フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
542 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

スーパーフォーミュラニュース&分析

グリッド
リスト

平川亮、タイトルに届かずも悔いはなし「持てる力は発揮した」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。わずかの差でチャンピオンに手が届かなかった平川亮だが、やれることはやったと語った。

数々のバトルに競り勝ち3度目の戴冠、山本尚貴「ちょっと長く感じた40周だった」

2020スーパーフォーミュラ第7戦で3度目のチャンピオン獲得を決めた山本尚貴は、フェアに戦ってくれた平川亮とニック・キャシディに感謝した。

SF第7戦富士|山本尚貴が2度目の国内“二冠王”に。平川亮との熾烈なバトルを制す

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦が富士スピードウェイで行なわれ、坪井翔が優勝した。最終戦までもつれたタイトル争いは山本尚貴が制し、2018年以来3度目となる年間王者となった。

松下信治、激動の2020年を3位表彰台で締めくくる「夢は“砕けた”が面白い1年だった」

スーパーフォーミュラ第7戦で3位表彰台を獲得した松下信治は、激動の1年となった2020年を“面白いシーズン”と表現した。

精神的にも落ち着いて戦えた……大湯都史樹、終盤2連続表彰台で最優秀ルーキーに

TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹は、スーパーフォーミュラ第7戦富士で2位表彰台を獲得。同時にルーキー・オブ・ザ・イヤーも獲得した。

スタートには自信を持っていたけど……今季最多勝の坪井「しんどいレースだった」

スーパーフォーミュラの最終戦で勝利を収めたJMS P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔は、レースをコントロールできたとしながらも、最後までしんどいレースだったと語った。

山本尚貴が自身3度目のチャンピオン! スーパーフォーミュラ第7戦富士|決勝順位速報

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦富士が行なわれ、坪井翔が優勝した。最終戦までもつれたタイトル争いは山本尚貴が制した。

王座争いは野尻&山本が一歩リードか? 最新の逆転タイトル決定条件

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。予選でポールポジションを獲得した野尻智紀は、逆転チャンピオンに近づいた。

超速PPの野尻智紀、タイトルへ貴重な3点獲得「自分の力をうまく出しきれそう」

スーパーフォーミュラの今季最終戦となる第7戦富士でポールポジションを獲得した野尻智紀は、チャンピオンの意味をいまいち理解できていないと語り、その分決勝でも普段と同じ戦いができるはずだと語った。

山本、最終決戦は予選3番手「チャンピオン獲りたいけど、前のふたりに勝ちたい」

タイトル獲得をかけてスーパーフォーミュラ最終戦”第7戦富士”に臨んでいる山本尚貴は、予選で3番手。決勝に向けてはもちろんタイトルを獲りたいとしながらも、それ以上に「野尻と坪井に勝ちたい」と語った。

坪井「まさか1分19秒台とは……この予選結果は驚き」野尻のレコードに迫る2番手

スーパーフォーミュラ第7戦富士の予選で2番手となった坪井翔は、ポールポジションの野尻智紀に迫るタイムを記録できたことは驚きの結果だと語った。

SF 第7戦 富士|逆転王座が見えてきた! 野尻智紀が今季2度目のポール獲得

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。公式予選は野尻智紀(TEAM MUGEN)がコースレコードを大幅に上回り、今季2度目のポールポジションを獲得した。

スーパーフォーミュラ第7戦富士|予選結果

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦富士の公式予選が行なわれ、野尻智紀がコースレコードを大幅更新する走りでポールポジションを獲得した。

TEAM MUGENワンツー発進に中野信治監督も笑顔「イメージしてきたことが形になった」

2020スーパーフォーミュラ第7戦。初日のフリー走行でトップ2を独占したTEAM MUGENの中野信治監督は、大きな手応えを感じたようだ。

初日3番手の平川亮、泰然自若の姿勢「悔いのないレースにしたい」|第7戦富士

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。フリー走行で3番手タイムを記録した平川亮は、まずまずの手応えを掴んでいた様子。翌日の予選と決勝については悔いのないように戦いたいと語った。

野尻智紀、フリー走行最速も改善の余地あり?「今日は長い夜になりそう」

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。フリー走行でトップタイムを記録したTEAM MUGENの野尻智紀だが、予選に向けてさらなる改善が必要だと語った。

SF第7戦富士|逆転王座を狙う野尻智紀がフリー走行で一番時計

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士。土曜日のフリー走行セッションは逆転王座を狙う野尻智紀(TEAM MUGEN)がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第7戦富士|フリー走行タイム結果

スーパーフォーミュラ第7戦富士のフリー走行が行なわれ、TEAM MUGENの野尻智紀がトップタイムを記録した。

SF第7戦富士|予選Q1のグループ分け発表。王座を争う山本はA組、平川はB組から出走

富士スピードウェイで行なわれるスーパーフォーミュラ第7戦の予選Q1グループ分けが発表された。同点で最終戦に臨む平川亮と山本尚貴はそれぞれ別の組から出走する。

SF 第7戦 富士|セッション終盤に雪!? 専有走行は笹原がトップ

2020スーパーフォーミュラ第7戦富士の専有走行は、笹原右京(TEAM MUGEN)がトップタイムをマークした。

スーパーフォーミュラ第7戦富士|専有走行タイム結果

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦富士の専有走行が行なわれ、TEAM MUGENの笹原右京がトップタイムを記録した。

