ダカールラリー2018スタート! 初日はトヨタが1-2。プジョーに試練

ダカールラリー2018が開幕。15日間の過酷な戦いの初日は、TOYOTA GAZOO Racingのナサール・アル-アティヤが首位となった。

 ダカールラリー2018が1月6日に開幕し、TOYOTA GAZOO Racingのナサール・アル-アティヤが首位。2番手にはチームメイトのベルンハルト・テン・ブリンクが続き、トヨタの1-2となっている。

 今年のダカールラリーはペルーの首都であるリマを1月6日に出発。ボリビアのウユニ塩湖を経由し、アルゼンチンのコルドバを目指す計15日間の過酷な戦いがスタートした。

 初日はリマを出発しピスコを目指すルート。リエゾン区間である舗装路242kmを走行した後、砂丘を31km走行しタイム計測を行われた。

 この区間を最速で駆け抜けたのがアル-アティヤで、21分51秒を記録。チームメイトのブリンクはアル-アティヤから25秒遅れの2番手につけた。

 地元ペルーのラリードライバー、ニコラス・フックスがボルグヴァルトBX7で3番手に食い込んでいる。

 オフロードトラックでのジャンプ世界記録を持つブライス・メンジーズ(ミニ)は、怪我で昨年の出場を断念しており、念願のダカール参戦。新設計の2輪駆動ジョンクーパーワークス・バギーでフックスから4秒遅れの4番手となっている。5番手には、ナニ・ローマ(ミニ)が続いた。昨年はトヨタから参戦していたローマだが、今年は4輪駆動のジョンクーパーワークス・ラリーを操っている。

 そのすぐ後ろにトヨタのジニール・デ・ヴィリエがつけ、ここまでがトップから1分差以内だ。

 トヨタ勢が好発進を見せる中、対照的だったのはプジョー勢。9度のWRC王者であるセバスチャン・ローブは、スタートしてわずか数キロでブレーキトラブルに見舞われ、6分ほどタイムをロスした。

 トラブルを抱えたローブを含め、プジョーはファクトリーの4台全てが初日のトップ10を逃すというまさかの結果に。昨年王者のステファン・ペテランセルはアル-アティヤに約2分差をつけられ11番手。シリル・デスプレとカルロス・サインツはそれぞれ15番手、16番手に沈んだ。

 二輪部門では、昨年王者のサム・サンダーランド(KTM)が33秒差で首位立った。クアッドバギー部門はイグナシオ・カサレ(ヤマハ)、トラック部門ではアレス・ロプライス(タトラ)が初日を終えてトップ。トラック部門に参戦している日野チームスガワラは、菅原照仁/高橋貢組が12番手(排気量10リットル未満クラス首位)、菅原義正/羽村勝美組も総合23番手/クラス2番手となっている。

Standings after Stage 1 (top 10):

Pos. Driver / Co-driver Car Time/Gap
1

 Nasser Al-Attiyah

 Matthieu Baumel

Toyota 21m51s
2

 Bernhard ten Brinke

 Michel Perin

Toyota +25s
3

 Nicolas Fuchs

 Fernando Mussano

Borgward +34s
4

 Bryce Menzies

 Peter Mortensen

Mini +38s
5

 Nani Roma

 Alex Haro

Mini +53s
6

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +54s
7

 Lucio Alvarez

 Robert Howie

Toyota +1m12s
8

 Mikko Hirvonen

 Andras Schulz

Mini +1m36s
9

 Jakub Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +1m45s
10

 Martin Prokop

 Jan Tomanek

Ford +2m4s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar
ドライバー Bernhard Ten Brinke , Nasser Al-Attiyah , Nicolas Fuchs
記事タイプ ステージレポート