ダカール2019初日:トヨタのアルアティヤ、前年王者サインツに2分差のトップ

シェア
コメント
ダカール2019初日:トヨタのアルアティヤ、前年王者サインツに2分差のトップ
執筆:
2019/01/08 5:14

ダカールラリー2019のオープニングステージが行われ、トヨタのナセール・アルアティヤがトップに立った。

 ダカールラリー2019のオープニングステージが1月7日(月)に行われ、トヨタのナセール・アルアティヤが2番手以下に2分近い差をつけてトップに立った。

 今回のダカールラリーはペルー1カ国のみで開催され、全行程の70%を砂丘が覆う構成となっている。初日は首都リマを出発。長いリエゾン(ロードセクション)を経てピスコ近郊の砂丘で84kmのステージが行われた。

 アルアティヤは2018年のダカールラリー勝者であるカルロス・サインツ(X-raid mini)に次ぎ2番目の出走となったが、ふたつのウェイポイントをどちらもトップで通過。この日2番手タイムを残したサインツのマシンに追いつくほどの速さを見せた。

 1時間1分41秒でステージを駆け抜けたアルアティアは、サインツに1分59秒の差をつけてトップに。3番手には、X-raid miniの4輪駆動車を走らせたヤコブ・プリツィゴンスキーが、2輪駆動のバギーを走らせたサインツの1秒差につけている。

 アルアティヤのチームメイトであるジニエル・ド・ヴィリエール、ベルンハルト・テン・ブリンケはそれぞれ6番手と8番手。トヨタ・ハイラックスを走らせ、4番手となったプライベーターのウラジミール・ヴァシリーエフには及ばなかった。

 サインツと同様、撤退したプジョーのワークスチームからX-raidに移籍したステファン・ペテランセルとシリル・デプレはそれぞれ2分57秒差の7番手、4分25秒差の10番手と出遅れている。

 プライベーターのPHスポーツから参戦し、旧型のプジョー3008DKRを走らせているセバスチャン・ローブはアルアティヤに6分以上の差をつけられ、トップ10に食い込めていない。

ダカールラリー2019初日結果 (トップ10)

Pos. Crew Car Time/Gap
1 Nasser Al-Attiyah
Mathieu Baumel
Toyota 1h1m41s
2 Carlos Sainz
Lucas Cruz
Mini Buggy 1m59s
3 Jakub Przygonski
Tom Colsoul
Mini 4x4 2m00s
4 Vladimir Vasilyev
Konstantin Zhiltsov
Toyota 2m18s
5 Yazeed Al-Rajhi
Timo Gottschalk
Mini 4x4 2m28s
6 Giniel de Villiers
Dirk von Zitzewitz
Toyota 2m40s
7 Stephane Peterhansel
David Castera
Mini Buggy 2m57s
8 Bernhard ten Brinke
Xavier Panseri
Toyota 3m19s
9 Harry Hunt
Wouter Rosegaar
Peugeot 3m25s
10 Cyril Despres
Jean-Paul Cottret
Mini Buggy 4m25s
次の記事
ダカールラリー2019がいよいよ開幕。トヨタ、チャンスを掴み初勝利なるか

前の記事

ダカールラリー2019がいよいよ開幕。トヨタ、チャンスを掴み初勝利なるか

次の記事

ダカールラリー2日目はローブがステージ優勝。トヨタ勢が総合ワンツー

ダカールラリー2日目はローブがステージ優勝。トヨタ勢が総合ワンツー
Load comments

この記事について

シリーズ Dakar
イベント ダカールラリー
ドライバー Carlos Sainz , Jakub Przygonski , Nasser Al-Attiyah
チーム ガズー・レーシング
執筆者 Valentin Khorounzhiy