牧野任祐の代役として、急きょSFデビューとなる大津弘樹「自分の力をひとつずつ出したい」

2020スーパーフォーミュラ最終戦富士。体調不良で欠場することが決まった牧野任祐の代役として参戦する大津弘樹が、急きょ決まったSFデビュー戦に向けて意気込みを語った。

山本尚貴、3度目の王座獲得に向け決意新たに「絶対にチャンピオンを獲ってゼッケン1を取り戻す」

2020スーパーフォーミュラ最終戦で自身3度目の王座を狙う山本尚貴は、今季チームとともに作り上げてきたものを全て出し尽くしたいと意気込みを見せた。

「結果のことを気にしてもしょうがない」平川亮、王座のことより週末の自身の走りに集中

2020スーパーフォーミュラ最終戦にチャンピオンをかけて臨む平川亮は、自分のベストを尽くすことを徹底したいと語り、記者会見では終始冷静な表情を見せた。

スーパーフォーミュラ、最終戦後の12月22日・23日に富士で合同・ルーキーテストを開催

毎年恒例となっているスーパーフォーミュラの合同・ルーキーテストは、今年は富士スピードウェイを舞台にして開催されることとなった。

フル参戦1年目の集大成見せられるか? カルデロン「最初の頃よりポジティブな要素が増えている」

今季スーパーフォーミュラに初挑戦しているタチアナ・カルデロン(ThreeBond DragoCORSE)は、最終戦の富士で今季の集大成となるレースをみせたいと意気込んでいる。

牧野任祐が体調不良でSF最終戦富士を欠場、代役は大津弘樹

TCS NAKAJIMA RACINGの牧野任祐が髄膜炎を発症し、スーパーフォーミュラ最終戦を欠場。大津弘樹が代役として同大会に出走することが明らかとなった。

フェネストラズ、今季4度目リタイアにイライラ募る「”また”元F1ドライバーだ……」

サッシャ・フェネストラズのスーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿は、2周目に接触しリタイア。これで今季4度目のリタイアとなったことにイライラを募らせている。

「勝利は手に入っていたのに……」ニック・キャシディ、SF第6戦のトラブル悔やむ

スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿でポールポジションからレースをリードしたものの、リタイアに終わったニック・キャシディだが、彼は胸が張り裂けるようだと語った。

山本尚貴と同点でSF最終戦王座争いへ……平川亮「何が起きても受け入れる」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿でランキング首位の座を取り戻した平川亮だが、最終戦では自分が出せる力を全て出すだけと語った。

悲願の初Vに泣き崩れた大湯「優勝して恩返しすることができて本当に良かった」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿。念願の初優勝を飾った大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)は、チームにようやく恩返しすることができたと涙ながらに語った。

SF第6戦鈴鹿決勝|波乱続きの鈴鹿戦、ルーキー大湯都史樹が初優勝挙げる

2020スーパーフォーミュラ第6戦JAF鈴鹿グランプリの決勝レースが行なわれ、TCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹が初優勝を果たした。

スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿|決勝タイム結果

スーパーフォーミュラ第6戦JAF鈴鹿GPの決勝レースが行なわれた。優勝はTCS NAKAJIMA RACINGの大湯都史樹だった。

笹原右京と松下信治がエンジン交換で10グリッド降格。第5戦でのクラッシュ影響

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿では、エンジン交換を行なった笹原右京(TEAM MUGEN)と松下信治(Buzz Racing with B-Max)に対し10グリッド降格のペナルティが科されることとなった。

レコード更新しPP獲得、キャシディ「自分のキャリアの中でベストラップを刻めた」

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿。予選でコースレコードを更新してポールポジションを獲得したニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が、予選アタックを振り返った。

SF 第6戦予選|ニック・キャシディ、王者の意地見せるレコード更新タイムでPP獲得

2020スーパーフォーミュラ第6戦鈴鹿の公式予選では、昨日と比べてタイムアタックのタイミングを変えてきたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が今季初ポールポジションを獲得した。

スーパーフォーミュラ第6戦JAF鈴鹿|予選タイム結果

スーパーフォーミュラ第6戦JAF鈴鹿の予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)だった。

昨年味わった悔しさを晴らす快進撃、山本尚貴「杉崎エンジニアがいなかったら勝てなかった」

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿。予選から決勝まで完璧に近いレース運びをみせた山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、この快進撃を可能にしたマシンを作り上げてくれたチームと杉崎エンジニアに感謝していた。

”4ワイド下”での事故でペナルティを受けた笹原「映像と実際の状況は違った」

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿で、レース終盤の多重クラッシュの責任を問われペナルティを受けた笹原右京は、中継映像で見えていたものと実際に起こっていたことは異なると主張した。

