SRS-Motoは國井と中島がスカラシップ獲得、世界狙うライダーへ一歩

鈴鹿サーキットは、鈴鹿サーキットレーシングスクールモト(SRS-Moto)初のスカラシップを國井勇輝、中島元気が獲得したことを発表した。

 鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)は1992 SRS-Jを開校以来25年、国内外で活躍する多くのライダーを世に輩出してきた。

 より世界を見据えた育成プログラムを目標に、昨年 2015年にSRS-Motoに改名、講師陣の強化も計り、今年度より優秀な成績を納めた生徒へのスカラシップ制度を導入した。

 2016SRS-Moto Advanceに在籍した5名の生徒は 3月入校時より26回のカリキュラムを受講、鈴鹿地方戦のレースに参戦しながら実践形式の練習を積み重ね、10月に最終選考会が行われた。その後専任講師、関係者と入校時からの成績も考慮し協議した結果、國井勇輝が首席、中島元気を次席とし2名のスカラシップ獲得者を決定した。

 2名は「Team SRS-Moto」育成プログラムの一員として、2017年度のレース参戦が予定されている。

國井勇輝
國井勇輝

Photo by: Suzuka Circuit

【首席】國井勇輝(くにいゆうき)東京都世田谷区出身 13 

主な経歴:2016アジアタレントカップ(ATC)シリーズランキング6位(2勝) 2016鈴鹿サンデーロードレース J-GP3 NATクラスシリーズランキング2位(3勝) 

コメント「スカラシップに選ばれた事はとても嬉しいのですが、これからもっと厳しくなっていくので自分にも厳しくしていきます。SRSでバイクの技術を始め、最後まで諦めない気持ち等をたくさんの講師や先輩から学びました。またレースで勝つ為にするべきこと、集団行動の大切さも学ぶ事が出来ました。学ぶ事に終わりはないので更に努力し、もっともっと学んで行きます!来年はどこのサーキットでも全て優勝する気持ちで挑み、シリーズチャンピオンを目指します!」 

 

 

 

中島元気
中島元気

Photo by: Suzuka Circuit

【次席】中島元気(なかじまげんき)静岡県沼津市出身 17

主な経歴:2016鈴鹿サンデーロードレース J-GP3 NATクラスシリーズチャンピオン(1勝) 

コメントSRS-Motoで初のスカラシップ獲得は素直に嬉しく思っています。走る環境、体制も充実していますし『Team SRS-Moto』として参戦できることが非常に心強く、今から来シーズンが楽しみです。 SRSを受講し『速くなるためにはどうしたらいいか?』ということをたくさん考えるようになり、疑問を積極的に聞くようになりました。結果、実際にレースで結果を出せるようになりましたし、走りに貪欲になったことを実感しています。また、メンタル面も大きく成長できました。SRSという環境で人としても大きく成長できたと感じています。来年は今まで以上に貪欲に常に上位を諦めずに目指し、スカラシップ獲得者として見ている人に『こいつはすごい』と感心される走りを見せることが目標です。これからは結果が全ての世界です、今まで6年間SRSで学んだ経験を活かし、自分の力をさらに発揮できるように努力します。将来的には、国内外で活躍する大先輩の清成選手や、津田選手たちのようになりたいです」

【鈴鹿サーキット広報発表】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Other bike
記事タイプ 速報ニュース