ダカール4日目:プジョー勢リード拡大。トヨタのアル-アティヤ58分差

ダカールラリー2018の4日目が行われ、ステージ優勝を飾ったローブが総合2位に浮上。トヨタのアル-アティヤは大きく遅れをとった。

 ダカールラリー2018の4日目が行われ、プジョー勢がリードを拡大。この日のトップタイムを叩き出したセバスチャン・ローブが2位に浮上した。

 9度のWRC王者であるローブは、初日こそトラブルが発生し出遅れたものの、4番手につけて4日目を迎えた。これまでで最長である330kmの計測区間のほとんどをリードしたローブは、通算10度目のダカール・ステージ優勝を果たし、2番手となった。

 首位は2輪と4輪でダカールを計13度制しているステファン・ペテランセル。ローブに約7分差をつけている。3番手にはカルロス・サインツがつけ、プジョー勢がトップ3を独占した。

 しかし、プジョー勢が全員無傷だったわけではなく、2番手で4日目を迎えたシリル・デスプレが戦線を離脱する事態に陥った。クラッシュしたデスプレのマシンはサスペンションにダメージを負い、マシンを止めて救助を待たなければならなかったのだ。

 3日目にトップタイムを記録し、プジョー勢を追っていたトヨタのナサール・アル-アティヤにもトラブルが襲う。デスプレが救助を待つ数キロ先で、アル-アティヤもマシンを一時止めることに。タイヤを交換したアル-アティヤはすぐに走り出すことはできたもののペースは良くなく、ローブから54分遅れでステージを走りきった。

 結果としてアル-アティヤは総合4番手につけているものの、首位のペテランセルとは1時間近い差がついている。5番手はトヨタのベルンハルト・テン・ブリンクとなっている。

 なお、クアッドバギー部門はイグナシオ・カサレ(ヤマハ)、トラック部門はエドアルド・ニコラエフ/アイラ・マールデーエフ/ブラッドミア・ルイバコフ組(カマズ)が首位をキープしたが、初日からバイク部門の首位に立っていたサム・サンダーランド(KTM)は着地の際に背中の強い痛みを感じたことでリタイアとなっている。

 サンダーランドは痛みを感じてすぐに医療援助を要請。ペルーの首都リマにある病院に搬送されたが、脚にしびれを感じているという。

 これにより、バイク部門はヤマハのエイドリアン・ヴァン・ベヴェレンがトップに立った。

Standings after Stage 4 (Car class, top 10):

Pos. Driver / Co-driver Car Time/Gap
1

 Stephane Peterhansel

 Jean-Paul Cottret

Peugeot 10h36m07s
2

 Sebastien Loeb

 Daniel Elena

Peugeot +6m55s
3

 Carlos Sainz

 Lucas Cruz

Peugeot +13m6s
4

 Nasser Al-Attiyah

 Mathieu Baumel

Toyota +58m48s
5

 Bernhard ten Brinke

 Michel Perin

Toyota +1h10m24s
6

Eugenio Amos

Sebastien Delaunay

2WD +1h19m42s
7

Khalid Al Qassimi

Xavier Panseri
Peugeot +1h21m9s
8

 Giniel de Villiers

 Dirk von Zitzewitz

Toyota +1h21m47s
9

 Martin Prokop

 Jan Tomanek

Ford +1h22m44s
10

 Kuba Przygonski

Tom Colsoul

Mini +1h35m30s
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Dakar
イベント名 Dakar
ドライバー カルロス サインツ Jr. , Stéphane Peterhansel , セバスチャン ローブ
チーム Peugeot Sport
記事タイプ ステージレポート