【ダカール】5日目:ペテランセルが奪首。ローブが区間首位で急浮上

ダカールラリー5日目はプジョーのセバスチャン・ローブが最速。この日を終え、ステファン・ペテランセルが総合首位に立った。

 ダカールラリーの5日目は悪天候のために計測区間が半分に削減されたが、ステファン・ペテランセルとセバスチャン・ローブは、前日までトップだったシリル・デスプレを抜き1-2に浮上。デスプレも3番手をキープし、プジョーがトップ3を独占した。

 この日のステージは、ボリビアのトゥピツァからオルロまでの、447kmが設定されていた。しかし、オルロ周辺が悪天候に見舞われていたため、主催者はフィニッシュラインを中間地点に移動させることにした。

 4日目にエンジントラブルに見舞われ、トップから6分以上遅れてしまったセバスチャン・ローブ。しかしこの日は各ウェイポイントでリードを奪い、ステージトップタイムを記録。ペテランセルは序盤のウェイポイントでコースを誤ったが、その後は無難に走り切り、総合ではローブに1分半のリードをキープして1日を終えた。

 前日まで首位だったデスプレは、3番目のウェイポイントで10分以上を失い、この日のステージを4位で終えた。5位には2016年のWEC王者で、プジョーのマシンをプライベーターとして操るロマン・デュマが入っている。デュマは総合ではトップから2時間20分以上遅れた10番手につけている。

 トヨタ勢で唯一上位を争うナニ・ローマは、総合4番手に浮上。彼はトップから5分35秒遅れ、3番手のデスプレに41秒差まで接近してきている。

 X-Raid Miniのミッコ・ヒルボネンは、ナビゲーションにとって厳しいこの日のステージで30分以上をロスし、トップからの遅れが42分に広がり、ローマにも先行されることになってしまった。

 トヨタのジニール・デ・ヴィリエにもナビゲーショントラブルがあり、トップから1時間以上の遅れとなってしまった。

 なお、バイク部門ではKTMのサム・サンダーランドが、トラック部門ではジェラルド・デ・ルーイ(イベコ)が、それぞれ総合トップに立っている。

【関連ニュース】

ヒルボネン「結果のためにテクニカルなステージが必要」

4日目”転倒”のサインツSr.リタイア「背中に痛みがある」

ダカール4日目:ローブが後退。デスプレが総合トップに浮上

トヨタの”厄日”にデ・ヴィリエ「ダカールは残酷だ」

ダカール3日目:ペテランセルが首位。トヨタは試練の1日

Cars standings after Stage 5:

Pos.Driver/NavigatorCarTime/Gap
1

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot 14h02m58s
2

 Sebastien Loeb

 Daniel Elena

Peugeot +1m09s
3

 Cyril Despres

 David Castera

Peugeot +4m54s
4

 Nani Roma

 Alex Haro

Toyota +5m35s
5

 Mikko Hirvonen

 Michel Perin

Mini +42m21s
6

 Kuba Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +59m55s
7

 Orlando Terranova

 Andreas Schulz

Mini +1h04m49s
8

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +1h08m11s
9

 Boris Garafulic

 Filipe Palmeiro

Mini +1h57m40s
10

 Romain Dumas

 Alain Guehennec

Peugeot +2h22m17s

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar 2017
ドライバー Cyril Despres , Stéphane Peterhansel , セバスチャン ローブ
チーム Peugeot Sport
記事タイプ ステージレポート