フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
400 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

WECニュース&分析

グリッド
リスト

中嶋一貴、WECラストレースは勝利で有終の美「感情を抑えきれず、ドライビングに集中するのが大変でした」

今季限りでWECを勇退する中嶋一貴。彼は最後レースとなったバーレーン8時間レースで優勝を飾ったが、ファイナルラップは感情を抑えきれない状態だったとしている。

WECバーレーン8H決勝:中嶋一貴有終の美、トヨタ8号車総合優勝。小林可夢偉組7号車トヨタが年間王者に輝く

WEC最終戦バーレーン8時間レースが行なわれ、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレー組のトヨタ8号車が優勝。今季限りでのWEC勇退が決まった中嶋が、優秀の美を飾った。また7号車トヨタのマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスが、ドライバーズチャンピオンに輝いた。

トヨタ、WECタイトル争い左右する予選に向け”集中”「重点的にシミュレーションを実施していた」

トヨタは、WEC最終戦バーレーン8時間のフリー走行3セッションで、毎回予選シミュレーションを行なっていたと明かした。

中嶋悟、WEC勇退の息子一貴を労う。NAKAJIMA RACING後継の可能性については「彼の人生ですから」と多くを語らず

今季限りでWECを勇退する中嶋一貴について、父である中嶋悟は「色んなことを経験しながらよく頑張った」とコメントした。

小林可夢偉&中嶋一貴、WEC目指す平川亮にエール「正直少し苦戦している。でも彼なら成長してくれるはず」

トヨタのWECドライバーである小林可夢偉は、レギュラードライバー入りを目指してテストに参加している平川亮がGR010の適応に若干苦戦している部分があると認めつつも、それを克服してくれるはずだと述べた。

WECバーレーン8h予選:小林可夢偉がアタックのトヨタ7号車、ポール獲得でチャンピオンに大きく前進

WEC最終戦バーレーン8時間レースの予選が行なわれ、トヨタ7号車の小林可夢偉がポールポジションを獲得した。

ブエミ、トヨタ8号車の逆転タイトル獲得に向け「失うものは何もない」ポールポジションの行方が鍵に

WECでトヨタ8号車に乗るセバスチャン・ブエミは、最終戦バーレーン8時間レースで逆転タイトル獲得を目指し、リスクを取ると語った。

WEC勇退の中嶋一貴「今回の発表は”大きな変化”の一部」今後は新たな役割でチームをサポートへ?

今季限りでWECのレギュラードライバーを離れることになった中嶋一貴。来季は新たな形でチームをサポートしていくことになりそうだ。

中嶋一貴、今季限りでWECレギュラードライバーから勇退。ル・マン3連覇、WEC王者として殿堂入りも

TOYOTA GAZOO RacingのドライバーとしてFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦している中嶋一貴が、2021年限りでレギュラードライバーから勇退することが発表された。

開発中のポルシェLMDh車両、2021年中にシェイクダウン実施へ「日程はタイトだが順調」

ポルシェは、2023年に向けて開発している新型LMDhプロトタイプマシンが、予定通り今年中にシェイクダウンを行なうことを明かした。

スーパーアグリF1やトヨタWECで活躍したアンソニー・デビッドソン、今季限りでのレーシングドライバー引退を発表

元F1ドライバーのアンソニー・デビッドソンが、今週末に行なわれるWEC最終戦バーレーン8時間レースを最後に、プロドライバーから引退することを発表した。

WECバーレーン6h決勝:7号車トヨタ、完璧な走りで3連勝。ランク首位で最終戦へ

WEC第5戦バーレーン6時間レース決勝は、トヨタ7号車(小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス組)が優勝。タイトルに王手をかけた。

WECバーレーン6h予選:トヨタ8号車のハートレーがポールポジション獲得。小林可夢偉の7号車2番手

WEC第5戦バーレーン6時間レースの予選が行なわれ、ブレンドン・ハートレーがアタックを担当したトヨタ8号車がポールポジションを獲得した。

トヨタ、ル・マンで苦しんだ燃圧低下トラブルを解決。「非常に複雑な現象が起きていた」

トヨタは、8月に開催されたル・マン24時間レースで見舞われた燃料圧力低下の問題について、原因を特定し、改善をしたようだ。

アルピーヌ、2022年も旧型マシンでWEC参戦継続が可能に。LMP1車両のホモロゲーション期間が延長

アルピーヌは、来季の世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスを、今季と同じLMP1車両で戦うチャンスを手にしたようだ。

ル・マン24時間ワンツーのトヨタ日本人コンビが凱旋会見。「最終コーナーまで気が抜けなかった」と小林可夢偉

2021年のル・マン24時間レースでワンツーフィニッシュを達成した中嶋一貴と小林可夢偉が凱旋会見に出席。トヨタとしての4連覇を達成したレースを振り返った。

アルピーヌもLMDh車両を開発! 2024年から2台をWECに投入「F1とのシナジーを最大限活用する」

アルピーヌは、2024年からWECのハイパーカークラスに2台のLMDhマシンを投入して参戦すると発表。F1プロジェクトのあらゆるノウハウを活用するとしている。

ル・マン24時間参戦を目指すオジェ、来季は下位クラスで耐久レースの経験を積む可能性も?

