もてぎ、全日本ロードレース選手権第4戦のチケットを4月8日から発売

ツインリンクもてぎは、6月10日〜11日に開催するMFJ全日本ロードレース選手権第4戦のチケットを4月8日(土)から発売することを発表した。

 株式会社モビリティランドは、ツインリンクもてぎで開催される『2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE』の前売りチケットを4月8日(土)から発売することを発表した。

 この大会では、MotoGP日本GPの会場でもあるツインリンクもてぎのロードコースを舞台に、国内最高峰クラスのJSB1000を始め、J-GP2、ST600、J-GP3の全4クラスのレースが開催される。

 JSB1000クラスは、史上初となる5連覇を達成したヤマハの中須賀克行を中心に、実力派ライダーが勢揃い。清成龍一と高橋裕紀を擁し、MORIWAKI MOTUL RACINGが9年ぶりに復活するなど、話題も多い。

 サポートレースとして、ロードレースで世界を目指す若者が参加する『KTM 390CUP』と『KTM 250CUP』が併催される。

 大人観戦券には、『モビパーク』のパスポートが1日分付いており、ツインリンクもてぎを遊び尽くせるようになっている。

詳しくはツインリンクもてぎの全日本ロードレース選手権特設ページまで
http://www.twinring.jp/superbike_m/

【関連ニュース】

開業20周年のツインリンクもてぎ、歴史振り返るホンダマシン特別展示

ツインリンクもてぎ20周年記念、レースシーンを振り返る展示会開催

【インディカー】開幕戦:佐藤琢磨「移籍初戦は素晴らしい結果」

鈴鹿1000kmは今年で最後。来年からは『鈴鹿10時間耐久』として再出発

【鈴鹿ファン感】星野一義”ホンダRC”初走行。念願ついに叶う!

【鈴鹿ファン感】アレジ&ゴクミの息子ジュリアーノ、親子対決を制す

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Other bike
記事タイプ 速報ニュース