ダカール14日目:サインツ8年ぶりダカール制覇。トヨタ勢2-3位表彰台

ダカールラリー最終日が行われ、カルロス・サインツが2010年以来となるダカール2勝目を挙げた。トヨタ勢が総合で2-3位い入った。

 2018年のダカールラリー最終日、第14ステージが行われ、プジョーのカルロス・サインツが総合優勝を飾った。

 4台体制での参戦となった今年のプジョー。しかし、ステファン・ペテランセルやセバスチャン・ローブがトラブルに見舞われ後退していく中、サインツだけが終始安定した走りを見せ、2位に44分弱の差をつけてトップフィニッシュを果たした。

 286kmに設定された今年のダカールラリー最終ステージ。この日最も速かったのは、トヨタのジニール・デ・ヴィリエで、1時間26分29秒でステージ優勝を果たした。トヨタはこれで、4日連続のステージ優勝となった。

 サインツはデ・ヴィリエより3分19秒遅れてのフィニッシュであったが、それまで十分すぎるリードを築いており、2位に44分近い差をキープしての総合優勝となった。

 これでプジョーは、2016年から3年連続でのダカールラリー制覇となった。

 ステージ2位となったのは、プジョーのステファン・ペテランセル。第13ステージが始まる時点で2番手を走っていたペテランセルだったが、13ステージでのクラッシュにより大きく後退。最終日は2位だったものの、この遅れを取り戻すことができず、表彰台を逃す総合4位となった。

 トヨタのナサール・アル-アティヤが総合2位でフィニッシュ。最終ステージ優勝のデ・ヴィリエが3位表彰台を獲得している。

 クアッドバギー部門では、イグナシオ・カサレ(カサレ・レーシング/ヤマハ)が最終ステージを制覇。総合でも2位に1時間以上の差をつけ、ダカールラリー優勝を成し遂げた。トラック部門はカマズのエドアルド・ニコラエフ/アイラ・マールデーエフ/ブラッドミア・ルイバコフ組が2位に4時間近い差をつけて圧勝している。

 激戦だったバイク部門は、最終的にはマティアス・ウォークナー(KTM)が約17分の差をつけてトップでフィニッシュしている。

ダカールラリー2018最終リザルト(Car class, top 10)

Pos. Driver / Co-driver Car Time/Gap
1

 Carlos Sainz

 Lucas Cruz

Peugeot 49h16m18s
2

 Nasser Al-Attiyah

 Mathieu Baumel

Toyota +43m40s
3

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +1h16m41s
4

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot +1h25m29s
5

 Jakub Przygonski

 Tom Colsoul

Mini +2h45m24s
6

 Khalid Al Qassimi

 Xavier Panseri
Peugeot +4h20m58s
7

 Martin Prokop
 Jan Tomanek

Ford +7h20m49s
8

 Peter van Merksteijn

 Maciej Marton

Toyota +7h41m28s
9

 Sebastian Halpern

 Edu Pulenta

Toyota +9h08m10s
10

 Lucio Alvarez

 Robert Howie

Toyota +9h18m46s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar
ドライバー Carlos Sainz , Giniel de Villiers , Stéphane Peterhansel
チーム Peugeot Sport
記事タイプ ステージレポート