【ダカール】2018年のダカールラリーは、ペルーから1月6日にスタート

2018年のダカールラリーは、ペルーからスタートしボリビアを経由してアルゼンチンでゴールを迎える予定であることが発表された。

 2018年のダカールラリーは、ペルーからスタートすることが発表された。ペルーは2013年のダカールラリーの出発地となったが、それ以来イベントに関わっていなかった。

 ペルー政府は2017年のダカールラリー終了直後から、ラリーのルートに復帰することを希望すると表明していた。

 2018年のルートは、ペルーの首都リマをスタート地点とし、アンデス山脈を通ってボリビアへ向かう。両国の国境にある有名な湖、チチカカ湖のそばを通ってボリビアの首都ラパスを経由し、アルゼンチンのコルドバでゴールとなる。

 ダカールラリーの主催者、エチエンヌ・ラビニュは「第40回大会となる2018年のラリーは来年1月に行われ、様々な風景の中を走る、独創性あふれたものになるだろう」と語った。

「太平洋のすぐそばからスタートし砂漠を通った後、ラリーの参加者は様々な特徴を持ったアンデスの山々に挑むことになる」

「ボリビアではチチカカ湖のそばを通り、ラパスで休憩をした後、アルティプラーノ(ボリビアの標高が高い平坦な高原地帯)を走ることになる」

「アルゼンチンでは、広大で変化に富んだ地形がラリーのフィールドになる。コルドバは、競技者にとって超えなければならない難所になるだろう」

 2018年のダカールラリーは14ステージから構成され、1月6日から20日にかけて開催される予定だ。

【関連ニュース】

【ダカール】ペテランセル「勝利の鍵はスピードではなく、経験だった」

【ダカール】ペテランセルがダカール13勝目。プジョーがトップ3独占

【ダカール】豊田章男トヨタ社長「もっといいクルマづくりを続ける」

【ダカール】2位のローブ「ラリー中不運が続いたが良い経験になった」

【WRC】トヨタ豊田社長、2戦目の勝利に「私の想像を超えていた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
記事タイプ 速報ニュース