ローマ、ダカール3日目に大クラッシュ。頭部と首を負傷し病院に搬送

X-レイド・ミニのドライバーであるナニ・ローマは、ダカール・ラリー3日目のクラッシュで頭部と首を負傷した。

ローマ、ダカール3日目に大クラッシュ。頭部と首を負傷し病院に搬送
#302 X-Raid Team Mini: Nani Roma, Alex Haro finishes the stage with damage
The crashed car of #302 X-Raid Team Mini: Nani Roma, Alex Haro
#302 X-Raid Team Mini: Nani Roma
#302 X-Raid Team Mini: Nani Roma, Alex Haro

 X-レイド・ミニのドライバーであるナニ・ローマは、ダカール・ラリー3日目に激しいクラッシュを起こし、頭部と首を負傷し病院に搬送された。

 2度のダカール勝者であるローマは、今年はX-レイド・ミニを駆って3度目の制覇を目指していた。しかし、3日目のステージが終了する約1km手前で激しく回転するクラッシュを喫してしまった。

 ローマはこの事故があったにもかかわらず、マシンをゴール地点まで走らせることに成功。このステージを制したナサール・アル-アティアから26分遅れでフィニッシュした。

 しかし、コ・ドライバーであるアレックス・ハロは無傷だったものの、ローマはこの事故で頭部と首に外傷を負っており、医療チームのサポートを受けた。彼はさらなる治療と検査のため、ヘリコプターで近隣の空港に向かい、そこからペルーの首都リマにある”クリニカ・アングロ・アメリカ”病院に搬送された。

 昨年はトヨタの一員としてダカール・ラリーを戦ったローマだが、今年はX-レイド・ミニに復帰。ラリーをリードするステファン・ペテランセル(プジョー)から43分遅れの10位につけている。しかしローマは、タイム計測ゾーンの終了地点からビバークまでの一般道区間を完走できなかったため、4日目に走行を再開することができない。

 
シェア
コメント
ダカール3日目:プジョーのリード続くも、トヨタのアル-アティヤが健闘

前の記事

ダカール3日目:プジョーのリード続くも、トヨタのアル-アティヤが健闘

次の記事

ダカール4日目:プジョー勢リード拡大。トヨタのアル-アティヤ58分差

ダカール4日目:プジョー勢リード拡大。トヨタのアル-アティヤ58分差
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Dakar
イベント Dakar
サブイベント Stage 3: Pisco - San Juan de Marcona
ドライバー Alex Haro , Nani Roma
チーム X-Raid Team
執筆者 Sergio Lillo