【訃報】14歳のスペイン人ライダー、ウーゴ・ミリャン・ガルシアが事故死

7月25日にスペインのモーターランド・アラゴンで行なわれたヨーロピアン・タレントカップにおいて、スペイン人ライダーのウーゴ・ミリャン・ガルシアが事故死した。享年14歳だった。

【訃報】14歳のスペイン人ライダー、ウーゴ・ミリャン・ガルシアが事故死

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が主催するFIM CEV REPSOLのヨーロピアン・タレントカップで、スペイン人ライダー、ウーゴ・ミリャン・ガルシアが事故により逝去した。享年14歳だった。

 事故は7月25日にスペインのモーターランド・アラゴンで行なわれた、同大会レース1で発生。ミリャンは2番グリッドからスタートすると先頭争いを繰り広げていたが、2周目のターン5でハイサイドを起こし転倒。コース外に退避しようとした際に、後続のマシンが衝突してしまった。

 レースはこのアクシデントで赤旗中断。メディカルが現場へ急行し救命処置を行ない、ミリャンはメディカルセンターへと運ばれた。しかし治療の甲斐なく、程なくして彼の死亡が発表された。

 ヨーロピアン・タレントカップのレース1は短縮された形で実施されたが、ミリャンの死亡発表後、レース2とMoto2欧州選手権のレース2は中止となった。

 ミリャンはFIM CEV REPSOLの2021年シーズンで好調な走りを見せており、これまでの6戦でポールポジション2回、表彰台を4回獲得し、最も好調なシーズンとなっていた。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダUK、高橋巧のブリティッシュ・スーパーバイク参戦を発表。チームメイトに水野涼
前の記事

ホンダUK、高橋巧のブリティッシュ・スーパーバイク参戦を発表。チームメイトに水野涼

次の記事

ジャック・ミラー、母国オーストラリアでスーパーバイクに参戦。コロナ禍でMotoGP中止もファンと2年ぶり再会へ

ジャック・ミラー、母国オーストラリアでスーパーバイクに参戦。コロナ禍でMotoGP中止もファンと2年ぶり再会へ
コメントを読み込む