F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
2,312 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ザルコのMotoGP”復帰”が決定。肩負傷の中上貴晶の代役で、日本GP後の3戦出走

LCRホンダは、肩を負傷した中上貴晶の代役として、ヨハン・ザルコをシーズンラスト3戦で起用することを正式発表した。

中上貴晶、2020年もLCRホンダから継続参戦。今季日本GP終了後は負傷治療のため欠場へ

ホンダ・レーシングはMotoGP2020年シーズンも、中上貴晶がLCRホンダから継続して参戦することを発表。合わせて中上は肩の手術により日本GP以後の3戦を欠場すると明かした。

MotoGP、2021年シーズンからバレンシア&カタールテスト廃止。負担軽減を図る

MotoGPは2021年シーズンから、これまでシーズン最終戦後に行われていたバレンシアテストを廃止。テストスケジュールのスリム化を行うことを明かした。

ロッシ、クルーチーフ交代の理由は“マンネリ打破”?

バレンティーノ・ロッシは、2020年シーズンにクルーチーフを交代させる事を公表したが、その理由は“フレッシュさ”だと語った。

消えたタイヤマネジメントの価値……ドヴィツィオーゾ、対マルケスの“武器”失う

アンドレア・ドヴィツィオーゾは、レースにおけるタイヤマネジメント要素に、いまやほとんど価値がないため、ドゥカティの苦戦に繋がっているという考えを示した。

「ヤマハ時代のロレンソを思い出す」マルケス、クアルタラロが来季のライバルと明言

6度目のMotoGPタイトルを獲得したマルク・マルケス。彼はタイGPで争ったファビオ・クアルタラロの走りが、ヤマハ時代のホルヘ・ロレンソと同じレベルにあると語った。

LCRホンダの中上貴晶、肩に負傷? 日本GP後はヨハン・ザルコが代役か

LCRホンダは、日本GP以後の終盤3戦で中上貴晶に変わってヨハン・ザルコを起用するようだ。

骨折から“驚異の復帰”見せたエスパルガロ弟、13位も「それで十分」

KTMのポル・エスパルガロは、アラゴンGPでの負傷からわずか2週間でレースに復帰。13位入賞を果たしてポイントを持ち帰ったが、復帰できたことで十分だと話した。

MotoGPブラジルGPが2022年から復活。リオ・モーターパークが5年契約締結

MotoGPのプロモーター、ドルナスポーツはリオ・モーターパークと2022年からの5年契約締結を発表。ブラジルGPが2004年から18年振りに復活することが決定した。

カワサキから鈴鹿8耐メンバーのレオン・ハスラムが離脱。後任はアレックス・ロウズ?

スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキは、今季限りでレオン・ハスラムがチームを離れる事を発表。後任はアレックス・ロウズではないかと見られている。

僕は巡り合わせが悪い……“ツイてない”エスパルガロ兄、またもマシントラブル発生

MotoGP第15戦タイGPで、アレイシ・エスパルガロはトップ10圏内を走行していたにもかかわらず、リタイアに終わった。原因は電子制御のトラブルだったようだ。

MotoGPコラム:チャンピオンたちのセレブレーション〜寸劇に見える"人となり"〜

MotoGP第15戦タイGPで、“ビリヤード”を使ったタイトル獲得パフォーマンスを見せたマルク・マルケス。タイトル獲得時の寸劇にはライダーの“人となり”が見えてくる。

テック3・KTMのハフィス・シャーリン、来季はMoto2クラス参戦へ

今季限りでテック3・KTMからの離脱が決まっていたハフィス・シャーリンだが、2020年シーズンはMoto2に戦いの場を移すことになった。

今のMotoGPでは“信じられない結果”……ドヴィツィオーゾ、マルケスの強さに唖然

マルク・マルケスはMotoGPタイGPで今季のタイトル獲得を決めた。ランキング2番手で彼を追っていたアンドレア・ドヴィツィオーゾは、彼の今年の成績は現在のMotoGPにおいては“おかしなモノ”だと語った。

ジャック・ミラー、“ポチッと”失敗でレース台無し

MotoGP第15戦タイGPで、ジャック・ミラーはレース前にエンジンストールを喫してしまった。その原因は、キルスイッチを間違えて押してしまったことだと語った。

クアルタラロを手放すようなら“狂っている”……ロッシ、新人の市場価値を高査定

バレンティーノ・ロッシは、ヤマハが“狂っていなければ”2021年以降もMotoGPでファビオ・クアルタラロを自陣営に留めるためにあらゆる努力を注ぐだろうと語った。

國井勇輝Moto3参戦決定。Honda Team Asiaの2020年ラインアップ発表

IDEMITSU Honda Team Asiaと、Moto3クラス参戦中のHonda Team Asiaが来季のライダーラインアップを発表。國井勇輝がMoto3クラスで世界選手権にデビューすることとなった。

“最強ライダー”を手放すな! ホンダ&マルケス、2021年以降契約延長は確実か

MotoGPタイGPで最高峰クラス6度目のタイトル獲得を決めたばかりのマルク・マルケスだが、既にホンダと2021年以降の契約延長について話し合っているようだ。

MotoGPコラム:“じっくり、順応”クアルタラロ。注目のルーキー、終盤戦はさらに強く?

MotoGPルーキーながらトップライダー入りを果たしているファビオ・クアルタラロ。“注目”のルーキーだが、彼は終盤戦で更に強さを増すかもしれない。

ロッシ、レースで一転苦戦の8位。“ここ数戦は同じ問題”と嘆く

バレンティーノ・ロッシはMotoGPタイGPで苦戦。ここ数戦、同じリヤグリップ不足の問題に悩まされていると語った。

「本当に悔しい」クアルタラロ、マルケスという“壁”に再び敗れる

MotoGPタイGPで惜しくも優勝を逃したファビオ・クアルタラロ。優勝を目前で逃すしたのはサンマリノGPと同じだが、彼はそれよりもフラストレーションが溜まると話した。

「良いレースができた」連続トップ10入りの中上貴晶、母国GPに手応えアリ

MotoGP第15戦タイGPで、中上貴晶は10位でフィニッシュ。母国GPに向けて良いレースができたと話した。

“戦国時代”のタイトルは格別? マルケス「過去最高のシーズンになった」

マルク・マルケスはMotoGP第15戦タイGPで最高峰クラス6度目のタイトルを獲得。彼は開幕10連勝を成し遂げた2014年のタイトルよりも良い内容だと考えているようだ。

MotoGPタイ決勝:マルケス、クアルタラロ下し逆転優勝。文句ナシのタイトル獲得

MotoGP第15戦タイGPの決勝レースが行われ、マルク・マルケスが今季9勝目を上げて通算8度目のタイトルを獲得した。