SF 第5戦鈴鹿 決勝|大荒れの展開にも動じず、山本尚貴が今季初勝利

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿の決勝レースは、セーフティカーが3度も出る大荒れの展開となったが、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポール・トゥ・ウィンで今季初勝利を飾った。

ハプニング続出だった第5戦鈴鹿、レース中のトラブル原因まとめ

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿の決勝中に起きたアクシデントやトラブルなどの原因をまとめた。

SF第5戦鈴鹿|レース後、笹原右京に対し40秒加算+ペナルティポイント3点が科される

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿決勝。決勝レース終盤のマルチクラッシュのきっかけとなったとして、笹原右京(TEAM MUGEN)に対し、レース結果に40秒加算とペナルティポイント3点が加算されることとなった。

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿|決勝レース結果

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿の決勝レースが行なわれた。優勝はDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの山本尚貴となった。

前戦のリベンジ、今季初PPの山本「野尻選手、福住選手に負けたくない気持ちで臨んだ」

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿で今季初のポールポジションを獲得した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、先週のスーパーGTから気持ちを切り替えて“挑戦者”という気持ちで臨んだという。

SF 第5戦鈴鹿|山本尚貴がコースレコードを1.4秒更新し今季初ポールポジションを獲得

2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿。午前中に行なわれた公式予選では山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がポールポジションを獲得した。

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿|予選タイム結果

スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿の予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの山本尚貴だった。

鈴鹿初走行のカルデロン「F1ドライバーたちが鈴鹿を絶賛する理由が分かった!」

F1日本GPも開催される鈴鹿サーキットを初めてスーパーフォーミュラで走ったタチアナ・カルデロン(ThreeBond DragoCORSE)が、その感想を語った。

SF王座獲得へ正念場、初日トップの平川「周りに連勝されるのだけ絶対に阻止しないといけない」

2020スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿。初日のフリー走行でトップタイムをマークした平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は、この鈴鹿ラウンドを2連勝で終えたいと語った。

SF 第5・6戦 鈴鹿 フリー走行|ランキング首位の平川亮がトップ。野尻、山本が続く

2020スーパーフォーミュラ第5戦、第6戦鈴鹿のフリー走行が行なわれ、ランキング首位の平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿|フリー走行タイム結果

スーパーフォーミュラ第5戦/第6戦鈴鹿のフリー走行が行なわれた。トップタイムをマークしたのはITOCHU ENEX TEAM IMPULの平川亮だった。

ダブルヘッダーの鈴鹿大会がスタート、専有走行は小林可夢偉がトップ

鈴鹿サーキットで行なわれている2020スーパーフォーミュラ第5・6戦。今週最初のセッションとなった専有走行では小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿|専有走行タイム結果

スーパーフォーミュラ第5戦/第6戦鈴鹿の金曜専有走行が行なわれた。トップタイムをマークしたのはcarrozzeria Team KCMGの小林可夢偉だった。

ホンダ、レーシングサンクスデー2020を“オンライン”で12月19〜20日に開催

ホンダは12月19日と20日にWebサイト上で「Honda Racing THANKS DAY 2020 “Online”」を開催すると発表した。

SF鈴鹿大会の開催概要発表、第6戦のみ最大200秒間OTSが使用可能に

今週末、鈴鹿サーキットで行なわれる2020スーパーフォーミュラ第6戦でオーバーテイクシステムが最大200秒間使用できることとなった。

安全対策のためスポーツランドSUGOがピットレーン拡張工事を開始

スーパーGTやスーパーフォーミュラの開催コースとして知られるスポーツランドSUGOが今月から安全対策の一環としてピットレーンの拡張工事を開始した。

松下信治、SF鈴鹿大会も引き続きBuzz Racing with B-Maxから参戦

松下信治は、鈴鹿サーキットで行なわれるスーパーフォーミュラ第5戦、第6戦にも、Buzz Racing Team with B-Maxからエントリーすることとなった。

夢の女性F1ドライバーを目指して! カルデロン「SFでのチャンスを最大限に活かしたい」

アルファロメオF1チームの開発ドライバーであり、スーパーフォーミュラにも参戦するタチアナ・カルデロンが、オンラインインタビューでその思いを語った。

ハプスブルク、来年は日本での活動も”真剣”に検討「チャンスがあったら喜んで!」

フェルディナンド・ハプスブルクは、DTMのGT3ベースのマシンに変更されたことを受けて、来年は日本でレースを行なう可能性を検討していると語った。

ピットミスがなければ18台抜き優勝もあり得た? 「勝利が見えていた」と平川亮

スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスを12位で終えた平川亮は、ピットストップ時のタイムロスがなければ、19番グリッドからの大逆転優勝もあり得たと考えている。

牧野任祐、SF初の表彰台も満足せず「展開次第では勝てるチャンスもあった」

2020スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス。参戦2年目で待望の初表彰台を獲得した牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)だが、勝てるチャンスもあったと満足した表情はみせなかった。