フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
439 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

スーパーフォーミュラニュース&分析

グリッド
リスト

スーパーフォーミュラ運営するJRPが今後のレースフォーマットについて言及。再給油解禁は未定、FCYは“準備中”

2020年からレース距離が短縮され、決勝中の再給油が禁止されているスーパーフォーミュラ。ただ新型コロナウイルスのパンデミックが収束した後に再給油が復活するかどうかは未定のようで、運営側は現行フォーマットへの満足感も口にしている。

ブレーキ進化の歴史が物語る、”走る実験室”モータースポーツで培われるレース技術と量産技術の関係性

先端技術の「走る実験室」とも言われるモータースポーツ。だがブレーキ技術の進化史を振り返ってみれば、レース技術と量産技術は互いに切磋琢磨して進歩してきたことが分かる

ジュリアーノ・アレジ、苦悩の欧州時代乗り越え日本で手にした本当の喜び「もっと早くここに来るべきだった」

スーパーフォーミュラで初優勝を挙げたジュリアーノ・アレジは、これまではF1を目指すという思想にとらわれすぎていたとして、現在では「もっと早く日本に来るべきだった」と考えている。

平川亮、WECポルティマオ後にトヨタGR010を初ドライブ。スーパーフォーミュラSUGOは欠場へ

平川亮は、2021年WEC第2戦ポルティマオの後に行なわれるテストで、トヨタのハイパーカー『GR010』をドライブする機会を手にした。

『世界のレーシングカー博物館探訪記〜百聞は一見にしかず〜』:第1回 日本F1の聖地? ホンダ・コレクションホール

世界中に存在する、レーシングカーを扱った博物館……有名どころからマイナーどころまで、“趣味”が高じて世界150箇所以上のミュージアムを訪れてきたモータースポーツジャーナリストが、その魅力を紹介する連載企画第1回。

ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第2回:日本とヨーロッパの違い

2020年から日本のスーパーフォーミュラにThreeBond DragoCORSEから参戦しているタチアナ・カルデロンが綴るレース日記。第2回は、日本のとヨーロッパのシングルシーターを戦って肌で感じた、日欧の違いについて語ってくれた。

毎年のように悪天候に見舞われるスーパーフォーミュラのオートポリス戦……開催時期の変更を提案する声も

天候不良により途中終了に終わったスーパーフォーミュラ第3戦を受け、ドライバーからはオートポリスラウンドの開催時期を変更した方が良いのではという声があがっている。

英国人ジャーナリスト”ジェイミー”の日本レース探訪記「松下信治SF復帰という喜ばしいニュース」

日本を拠点に活動するmotorsport.comグローバル版のニュース・エディター、ジェイミーがお届けするコラム。今回は急転直下で今季のスーパーフォーミュラ参戦が決まった松下信治について綴った。

【トップインタビュー】現役ドライバーから運営に。立場が変わっても中嶋悟が忘れなかった“正直さ”

日本人F1ドライバーのパイオニアとして、5シーズンに渡って世界最高峰の舞台に身を置いた中嶋悟、その知られざるエピソードを聞くインタビューの第2回。

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(2)“松下騒動”を語る

2021年4月より、ホンダのモータースポーツ部長に就任した長井昌也にmotorsport.comがインタビュー。前半では今後のモータースポーツの在り方、後半ではメーカーとドライバーの関わり方を中心に語ってもらったが、第2回の今回はその後半部分をお届けする。

【インタビュー】ホンダ長井昌也モータースポーツ部長(1)「今は大きな転換期。新しいことを認めなくては」

2021年4月より、ホンダのモータースポーツ部長に就任した長井昌也にmotorsport.comがインタビュー。前半では今後のモータースポーツの在り方、後半ではメーカーとドライバーの関わり方を中心に語ってもらったが、第1回の今回はその前半部分をお届けする。

今や欠かせない? レーシングドライバー/ライダーが、自転車でトレーニングをする理由

新しい生活スタイルが求められるようになった現在において、多くの人が運動や通勤に自転車を採り入れている。この自転車は、レーシングドライバー/ライダーたちが、以前からトレーニングの一環として活用してきた。その理由に迫る。

【スーパーフォーミュラ】松下信治、波乱の船出も2戦目で3位表彰台。チーム力向上にも手応え

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスで表彰台を獲得した松下信治は、B-Max Racingがチーム力の水準を上げることができていると語った。