セバスチャン・オジェは、ル・マン24時間レースに出場するという目標を達成するため、2022年は耐久レースの下位クラスでレースプログラムを行なうことに前向きだと示唆した。

D’station Racing、今後はWEC継続参戦を最優先にスーパーGT復帰も視野。S耐やFRJなど他カテゴリーでも存在感

D’station Racingは、WEC(世界耐久選手権)の参戦継続を大きな目標としており、スーパーGTへの復帰も検討しているようだ。

平川亮、2回目のトヨタGR010テスト参加も、来年はまだ未定「このチャンスは逃したくない」

平川亮が、トヨタのWECハイパーカー”GR010 Hybrid”のテストに参加。これが2度目のテストとなったが、厳しい結果になったという。しかし来季チーム入りすることを平川は切望しているようだ。

ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第4回:ル・マンは悔しいリタイア。気持ちを切り替えいざ日本へ

2020年から日本のスーパーフォーミュラにThreeBond DragoCORSEから参戦しているタチアナ・カルデロンが綴るレース日記。第4回は、2度目の挑戦となったル・マン24時間レースについて綴ってくれた。

“世界の舞台”WECを目指す平川亮に、星野一義監督が愛のあるエール「俺のところは早く卒業して、ステップアップしなさい!」

TEAM IMPULの星野一義監督は、トヨタからのWEC参戦を目指す平川亮に対し、このチャンスを活かしてステップアップして欲しいと語った。

平川亮、2度目のハイパーカーテストはWEC参戦実現に向けての重要な場に?「レギュラー陣と同等以上の走りができれば」

平川亮は9月に控えるトヨタWECチームのテストに向けて、2度目となる今回はレギュラードライバーと同等以上のタイムを出したいと語った。

小林可夢偉、悲願のル・マン制覇で感じた”感謝”。応援を力に、ル・マンの重圧に打ち勝つ

2021年のル・マン24時間レースで総合優勝を果たしたトヨタ7号車の小林可夢偉は、たくさんの応援が力になったと語った。

トヨタ、ル・マン薄氷のワンツーフィニッシュ。中嶋一貴、”チーム力”で乗り越えたトラブル語る

ル・マン24時間レースで総合2位となったトヨタ8号車の中嶋一貴は、レース終盤で見舞われた燃料系のトラブルについて語り、チームの力で乗り越えることができたと語った。

D’station Racing、ル・マン24時間は目標の完走果たしクラス6位「本当に素晴らしい結果」と藤井誠暢

2021年のル・マン24時間レースに参戦したD’station Racingの藤井誠暢は、クラス6位でフィニッシュしたことについて「素晴らしい」結果だと語った。

LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」

アクション・エクスプレス・レーシング(AXR)のチームディレクター、ゲイリー・ネルソンは、キャデラックLMDhプロトタイプをル・マン24時間レースで走らせるチャンスを歓迎すると語った。

平川亮、トヨタWECテストに再び参加。9月22日〜24日にカタルニア・サーキットで実施

スーパーGTとスーパーフォーミュラに参戦する平川亮は、9月にトヨタのハイパーカーを再びテストする機会を得た。

キャデラックがLMDh参入決定! 2023年からIMSAとル・マン24時間レースに参戦へ

キャデラックは、2023年からダラーラのシャシーを使用したLMDhマシンを開発し、WECとIMSAに参戦することを発表した。

ル・マンでまた起きた、最終ラップの”まさか”。フラインス「勝利を手にするまで様々なことが悪い方向に進んでいた」

ル・マン24時間レースのLMP2クラスで劇的な優勝を手にしたTeam WRTのロビン・フランスは、レース中は様々なことがうまくいかなかったものの、それが一気に逆転し、勝利を掴むことができたと語った。

アルピーヌ、トヨタ勢に次ぐ3位に誇り「ル・マンでの表彰台は素晴らしい結果」とチーム代表

2021年のル・マン24時間レースで3位表彰台を獲得したアルピーヌ。チーム代表のフィリップ・シノーはトヨタ勢の後ろでのフィニッシュとなったことについて、「ガッカリする理由は何もない」と語り、素晴らしい結果だと誇った。

