ダカール3日目:プジョーのリード続くも、トヨタのアル-アティヤが健闘

2018年ダカールラリー3日目が行われ、トヨタのナサール・アル-アティアがこの日のトップタイムを記録した。

 2018年ダカールラリー3日目が行われ、トヨタのナサール・アル-アティヤがこの日のトップタイムを記録した。

 ダカール3日目はピスコからサン・ファン・デ・マルコナまでの296kmを走行する行程だ。

 初日トップタイムを記録したアル-アティヤは、2日目に総合5番手まで順位を落としていた。しかし、3日目は全てのウェイポイントでトップタイムを記録し、プジョー勢を圧倒するパフォーマンスをみせた。

 アル-アティヤは現在総合トップに立つプジョーのステファン・ペテランセルとの差を約8分に縮め、総合3番手に浮上している。

 2番手はプジョーのシリル・デスプレ。2日目を終えた時点では総合トップに立っていたが、ペテランセルにその順位を譲る形となった。

 プジョーのセバスチャン・ローブは総合4番手、トヨタのジニール・デ・ヴィリエを挟み、6番手にカルロス・サインツが入っている。

 X-レイド・ミニは2日目でブライス・メンジーズとヤズド・アル・ラジーがクラッシュするという不運に見舞われていた。さらにこの日、ミッコ・ヒルボネンがトラブルで途中リタイアしたことで、X-レイド・ミニから参戦する全てのバギーが早くもダカール完走を達成することができなくなった。

 さらにステージ終盤間際で4駆動のミニを担当するナニ・ローマが横転。その横転によりローマはトップから26分の遅れをとり、現在彼は医療チームの診察にかかっている。

 ローマの同僚であるオーランド・テラノワはこの日を走り切り、現在総合8番手に位置している。

 なおクアッドバギー部門はイグナシオ・カサレ(カサーレ・レーシング/ヤマハ)、2輪部門はサム・サンダーランド(レッドブル・KTM・ファクトリーチーム)、トラック部門はエドアルド・ニコラエフ/アイラ・マールデーエフ/ブラッドミア・ルイバコフ組(カマズ)がそれぞれトップタイムを記録している。

ダカール3日目終了時(四輪自動車部門):

Pos. Driver / Co-driver Car Time/Gap
1

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot 6h34m58s
2

 Cyril Despres

 David Castera

Peugeot +3m11s
3

 Nasser Al-Attiyah

 Mathieu Baumel

Toyota +7m43s
4

 Sebastien Loeb

 Daniel Elena

Peugeot +10m11s
5

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +11m23s
6

 Carlos Sainz

 Lucas Cruz

Peugeot +14m47s
7

 Bernhard ten Brinke

 Michel Perin

Toyota +31m18s
8

 Orlando Terranova

 Bernardo Graue

Mini +35m19s
9

 Martin Prokop

 Jan Tomanek

Ford +38m56s
10

Nani Roma

Alex Haro

Mini +42m56s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar
ドライバー Carlos Sainz , Mikko Hirvonen , Nasser Al-Attiyah , Stéphane Peterhansel
チーム ガズー・レーシング
記事タイプ ステージレポート