ダカール10日目:ペテランセル、トヨタのアル-アティヤを逆転し2番手

プジョーのステファン・ペテランセルが第10ステージ優勝を飾り、チームメイトのカルロス・サインツに次ぐ2番手に浮上した。

 ダカールラリー2018の第10ステージが行われ、プジョーのステファン・ペテランセルがトップタイムをマークし、今回のラリーで自身3度目、プジョーとしては合計7度目のステージ優勝を飾った。

 ビバークが降雨の影響で閉鎖されたことで、前日の第9ステージがキャンセルとなり、アルゼンチンのサルタから競技が再開されることとなった今年のダカールラリー。この日のタイム計測区間は373kmで、ニュートラルゾーンによって計測区間がふたつに区切られている。

 総合3番手で走行を開始したペテランセルと、総合2番手のナサール・アル-アティヤ(トヨタ)は最初のウェイポイントまでを全くの同タイムで駆け抜けたものの、計測区間の前半部分からペテランセルが強さを発揮した。

 アル-アティヤを2分36秒リードしてニュートラルゾーンに到達したペテランセルは、この時点で総合首位に立つチームメイト、カルロス・サインツのリードを13分削り取った。

 一方のサインツには、総合タイムで大きく遅れているチームメイトのシリル・デスプレがサポートについた。

 計測区間の後半部分では、サインツとペテランセルがほぼ同ペースで走行。最終的にペテランセルがステージ優勝を飾り、総合順位でサインツから50分35秒遅れの2番手とした。

 ペテランセルと同様、力強いスタートを切ったアル-アティヤだったが、ペテランセルとは対照的にステージ後半で遅れを取った。最終的にステージ優勝から30分近く遅いタイムでのフィニッシュとなり、サインツと1時間12分46秒差の総合3番手に後退している。

 総合4番手、5番手にはトヨタ勢のベルンハルト・テン・ブリンク、ジニール・デ・ヴィリエが続く。デ・ヴィリエは、第10ステージ準優勝のタイムを残している。

 なおトラック部門はカマズのエドアルド・ニコラエフ/アイラ・マールデーエフ/ブラッドミア・ルイバコフ組、クアッドバギー部門はイグナシオ・カサレ(ヤマハ)が首位を堅持した。

 バイク部門は首位から6番手までが10分以内という接戦の中スタートを切ったが、上位陣が次々とナビゲーションに失敗し、大きくタイムロスをした。その中で、首位に立っていたエイドリアン・ヴァン・ベヴェレン(ヤマハ)と3番手スタートのマティアス・ウォークナー(KTM)だけが順調に走行できていた。

 しかし、ベヴェレンはフィニッシュまで3kmの時点でクラッシュ。彼は右鎖骨を骨折し、胸部と背中も負傷を負ったためリタイアとなった。その結果、ウォークナーが40分近いリードを持って首位に立っている。

Standings after Stage 10 (Car class, top 10):

Pos. Driver / Co-driver Car Time/Gap
1

 Carlos Sainz

 Lucas Cruz

Peugeot 32h10m53s
2

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot +50m35s
3

 Nasser Al-Attiyah

 Mathieu Baumel

Toyota +1h12m46s
4

 Bernhard ten Brinke

 Michel Perin

Toyota +1h22m15s
5

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +1h22m48s
6

 Jakub Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +2h29m11s
7

 Khalid Al Qassimi

 Xavier Panseri
Peugeot +2h51m46s
8

 Martin Prokop

 Jan Tomanek

Ford +4h18m21s
9

 Peter van Merksteijn

 Maciej Marton

Toyota +5h33m14s
10

Sebastian Halpern

Edu Pulenta

Toyota +7h40m39s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar
ドライバー Carlos Sainz , Giniel de Villiers , Nasser Al-Attiyah , Stéphane Peterhansel
チーム Peugeot Sport
記事タイプ ステージレポート