小林可夢偉、ル・マン初勝利の喜びを語る「このレースに勝つのを、僕も夢見てきた」

ル・マン24時間を初めて制したTOYOTA GAZOO Racingの小林可夢偉が、「このレースに勝つのを夢見ていた」とその喜びを語った。

ル・マン24時間に親子で参戦”マグヌッセン”。不運なレースも「生涯忘れることはない」

ヤン・マグヌッセンは、息子であるケビン・マグヌッセンと組んで2021年のル・マン24時間に参戦した。しかしレースは不運に見舞われたため、「理解するのは難しい」と語った。

トヨタ7号車のマイク・コンウェイ、ル・マン初優勝に「小さな女の子みたいに泣いた」

2021年のル・マン24時間レースで優勝したトヨタ7号車のマイク・コンウェイは、これまで何度も優勝を逃してきたこともあり、「小さな女の子のように泣いた」と語った。

「やっと“忘れ物”を取ってこれました」小林可夢偉ら7号車のル・マン制覇、トヨタ社長が喜びのコメント

2021年WEC第4戦、第89回ル・マン24時間レースの決勝が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車と8号車がワンツーフィニッシュで同レース4連覇を達成。7号車の小林可夢偉組は、念願のル・マン初優勝だ。チームオーナーかつトヨタ社長の豊田章男が、レース後に喜びのコメントを寄せた。

ル・マン4連覇を逃したブエミ、スタート直後のクラッシュは”幸運”でも「僕らも当然勝ちたかった」

TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・ブエミは、ル・マン24時間レースのスタート直後に追突されたことについて、当てられた場所は非常に幸運であり、その結果レースを走り切ることができたと語る。

トヨタ、薄氷のル・マン4連覇だった? 燃料システムトラブルで“約1時間”修理の可能性もあったと明かす

2021年のル・マン24時間レースでワンツーフィニッシュを果たしたTOYOTA GAZOO Racing。ただテクニカルディレクターのパスカル・バセロンによると途中発生した燃料システムのトラブルは、優勝を失う可能性もあるモノだったという。

トヨタがワンツーでル・マン24時間レース4連覇を達成! 小林可夢偉の7号車が悲願の初制覇

第89回ル・マン24時間レースは、TOYOTA GAZOO RacingのGR010 HYBRIDがワンツーフィニッシュを達成。トヨタとしては4連覇、小林可夢偉がドライバーを務めるトヨタ7号車は悲願の初制覇となった。

ル・マン24時間決勝速報:トヨタ1-2で4連覇! 小林可夢偉、念願の初勝利を手に

2021年のル・マン24時間レースが行なわれ、7号車トヨタGR010 HYBRIDが優勝。トヨタはこれでル・マン4連覇、小林可夢偉は念願の同レース初優勝を手にした。

ル・マン24時間:20時間経過。トヨタ勢1-2もトラブルの兆候……残り4時間

2021年のル・マン24時間レースは、スタートから20時間が経過。トヨタ勢が1-2体制を築いているが、8号車がコース上でストップするシーンがあるなど、トラブルの兆候がある。

ル・マン24時間:16時間経過し、トヨタはワンツー体制をキープ。現地は日の出を迎え残り8時間に突入

2021年のル・マン24時間レースはスタートから16時間が経過し、サルト・サーキットに朝日が登った。この時点で総合トップはトヨタの7号車。僚友8号車も2番手につけている。

ル・マン24時間:11時間経過し依然トヨタ7号車がトップ。僚友8号車との首位争いが続く

2021年のル・マン24時間レースはスタートから11時間が経過。この時点ではトヨタ勢がワンツー体制を築き、7号車が先頭を維持した。

ル・マン24時間:4時間経過し、トヨタ7号車が首位キープ。序盤にスピンの8号車は猛烈リカバリーで2番手

2021年のル・マン24時間レースは、4時間が経過した時点でトヨタがワンツー体制。小林可夢偉がドライブ中の7号車がトップを走っている。

2021年ル・マン24時間スタート! はじまりは雨、トヨタ8号車がいきなり追突される波乱含みの幕開けに

2021年のル・マン24時間レースは、ウエットコンディションの中スタートが切られた。レース開始早々、8号車トヨタがグリッケンハウスに追突されて最後尾付近までポジションを落とすなど、波乱の幕開けとなっている。

アルピーヌ、ル・マン優勝の秘策は”1スティント12周”走行。「ペースもトヨタとそれほど変わらないはず」

アルピーヌは、ル・マン24時間レースの優勝を狙うために必要な”1スティント12周走行”の遂行に自信を持っており、トヨタ勢と遜色ないペースを維持できると考えている。

FIAとACO、 WECプローモーションに関する契約を延長

ル・マン24時間レースの主催者であるACO(フランス西部自動車クラブ)は、FIAとの契約を延長。WEC(FIA世界耐久選手権)のプロモーションを今後さらに進めていくことになった。

『世界のレーシングカー博物館探訪記』:第3回 ル・マンに“自動車の歴史”アリ。24時間レース&ヒストリックなマシンにメロメロ?

