【ダカール】プジョー新型3008DKRで1-3位独占の歴史的完勝

【プジョープレスルーム】プジョー、Dakar2017で2年連続総合優勝。プジョー3008DKR、歴史的1-2-3フィニッシュを達成

 3台の新型プジョー3008DKRは、パラグアイ、ボリビア、アルゼンチンの3カ国で開催された2017年ダカール・ラリーを、表彰台独占という素晴らしい結果で締めくくりました。この結果、プジョーがこのダカール・ラリーで収めた総合優勝は6回となりました。

 プジョー3008DKRは、最も過酷なクロスカントリーラリーへの初挑戦で見事な成功を収めました。この大会で圧倒的な1-2-3フィニッシュを果たしたことで、プジョーはその長い歴史に裏打ちされた実力をあらためて披露したと言えるでしょう。この勝利でステファン・ペテランセルは通算勝利数を13に伸ばしました(2輪で6勝、4輪で7勝)。コ・ドライバーのジャン・ポール・コトレはペテランセルと組んで7度目の優勝です。僅差でセバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ組が2位、シリル・デスプレ/デビッド・キャステラ組は4輪で初表彰台となる3位を獲得しました。

ブルーノ・ファマン(プジョー・スポール・ディレクター)
「3台がポディウムに上がったことは素晴らしい結果であり、プジョーと、プジョー・スポールのスタッフ全員が誇りに思っていい結果だと思います。メカニックやクルーだけでなく、ファクトリーのスタッフに至るまでチーム全員がいい働きをし、一丸となって取り組んだことで、それが素晴らしいリザルトにつながりました」

ステファン・ペテランセル(総合優勝)
「チームメイトの強豪3人だけでなく、他のチームのドライバーとも厳しい戦いになりましたが、最後までフェアな戦いでした。なかでも僅差だったセバスチャン(ローブ)との争いは、高い緊張感のなかで楽しくドライビングができたと思います。彼は非常に速く、また上位を争う経験が豊富なので、ひと筋縄ではいきませんでした。プジョーにとっては最高の結果ですし、このような素晴らしいマシンに恵まれて、本当にうれしく思います」

セバスチャン・ローブ(総合2位)
「チームにとっては、これ以上ないほどのリザルトです。我々もスタートからフィニッシュまでしっかり首位争いに加わることができました。序盤で小さなエンジントラブルに見舞われた後は、常に攻めの姿勢で取り組みました。終盤のパンクは残念でしたが、波乱の展開となったイベントを2位で終えることができ、いいイベントになったと思います」

シリル・デスプレ(総合3位)
「4輪で初めてダカールラリーの表彰台に上がることは、自分のキャリアの新しい幕開けのような感じです。完璧な走りをしてくれた素晴らしいマシンのおかげですね。さらに上を目指すためには、どんなタイプの道でも速くなれるよう努力を続けていかなくてはなりません。そのために、デビッド(キャステラ)と私は、どんな作業にも取り組むつもりです」

カルロス・サインツ(リタイア)
「プジョーの素晴らしい成果をうれしく思います。再び勝利を果たしたステファン(ペテランセル)とジャン・ポール(コトレ)のふたりにおめでとうと言いたいですね。私も序盤はいいペースで走っていましたが、格段の進化を見せたプジョー3008DKRのポテンシャルを活かし切ることができずにリタイアしてしまったことを、悔しく思います」

ステージ優勝:実施された10ステージのうち9ステージ
ローブ/エレナ組:2, 5, 8, 11, 12
ペテランセル/コトレ組:3, 7, 10
デスプレ/キャステラ組:4

プジョープレスルーム

【関連ニュース】

【ダカール】2位のローブ「ラリー中不運が続いたが良い経験になった」

【ダカール】ペテランセル「勝利の鍵はスピードではなく、経験だった」

【ダカール】ペテランセルがダカール13勝目。プジョーがトップ3独占

【ダカール】事故後のペテランセル、複雑なステージの危険性を警告

プジョー代表「私を感動させた者は、ローブではない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
記事タイプ 速報ニュース