ダカール2日目:好調子のプジョーが1-2。トヨタのデ・ヴィリエは3番手

ダカールラリー2日目が開催され、プジョーのシリル・デスプレがトップタイムを記録した。

 1月7日、ダカールラリー2日目が開催され、プジョーのシリル・デスプレがトップタイムを記録。昨日から一転してプジョーが1-2を占める展開となった。

 この日のステージにおいてプジョーの中でトップタイムを記録したのはデスプレ。2番手につけたのは同僚のステファン・ペテランセル、TOYOTA GAZOO Racingのジニール・デ・ヴィリエを挟み、セバスチャン・ローブ(プジョー)は4番手となった。

 2日目はペルーの小さな町、ピスコ付近からスタートし主にオフロードとなる267kmを走行。ピスコ付近に戻ってくるループ状のルートだ。

 初日、プジョーのドライバーは誰ひとりとしてトップ10に入っていなかったが、2日目は全てのウェイポイントで上位に入っていた。

 カルロス・サインツのプジョー3008DKRマキシは、早い段階でラリーをリードしていたが、スローパンクチャーを喫したため、サインツは失速してしまった。

 一時的にサインツはトップ4に返り咲いたものの、再びパンクを喫した。最終的に彼はトップから13分遅れの6番手で一日を終えた。

 初日トップタイムを記録していたトヨタのナサール・アル-アティヤは、この日最初に走行を行ったが、ルートを見失い8番手。総合では5番手まで順位を落とした。なお、彼のコ・ドライバーであるマティアス・ブーメルは体調不良を訴えていた。

 ミニ勢は3台中2台のバギーがダメージを受け、ラリーから脱落した。

 そのうちの1台は初日を4番手で終えたルーキーのブライス・メンジーズ。彼は序盤でクラッシュしてリタイアした。彼のコ・ドライバーであるピーター・モーテンセンはその衝撃で足首を痛めた。さらにミニのボリス・ガラフリックは、バギーのヤズド・アル・ラジーと衝突したことで遅れをとることになった。結果、4駆のミニを駆るオーランド・テラノワが5番手で唯一トップ5入りした。元WRCドライバーのミッコ・ヒルボネンは7番手だった。

 なおクアッドバギー部門はイグナシオ・カサレ(カサーレ・レーシング/ヤマハ)、2輪部門はホアン・バレダ(モンスター・エナジー・ホンダチーム)、トラック部門はエドアルド・ニコラエフ/アイラ・マールデーエフ/ブラッドミア・ルイバコフ組(カマズ)がそれぞれトップタイムを記録している。

Standings after Stage 2 (Car class, top 10):

Pos. Driver / Co-driver Car Time/Gap
1

Cyril Despres

David Castera

Peugeot 3h21m18s
2

Stephane Peterhansel

Jean-Paul Cottret

Peugeot +27s
3

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +5m44s
4

Sebastien Loeb

Daniel Elena

Peugeot +6m9s
5

 Nasser Al-Attiyah

 Matthieu Baumel

Toyota +12m15s
6

Orlando Terranova

Bernardo Graue

Mini +12m50s
7

 Mikko Hirvonen

 Andreas Schulz

Mini +12m50s
8

Carlos Sainz

Lucas Cruz

Peugeot +13m12s
9

 Martin Prokop

 Jan Tomanek

Ford +14m32s
10

 Bernhard ten Brinke

 Michel Perin

Toyota +17m43s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar
ドライバー Cyril Despres , Stéphane Peterhansel , セバスチャン ローブ
チーム Peugeot Sport
記事タイプ ステージレポート