ジュリアーノ・アレジのスーパーフォーミュラ初優勝を可能にした5つの要因

代役出場でありながら、スーパーフォーミュラ参戦2戦目にして初優勝を遂げたジュリアーノ・アレジ。彼が荒天のオートポリスで勝利を掴んだ5つの要因について紹介する。

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、3連勝逃すもタイトルに向け確かな手応え「レースが続けば優勝争えた」

TEAM MUGENの野尻智紀は、天候不良によって途中終了となったスーパーフォーミュラ第3戦を振り返り、最後までレースができなかったことは残念ではあるものの、ポジティブな点の多かったレースだと総括した。

【スーパーフォーミュラ】大湯都史樹、最後尾スタートから望外の7位入賞「でも、今日の野尻さんは速すぎた」

TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹は、最後尾グリッドからスタートしたスーパーフォーミュラ第3戦を7位でフィニッシュ。しかし、野尻のペースが速すぎたため、レースが赤旗終了となったことについて安堵している。

スーパーフォーミュラ2戦目で優勝のジュリアーノ・アレジに、トムス舘信秀監督も「本当に楽しみ」とご満悦

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスではKuo VANTELIN TEAM TOM'Sのジュリアーノ・アレジが優勝したが、チーム監督の舘信秀は、アレジが2戦目で結果を残したことに驚きつつ、今後が楽しみになったと語った。

スーパーフォーミュラ第3戦:荒天のオートポリスは11周で成立。アレジがポール・トゥ・フィニッシュ

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスは悪天候のため、13周を終えた時点で終了成立となり、ジュリアーノ・アレジが2戦目にして優勝を飾った。

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス決勝速報:ジュリアーノ・アレジ初優勝! 赤旗でレース途中終了

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスの決勝レースが行なわれたが、レースは14周目で赤旗終了。Kuo VANTELIN TEAM TOM’Sのジュリアーノ・アレジのポールトゥウィンとなった。

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス:決勝日朝は濃霧に……フリー走行は天候不良でキャンセル

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスの決勝日は朝から濃霧に見舞われ、フリー走行2回目のセッションはキャンセルされた。

【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、タイミング悪く予選12番手「もう少しレベルアップしなきゃいけない」

ヘビーウエットのコンディションとなったスーパーフォーミュラの第3戦オートポリス戦の予選で、山本尚貴は12番手となった。山本は「もう少し普通に走りたかった」としながらも、自身がもっとレベルアップしなければいけないと語った。

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス|赤旗4回と荒れた雨の予選で、アレジが初のポールポジションを獲得

スーパーフォーミュラ第3戦の予選が雨のオートポリスで行なわれ、ジュリアーノ・アレジがスーパーフォーミュラ初のポールポジションを獲得した。

【スーパーフォーミュラ】大湯、好調過ぎたが故の予選クラッシュ……「ポールしか見えていなかった」

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス予選でクラッシュを喫した大湯都史樹は、ポールポジションを獲れる自信があったからこそ「ポールしか見えていなかった」と振り返った。

SF2戦目で初ポールのアレジ、強気のアタックが奏功「少しリスクを背負ってでも攻めようと思った」

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスでポールポジションを獲得したジュリアーノ・アレジは、雨脚強まるコンディションの中、リスク承知で攻めたことがこの結果に繋がったようだ。

【スーパーフォーミュラ】アレジが初のPP獲得! 第3戦オートポリス|予選タイム結果

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスの公式予選が行なわれ、ウエットコンディションで何度も赤旗中断となるセッションの中、Kuo VANTELIN TEAM TOM’Sのジュリアーノ・アレジが初のポールポジションを獲得した。

【スーパーフォーミュラ】第3戦オートポリス|フリー走行1回目タイム結果

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスのフリー走行1回目がウエットコンディションの下で行なわれ、TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹がトップタイムとなった。

牧野任祐、スーパーフォーミュラにも復帰が決定|SF第3戦オートポリスのエントリーリスト発表

オートポリスで開催されるスーパーフォーミュラ第3戦のエントリーリストが発表。牧野任祐が復帰を果たすことが決まった。またWEC開幕戦に参戦したドライバーらは、今回のレースも参戦できないことになった。

スーパーフォーミュラ第3戦オートポリス、タチアナ・カルデロンはじめ多くのレギュラー参戦組が欠場へ

5月初旬に行なわれたWEC開幕戦に出場したタチアナ・カルデロンは、スーパーフォーミュラ第3戦オートポリスを欠場することになる模様。同じくWECに参戦する小林可夢偉、中嶋一貴らも同様に欠場が濃厚だ。

