信を持てるようになりたいと思っていた。そしてシーズンの終盤に向けては、すべてのレースで表彰台を目指すべきだ」

 そう語るモンガーだが、出走が確定しているのは開幕ラウンドの3レースのみである。しかし、シーズン残りのレースも参戦することを熱望している。

「僕はタイトルを獲得したいし、フルシーズン戦いたいと思っている。今、僕とチームはそれを望んでいる」

 そうモンガーは言う。

「それまでに僕にできることは、できる限り熱心に働き、できる限り早く学ぶことだ。そしてもしすぐにレースに勝つことができれば、それは素晴らしいことだ」

Story by Stefan Mackley

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ BF3
イベント名 Oulton Park
サーキット オールトン・パーク・サーキット
ドライバー Billy Monger
記事タイプ 速報ニュース