世界中に存在する、レーシングカーを扱った博物館……有名どころからマイナーどころまで、“趣味”が高じて世界150箇所以上のミュージアムを訪れてきたモータースポーツジャーナリストが、その魅力を紹介する連載企画第3回。今回は世界三大レースに数えられるル・マン24時間レースの舞台となっているサルト・サーキット、そのサーキット博物館をご紹介しよう。

”旧型”マシン使用のアルピーヌ、今後のWEC参戦はどうなる? 新車開発なら「将来的にアロンソ起用が理想」

旧マシンであるLMP1車両でWECに参戦しているアルピーヌは、今後のWEC参戦について前向きに検討しており、フェルナンド・アロンソの起用も考えているようだ。

WEC、2024年からGTクラスをGT3ベースの車両に切り替え。GTE規定は終了へ

WECを主宰するACOは、現行のGTE車両に代わって2024年からGT3ベースの車両を使用することを発表した。

WEC、2022年の開催カレンダーを発表。今季と同じく全6レースを予定

ACO(フランス西部自動車クラブ)は、2022年のFIA 世界耐久選手権(WEC)の開催予定を発表。全6レースが想定されている。

キャデラック、ル・マン24時間参戦復帰に興味アリ! LMDh参入はシボレーも含めたGMの活動方針次第?

ゼネラルモーターズは、LMDhプログラムにゴーサインが出た場合、キャデラックをル・マン24時間レースに復帰させる可能性があると強く示唆している。

小林可夢偉、今年こそ勝利なるか? 「ハイパーカー初のPPは素晴らしい。ただレースは長いし運も必要」

第89回ル・マン24時間レース予選ハイパーポールセッションが行なわれ、トヨタ7号車の小林可夢偉が最速タイムをマークしポールポジションを獲得。彼はポール獲得は嬉しいが、結果を保証してくれるモノではないと気を引き締めている。

ル・マン24時間:7号車の小林可夢偉がハイパーポールで最速アタック。トヨタがフロントロウ独占

第89回ル・マン24時間レース予選のハイパーポールセッションが行なわれ、トヨタ7号車の小林可夢偉が最速タイムを記録し、ポールポジションを獲得した。

ル・マンデビュー果たすロバート・クビサ、24時間耐久レース“3度目の正直”で完走なるか?

元F1ドライバーのロバート・クビサは2021年のルマン時間レースへと参戦するが、過去2回出場した他の24時間レースのようにリタイアすることなく「完走したい」と語った。

ル・マン24時間予選:トヨタ7号車がトップタイム。上位グリッドは“ハイパーポール”で決定へ

2021年ル・マン24時間レースの予選が行なわれ、トヨタ7号車がトップでハイパーポール進出を決めた。

グリッケンハウス、テストデー首位でル・マン24時間の本番に自信「”戦える”と信じている」

グリッケンハウスは、ル・マン24時間レースのテストデーでトップタイムをマークし、優勝を狙える競争力を持っていることを証明できたと考えている。

ル・マン4連覇目指すトヨタ、テストデーはグリッケンハウスに首位譲るも「皆が僅差なのは素晴らしいこと」

トヨタは2021年ル・マン24時間レースのテストデーでグリッケンハウスが見せた速さについて、レースに向けて「とても良いことだ」と語った。

WRC王者オジェ、WECテストでトヨタGR010をドライブへ。しかし来季のル・マン参戦は望み薄か

セバスチャン・オジェは、11月にバーレーンで行なわれるWECのルーキーテストでトヨタのハイパーカーをドライブするようだ。

スパ・フランコルシャンのマイエCEO死去に際し、FIA、ACO、モビリティランドが追悼のコメントを発表

スパ・フランコルシャンのナタリー・マイエCEOの逝去に対し、FIAやACO、そしてモビリティランドが、追悼のコメントを発表した。

スパ・フランコルシャンのナタリー・マイエCEO死去。夫に殺害されたとの報道も

スパ・フランコルシャンのCEOであるナタリー・マイエが、8月15日に死去したことが同サーキットより発表された。海外では夫に殺害されたとの情報もある。