ThreeBond DragoCORSE、タチアナ・カルデロンのレース日記|第1回:ハイレベルなスーパーフォーミュラで奮闘し自信取り戻す

2020年から日本のスーパーフォーミュラにThreeBond DragoCORSEから参戦しているタチアナ・カルデロンが綴るレース日記。第1回は、ヨーロッパのF2で悪夢を味わったカルデロンが、日本で自信を取り戻していくまでについて語ってくれた。

スーパーフォーミュラ鈴鹿|タチアナ・カルデロン、開幕戦の好調から一転最下位。直線の遅さに困惑

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿で予選・決勝共に最後尾に沈んだタチアナ・カルデロンは、突然調子を落としたことに困惑しているようだ。

山本尚貴、SF鈴鹿8位に「この位置を走り続けるのは恥ずかしすぎる」と吐露。改善に向け努力誓う

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿で、8位入賞となった2020年王者の山本尚貴。彼は開幕戦から苦戦が続き、このポジションに甘んじていることは“恥ずかしい”と考えており、まだ頑張りが必要だと語った。

ジュリアーノ・アレジ、スーパーフォーミュラ初戦で9位入賞「山本を抜きたかったけど、良い学習ができた」

スーパーフォーミュラでの初戦を迎えたジュリアーノ・アレジは、決勝レースで終始安定した走りを披露。山本尚貴とバトルをするなど見せ場も作り、9位入賞を果たした。

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿|野尻が2連勝達成。デビュー戦アレジ9位入賞……PP福住は無念リタイア

4月25日、鈴鹿サーキットで2021年のスーパーフォーミュラ第2戦が行なわれ、TEAM MUGENの野尻智紀が優勝。開幕戦富士から2連勝を果たした。一方でポールポジションスタートの福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)はタイヤトラブルによりリタイアとなった。

福住仁嶺、悲劇的なタイヤバーストでSF初優勝逃すもメンタルは崩れず「次のレースが楽しみ」

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿でトップ快走中にタイヤトラブルに見舞われた福住仁嶺は、まだ悔しさが残っているものの、今後に向けた手応えがあることから次のレースが楽しみだと語った。

国本雄資、130Rで大クラッシュ「右リヤタイヤがパンクした。怖かった」

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿の16周目に大クラッシュを喫したKCMGの国本雄資。彼はレース後インタビューに応じ、右リヤが突然パンクしたと当時の状況を語った。

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、開幕2連勝も次戦以降は「真っ新なところからスタートしたい」

野尻智紀は2021年のスーパーフォーミュラで開幕2連勝を飾ったが、第3戦以降は「真っ新なところからスタートしたい」と気を引き締めた。

【スーパーフォーミュラ】第2戦鈴鹿|フリー走行2回目タイム結果

2021年スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿のフリー走行2回目が行なわれ、 大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)がトップタイムをマークした。

Q2敗退の松下信治、フリー走行のトラブルが痛手に「もっと良い結果が得られたはず」

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿で今季初出場を果たし、予選12番手に終わった松下信治は、フリー走行で走行距離を稼げていたらもっと良い結果になったかもしれないと語った。

トヨタ勢最上位4番手の平川亮、決勝は「スタートが良ければ」勝機有り。好調ホンダ勢打倒狙う

carenex TEAM IMPULの平川亮はスーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿でトヨタ勢最上位の4番グリッドを獲得。予選Q3での走りは自信を与えてくれるものだったという。

ジュリアーノ・アレジ、SFデビュー戦でいきなりQ3進出「最後は少し攻め過ぎたけど悪くない結果」

スーパーフォーミュラのデビュー戦で予選8番手となったジュリアーノ・アレジは、目標としていたQ3進出を果たせたことに満足していると語った。

山本尚貴、予選10番手も実は“ポール獲得”のポテンシャルあった? トラフィック影響しQ2敗退

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿の予選で10番手となったTCS NAKAJIMA RACINGの山本尚貴。彼は予選Q2で敗退となったものの、ポールポジションを争えるポテンシャルがあると考えていたようだ。

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿予選|福住仁嶺、初優勝にGOサイン? キャリア初ポールポジション獲得!

