F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
39 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
53 days
スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
19 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
42 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
27 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
1,016 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

2020年のル・マン24時間レース、当初の6月から9月に延期

ル・マン24時間レースの主催者は、当初6月13〜14日に予定されていた2020年のレースを、新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月19〜20日に延期することを発表した。

ル・マン24時間、開催可否は4月15日までに発表。WECは中止と延期続く

新型コロナウイルスの影響により各種モータースポーツでは中止や延期が相次いでいるが、6月に予定されているル・マン24時間レースの開催可否は4月中旬までに発表されるようだ。

WECスパ6時間レースの開催延期が決定。新型コロナの影響止まらず

FIA世界耐久選手権の2019-2020シーズンの第7戦スパ・フランコルシャンが、新型コロナウイルスの影響により開催が延期されることが発表された。

スーパーセブリング開催中止で、LMDhレギュレーション発表も”少し”遅れる?

新しいプロトタイプカテゴリーであるLMDhクラスのレギュレーション発表は、予定よりも少し遅れることになりそうだ。

「レース開催は不可能だった」WEC責任者、第6戦中止は米国の規制が原因と明言

WECは3月20日に予定されていた第6戦セブリング1000マイルレースの中止を決定。CEOを務めるジェラール・ヌーブはアメリカ合衆国によるヨーロッパからの渡航制限が原因だと明かした。

WECセブリング1000マイル、中止が決定。米国のコロナ対策入国制限に起因

FIA世界耐久選手権は、アメリカ合衆国によるヨーロッパからの入国停止措置を受け、3月20日に予定されていたセブリング1000マイルレースの中止を決定した。

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

FIAは、WECにおいてLMDhプロトタイプ車両とLMハイパーカーが同レベルのパフォーマンスレベルにすることを目指しているという。

ル・マン24時間もコロナの影響を受ける?「現時点では通常通り開催予定」

ル・マン24時間レースを主催するACOは、コロナウイルスの流行を警戒しながらも、スケジュール通りレースを開催する予定だ。

FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

FIAは、新型コロナウイルスがモータースポーツに与える影響を監視するために、危機対策部門を設置したことを明らかにした。

ニック・キャシディ、WEC初参戦! スパ6時間でLMP2マシンをドライブ

ニック・キャシディは、WEC第7戦スパ6時間レースのLMP2クラスに、ユーラシア・モータースポーツから参戦する。

ル・マン新予選“ハイパーポール”はグッドアイデア? トヨタの小林と中嶋が称賛

WECにトヨタから参戦する小林可夢偉と中嶋一貴は、ルマン24時間レースの新しい予選システム“ハイパーポール”を歓迎する姿勢を示した。

K2 UCHINO Racing、第3戦では不運に見舞われるも第4戦タイで3位表彰台

K2 UCHINO Racingはアジアン・ル・マンシリーズの最終戦となるチャーン・インターナショナル・サーキットで待望のチーム初表彰台を獲得した。

バイコレス、ル・マンはまさかの”リザーブ”枠。ディルマン「驚き、そして失望……」

バイコレスは今年のル・マン24時間レースの暫定エントリーリストでリザーブ枠となっており、ドライバーのトム・ディルマンは失望したと語った。

小林可夢偉、ハンディキャップで勝敗決まるWECに不満爆発「誰も幸せにならない」

トヨタ7号車の小林可夢偉は、WECの現行のハンディキャップ制度は「誰も幸せにならない」として、この制度を続けることに警鐘を鳴らした。

WECオースティン:レベリオンがほころび見せず今季2勝目。トヨタは2、3位

WEC第5戦オースティン6時間レースは、レベリオン・レーシングの1号車がポール・トゥ・ウィンでシーズン2勝目を挙げた。

トヨタ7号車、今回はなす術無し? コンウェイ「つまらないレースになりそう」

WECのポイントリーダーであるトヨタ7号車のマイク・コンウェイは、第5戦オースティンでレベリオンに対抗できないと考えているようだ。

WECオースティン予選:エンジンブロー乗り越え、レベリオンがポール獲得

WEC第5戦オースティンの予選が行なわれ、レベリオン・レーシング1号車がポールポジションを獲得した。

トヨタ、LMDhクラス車両の開発は検討せず「我々のニーズに合っていない」

WECのLMHクラスに参戦する予定のトヨタは、LMDh規定の車両に切り替える可能性を否定した。

モースポフェスSUZUKA、コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決定

日本のモータースポーツ界にもついに影響が及んだ……鈴鹿サーキットで行なわれる予定だった「モースポフェス 2020 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」が、新型コロナウイルスの感染被害が拡大している状況を受け中止されることになった。

アストンマーチン、来季のLMHクラス不参加を正式発表「我々の立場を再評価する」

アストンマーチンは、WEC2020-2021シーズンのLMHクラスには参戦しないことを正式に発表した。

アストンマーチン、WECハイパーカークラスへの参戦を延期へ

アストンマーチンは、ヴァルキリーをベースとしたマシンでWECのLMHクラスに参戦するという計画を延期するようだ。

レベリオン、2020年のル・マンを最後にモータースポーツから撤退

レベリオンは、2020年のル・マン24時間レースでWECのシーズンが終了次第、モータースポーツ関連の活動を終了すると発表した。

フェラーリ、LMDhは”理想的”?「シャシーとエンジンの独自化が可能なら……」

フェラーリは、1月に発表された新しいプロトタイプカテゴリー”LMDh”クラスについて、エントリーを検討しているようだ。

【アカデミー賞受賞記念】『フォードvsフェラーリ』その真実の物語ーー1966年ル・マン
ビデオ・インサイド

【アカデミー賞受賞記念】『フォードvsフェラーリ』その真実の物語ーー1966年ル・マン

クリスチャン・ベイルがケン・マイルズ役を、マット・デイモンがキャロル・シェルビー役を演じて好評を博し、米国アカデミー賞で編集賞と音響編集賞を受賞した映画『フォードvsフェラーリ』。その舞台となった1966年のル・マン24時間レースでは、一体何が起きていたのか?