F1
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
MotoGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
24 days
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
38 days
スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
4 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
27 days
スーパーフォーミュラ
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
12 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
2,696 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

先の見えないコロナ終息……「10レース開催できれば御の字」とドルナCEO

MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツCEOのカルメロ・エスペレータは、新型コロナウイルスのパンデミックが終息し、2020年シーズンに10レース以上開催することを望んでいる。

ロレンソ、テストライダーは“完璧な仕事”と語る。完全復帰の憶測は重ねて否定

2019年限りでMotoGPを引退したホルヘ・ロレンソ。彼は仮に現役復帰をする場合には、オファーの不足に困ることはないと考えているが、現役に完全復帰することは検討していないと重ねて語った。

「他メーカーに行くかと」ドヴィツィオーゾ、マルケスの契約延長は“予想外デス”

アンドレア・ドヴィツィオーゾはマルク・マルケスがホンダと4年間の契約延長に至ったことは予想していなかったと語り、他メーカーへ移籍すると考えていたと明かした。

MotoGPフランスGPの延期決定。シリーズの5月再開は危うし?

4月2日、MotoGPは5月15〜17日に開催が予定されていた第6戦フランスGPを延期すると発表した。そのためレースの再開は最短でも5月末のイタリアGPまで待つことになった。

F1王者アロンソ&MotoGPのマルケス兄弟、感染広がる母国スペインで寄付活動

フェルナンド・アロンソとマルク・マルケス、アレックス・マルケス兄弟はスペインで猛威を奮っている新型コロナウイルス対策の助けとして、医療機関に対し寄付を行なっている。

「彼は無罪になるべきだった」アプリリア、出場停止処分のイアンノーネをサポートへ

アプリリア・レーシングCEOのマッシモ・リボラは、ライダーのアンドレア・イアンノーネがドーピング違反により18ヵ月間の出場停止処分を受けたことについて“馬鹿げている”と憤りを見せた。

MotoGPはF1よりも新型コロナにうまく対処している? レプソル・ホンダ代表確信

レプソル・ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチは、MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツは”躊躇した”F1オーナーであるリバティ・メディアよりも新型コロナウイルスの感染拡大にうまく対応したと考えている。

イアンノーネ”ドーピング違反”で18ヵ月の出場停止処分。しかし故意の薬物摂取は否定

ドーピング違反の疑いで審議対象となっていたアプリリアのアンドレア・イアンノーネに、18ヵ月間の出場停止処分が下された。しかし、故意に禁止薬物を摂取したわけではないことが認定されている。

レース延期続きで財政に苦しむMotoGP各チーム。ドルナが支援へ乗り出す

MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツは新型コロナウイルスによる開催延期が続く状況の中、サテライトチームやMoto2、Moto3の各チームに対し財政支援を行なっていく計画を立てている。

5月中旬まで開幕延期のMotoGP、追加テストの実施で合意

MotoGPクラスの2020年シーズンは新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れているが、KTMによると各メーカーはシーズン再開前に追加のプレシーズンテストを行なうことで合意したという。

MotoGP初のバーチャルレースイベント、勝者は“ルーキー”アレックス・マルケス

新型コロナウイルスのパンデミックによりMotoGPの2020年シーズンは中断が続いているが、公式ゲームを使用したバーチャルレースが29日に実施された。優勝したのは今季デビューを果たすアレックス・マルケスだった。

ドゥカティ勢に加入のヨハン・ザルコ、シーズン中断も「自分には有利」?

今季からアビンティアに加入したヨハン・ザルコは、新型コロナウイルスの流行によってシーズン開始が遅れている状況が、自分にとっては良い影響もあると語った。

Wake, up スズキ! ──活動休止から奮闘の日々を描くノンフィクション新刊発売

スズキのMotoGP活動休止から復帰後初勝利までを追ったノンフィクション・ドキュメンタリー「再起せよ スズキMotoGPの一七五二日」が刊行された。長年MotoGPを取材してきた西村章氏が彼らの奮闘の日々を描き出した。

「エンジンに妙なことができるのは我々以外」ホンダ、ドゥカティの指摘に真っ向反論

レプソル・ホンダのチームマネージャーを務めるアルベルト・プーチは、MotoGPの開幕の遅れがホンダに恩恵をもたらすというライバルの主張に対し真っ向から反論した。

コロナ対策周知もMotoGPライダーの責任! マルケス兄弟、eスポイベントに気合十分

今季からMotoGPクラスへデビューするアレックス・マルケスは、新型コロナに対して自主隔離を行なうことはライダーの“責任”であり、MotoGPのバーチャルレースに参加することもそのためだと語った。

クアルタラロ、ロレンソと良い関係築く「彼のテスト機会を増やして欲しい」

ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロは、ヤマハテストライダーに就任したホルヘ・ロレンソと良い関係を築いており、テストの機会が増える事を望んでいると語った。

引退が続行か……ロッシの将来プラン、新型コロナの影響で“めちゃくちゃに”

バレンティーノ・ロッシは新型コロナウイルスによるMotoGPの中断によって、2020年シーズン以降の自身の将来を決める計画が台無しになったと語った。

空白期間の敵は“ぽっちゃり化”とモチベーション? ミラー、母国でトレーニング中

プラマックのジャック・ミラーはMotoGPのシーズンが中断されている間は、自身の体重管理が重要になると語った。

エスパルガロ兄、“無礼発言”のイアンノーネに歩み寄り。開発に必要な人材と語る

アプリリアのアレイシ・エスパルガロはチームメイトのアンドレア・イアンノーネの礼を欠いた発言に怒っていたが、後に彼と話し合い、和解したようだ。

MotoGPスペインGPの開催延期が決定。代替日程は未定。次戦は5月半ばのフランスGPに

5月1〜3日に予定されていたMotoGPスペインGPは、新型コロナウイルスの影響を受け、開催の延期が発表された。

ロッシ、MotoGPバーチャルレース参加中止。イベントは29日深夜に開催予定

3月29日に予定されているMotoGPのバーチャルレースイベントだが、ヤマハのバレンティーノ・ロッシが当初の予定と異なり、参加しないことが分かった。

「後半連戦ではメンタルがより重要に」ジョアン・ミル、待機中は自宅トレーニング

スズキのジョアン・ミルは、MotoGP2020年シーズンの変更後のスケジュールにおける後半の連戦ではフィジカル面よりもメンタル面が重要になるだろうと考えている。

MotoGP、開催延期期間のホモロゲルール明確化。コロナで中止の開幕戦から規制有効

新型コロナウイルスの影響により延期が続いているMotoGPだが、彼らはシーズン中断中のエンジンとエアロダイナミクスのホモロゲーションルールを明確化し、カタールGPの日付から開発規制のルールが有効だとされた。

ロレンソ、ワイルドカード参戦で“トップ5入り”は楽観的すぎと慎重姿勢

ヤマハのホルヘ・ロレンソはカタルニアGPにワイルドカード参戦するが、トップ5に入れると思うのは楽観的だと語り、目的はチームを支援することだとした。