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿の予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、福住仁嶺。キャリア初のポールポジションだ。

ついにスーパーフォーミュラ初PPを手にした福住仁嶺「今回は自信があって気楽な気持ちでいられた」

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿でキャリア初のポールポジションを獲得したDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺は、これまで以上に自信を持って気楽な気持ちで予選に臨むことができたと語った。

【スーパーフォーミュラ】第2戦鈴鹿|予選タイム結果

2021年スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿の公式予選が行なわれ、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポールポジションを獲得した。

ジュリアーノ・アレジ、SF&SFライツのダブルエントリーも大歓迎「走るのが大好きだから!」

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿で同カテゴリーへのデビューを果たすジュリアーノ・アレジは、スーパーフォーミュラ・ライツとダブルエントリーしていることに関して非常に前向きに捉えているようだ。

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿:フリー走行1回目は福住仁嶺がトップタイム。アレジは11番手

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿のフリー走行1回目が行なわれた。予選前の走行でトップタイムを記録したのは、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺だった。

スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿のエントリーリスト発表。ジュリアーノ・アレジがデビューへ

鈴鹿サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第2戦のエントリーリストが発表され、ジュリアーノ・アレジがスーパーフォーミュラデビューを果たすことが明らかとなった。

松下信治がスーパーフォーミュラのグリッドに戻ってくる! 第2戦鈴鹿からB-Maxより参戦

松下信治は、スーパーフォーミュラ第2戦鈴鹿から再びB-Max Racingのマシンのステアリングを握ることとなった。

スーパーフォーミュラ、今季岡山国際サーキットでの開催を断念。その理由は‏?

今シーズン岡山国際サーキットで開催が予定されていた第6戦を、ツインリンクもてぎでの開催に変更することを発表したスーパーフォーミュラ。その理由は?

スーパーフォーミュラ第6戦、開催地が岡山からもてぎに変更。開催日程も2週間後ろ倒しに

スーパーフォーミュラ第6戦の開催地が、当初の岡山国際サーキットからツインリンクもてぎに変更。これに伴い、開催日程も2週間後ろ倒しされ、10月16〜17日に開催されることになった。

坪井翔、SF開幕戦は痛恨のノーポイント「でも諦めない。鈴鹿から挽回を目指す」

P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔は、富士スピードウェイで行なわれたスーパーフォーミュラ開幕戦で、終盤にクラッシュ。ノーポイントで終えたが、「タイトル獲得に向け鈴鹿からの挽回を目指す」と語った。

福住仁嶺、SF開幕戦3位「予選は不甲斐なかったが、上位でしっかりゴールできたのは良かった」

DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺は、富士スピードウェイで行なわれたスーパーフォーミュラの開幕戦を3位でフィニッシュ。予選は不甲斐なかったとしながらも、決勝ではしっかり上位を獲得でき、よかったと語った。

スーパーフォーミュラ開幕戦富士:PPスタートの野尻智紀が完勝。初タイトルに向け好スタート

2021年スーパーフォーミュラ開幕戦の決勝レースが行なわれ、野尻智紀(TEAM MUGEN)がポールトゥウィン。念願のチャンピオン獲得に向け、素晴らしいスタートダッシュを切ることになった。

大湯都史樹、盤石野尻に一歩及ばず2位「マネジメントしているのにタイヤが厳しかった」

スーパーフォーミュラ開幕戦で2位となった大湯都史樹は、決勝ではレースペースの面で手応えを得られていなかったと語った。

野尻智紀、SF開幕戦富士を完勝「タイトルを争えると言えるだけの手応えを感じている」

TEAM MUGENの野尻智紀は、2021年のスーパーフォーミュラ開幕戦富士でポール・トゥ・ウイン。悲願のタイトルへ向け、絶好のスタートを切った。

山本尚貴、予選苦戦も決勝驚異の追い上げ「まだスッキリはしていないが、可能性は感じられた」

TCS NAKAJIMA RACINGの山本尚貴は、スーパーフォーミュラ開幕戦富士の予選では16番手と大苦戦したものの、決勝では6位にジャンプアップ。今後に向けた可能性を感じたと語った。

タチアナ・カルデロン、自己最高グリッドからスタートも入賞ならず「残念。でも昨年より進歩している」

スーパーフォーミュラ開幕戦富士で13位に終わったタチアナ・カルデロンは、入賞を逃したことは残念だとしながらも、週末を通して昨年からの進歩を感じられたことはポジティブだったと語った。

【スーパーフォーミュラ】野尻智紀がポールトゥウィン! 開幕戦富士|決勝順位速報

2021年スーパーフォーミュラ開幕戦富士の決勝レースが行なわれ、 野尻智紀(MUGEN)がポールトゥウィンを飾った。